増やす
居住地と同一県内の旅行が最大50%オフ、土産物店などで使える2000円分クーポンも

“自治体独自のGo To トラベル”続々! 県民割など全国の地元旅行キャンペーンまとめ

2021年9月末で緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、経済活動の再開が本格化しています。「旅行」もそのひとつ。国による全国一律の「Go To トラベル」事業は2020年12月から停止した状態が続いていますが(国は再開の準備を進めていますが、2021年10月22日時点で詳細未定)、ひと足先にスタート・再開しているのが、道府県が独自で実施している観光キャンペーンです。

これらの自治体独自のキャンペーンは、新型コロナウイルスの感染が落ち着いている道府県が、旅行需要を回復させる目的で実施するもの。「Go To トラベル」と基本的な内容は同じですが、大きな違いは基本的に「各道府県の住民が同一県内(府内、道内)」を旅行するときに割引が適用されるという点です。割引額や適用条件など、細かい点は各都道府県で異なります。そこで、割引内容や注意点、2021年10月22日時点で実施・予定されているキャンペーンについて、道府県ごとに編集部でまとめました。いずれの自治体も予算額に達した場合は予定前でも終了となるので、早めにチェックしておくとよいでしょう。
(利用・予約に際しては必ず公式サイトで最新情報の確認をお願いいたします)

【1】多くの自治体では1人1泊あたり宿泊代金の50%オフ(最大5,000円)+クーポン最大2,000円分

各道府県が独自に実施している観光キャンペーンでは、すべてではありませんが、多くの自治体が財源として活用しているのが国が用意した「地域観光事業支援」。この支援策は、新型コロナウイルスの感染状況が「ステージII」以下の都道府県が「Go To トラベル」再開までの代替措置として実施できる観光需要喚起キャンペーンです。国の予算で以下の支援を行います。

・1人1泊あたり宿泊代金の50%、最大5,000円を補助(割引)
・地域の土産物店や飲食店で使用可能なクーポン券を1人1泊最大2,000円補助

多くの道府県では上記の支援額をベースに割引(補助)をしていますが、なかには独自の予算で上乗せしている自治体もあります。また、宿泊だけではなく、日帰り旅行も割引の対象にしていたり、宿泊数の上限を定めていたりする自治体もあるので、利用前に確認しておきましょう。

【2】現状は居住している道府県内の旅行が対象。身分証明書で住所の確認も

前述のとおり「県民割」は本人に加え、同行者もその都道府県に在住していることが利用の必須条件。そのため、チェックイン時または旅行会社で予約の際に、運転免許証やマイナンバーカードなど、居住地が確認できる身分証明書の提示が求められます。ただ、各自治体は今後、感染状況が落ち着いている地域から順次、隣接する都道府県にも利用を広げていく予定。実際、島根県と鳥取県は合同で「WeLove山陰キャンペーン」を実施しており、両県民はどちらの県でも宿泊の割引が受けられます。

【3】予約は宿泊施設やオンライン予約サイト、旅行代理店で受付

予約方法は自治体によって異なりますが、多いのは以下のパターン。
・宿泊施設や旅行代理店の窓口:予約時にキャンペーン利用の旨を告げ、代金支払い時に割引を受ける
・オンライン予約サイト(じゃらん、楽天トラベルなど):サイト上で割引クーポンを入手したうえで対象プランを予約
このほか、コンビニで宿泊クーポンを購入したり、独自のアプリに割引分がキャッシュバックされたり、といった方法を採用している自治体もあります。いずれの場合も、該当の都道府県のすべての宿泊施設・旅行代理店の利用が割引の対象ではなく、事業に参加している宿泊施設・代理店のみなので注意しましょう。

【4】市町村のキャンペーンと併用OKなケースが多い

基本的に、市町村が実施しているほかのキャンペーンとの併用はOKの自治体が多いようです(一部例外あり)。たとえば、宮崎県民が宮崎市内を旅行する場合、宮崎県実施の「ジモ・ミヤ・タビ キャンペーン」と、宮崎市による「宮崎市に泊まってお得 泊得キャンペーン」を併用できるため、自己負担なしでの旅行も可能です。

【5】ワクチン接種を参加の条件にしたり、割引額を上乗せしたりするケースも

感染対策と合わせた形でキャンペーンを実施している自治体もあります。茨城県は、新型コロナウイルスのワクチン接種(あるいは、PCR検査の陰性証明)をキャンペーン参加の条件としているほか、群馬県では、ワクチン接種の旅行者の補助率をアップ。「同居者との旅行・ひとり旅」(北海道)、「6人以下での旅行」(静岡県)などの条件を設けている自治体もあります。なお、旅行に際しては「新しい旅のエチケット」を守るのは共通したルール。マスクの着用や手洗い・消毒はもちろん、黙食をすること、大声で会話をしないことなどが求められています。

【6】全国各地の「県民割」最新状況まとめ

それでは、2021年10月22日時点で、実施・予定されている各道府県のキャンペーンについて見ていきましょう。

【北海道】

〈北海道〉どうみん割「新しい旅のスタイル」

宿泊料金が1人1泊あたり「3,000円〜3,999円」の場合は1,500円オフ。段階的に割引額が増えていき「20,000円以上」で最大となる10,000円オフになります。北海道は面積が広いため、道内を6つ(札幌市・道央1・道央2・道南・道北・道東)の圏域に区分けし、圏域内を個人または同居者と旅行した場合のみが、対象となっています。

道内の各自治体では、旭川市民限定の「あさっぴー割(1人1泊6,000円以上の宿泊が最大5,000円引き/〜2022年2月28日)や、北海道民限定の「ふらの割(宿泊が最大4割引+クーポン1,000円分付与/〜2020年11月30日」などは割引率が高いうえ、「どうみん割」との併用も可能なので要チェックです。

◆公式ホームページhttps://douminwari.jp

【東北地方】

〈青森県〉青森県おでかけキャンペーン

利用条件ではありませんが、感染拡大防止策として「普段一緒にいる人と少人数」での利用が呼びかけられています。県内6つのエリア泊まってスタンプを集める「スタンプラリー」も同時開催されており、2つのエリア、3つのエリアに宿泊すると県産品ギフトセットが毎月抽選で当たります。

◆公式ホームページhttps://aomori-trip.jp

〈岩手県〉いわて旅応援プロジェクト

県内宿泊に加え、日帰り旅行も対象。旅行代金が1人1泊(日帰り旅行は1名)あたり「4,001円〜5,999円」だと2,000円補助されます。段階的に割引額が増えていき「10,000円以上」で5,000円の補助を受けられます。1人1泊あたり2,000円分プレゼントされるクーポンは発行日から10日間利用可能です。盛岡市が実施する「盛岡の宿応援割(1人1泊3,000円以上で3,000円引き/2022年2月28日まで)や、花巻市による「花巻市温泉宿泊施設等利用促進事業(最大50%オフ/11月30日まで)など、岩手県内の市町村キャンペーンとの併用も可能です。

◆公式ホームページhttps://www.iwate-tabipro.jp

〈宮城県〉みやぎ宿泊割キャンペーン

宿泊割引は、宿泊代金が10,000円以上の場合は5,000円オフ、10,000円未満の場合50%オフとなります(1,000円未満切り捨て)。宮城県のキャンペーンでは、市町村のキャンペーンとの併用はできません。

◆公式ホームページhttps://miyagi-syukuhakuwari.com/second

〈秋田県〉あきた県民割キャンペーン

県内宿泊に加え、日帰り旅行も対象。旅行代金が1人1泊(日帰り旅行は1名)あたり「2,000円〜2,999円」だと1,000円オフになります。段階的に割引額が増えていき「10,000円以上」で5,000円オフとなります。利用期間は2021年12月31日までですが、10月31日までに予約することが条件となっています。

◆公式ホームページhttps://aki-wari.com

〈山形県〉県民泊まってお出かけキャンペーン

県内の宿泊施設を利用するか、旅行代理店が販売している県内日帰り旅行商品を購入すると、1,000円ごとに500円の割引が適用されます(宿泊は4,000円以上の利用が条件/割引上限は5,000円)。感染拡大防止策として「ひとり」もしくは「普段一緒にいる人」との利用が呼びかけられています。

◆公式ホームページhttps://yamagata-harutabi.com

〈福島県〉県民割プラス

宿泊料金が最大50%オフとなり、1人1泊あたり「5,000円〜7,699円」だと2,500円オフに。段階的に割引額が増えていき「20,000円以上」で10,000円オフになります。割引上限を5,000円とする県が多い中、福島県は10,000円としており、高級宿に泊まりたい方にもおすすめです。

◆公式ホームページhttps://fukushima-pr.staynavi.direct/campaign/prefecture/fukushima/kenmin

【関東地方】

〈茨城県〉いば旅 あんしん割

「いば旅 あんしん割」の最大の特徴は、キャンペーン適用の条件を新型コロナウイルスのワクチン接種2回完了、もしくはPCR検査・抗原定量検査の陰性証明を取得している県民に限定している点です。ワクチン接種者は最大50%オフ、PCR検査受診者は旅行代金によっては全額割引となります(10,000円の宿泊代金で10,000円オフ)。PCR検査・抗原定量検査は、旅行日当日からさかのぼって7日以内の判定結果が有効となります(11/20宿泊の場合、11/14以降に判定された陰性結果通知書のコピーが必要)。なお、市販の抗原検査などでよくある「抗原定性検査」や「抗体検査」は対象外なので注意しましょう。ワクチン接種(2回接種済み)の場合は宿泊時に、接種記録書や接種証明書などのコピーが必要となります。

◆公式ホームページhttps://www.knt-kt.co.jp/ec/2021/ibatabi/general.html

〈栃木県〉県民 一家族一旅行第2弾>

栃木県実施の「県民 一家族一旅行」では、1人1泊5,000円以上10,000円未満の宿泊旅行では3,000円オフ、10,000円以上で5,000円オフになります。クーポン2,000円分も配布されます。ただし、旅行会社やオンライン予約サイトを通じて予約した旅行のみ有効で、宿泊施設に直接予約した場合は対象外になる点は注意しましょう。日帰り旅行は5,000円以上のツアーで1,000円オフとなり、クーポン1,000円分がもらえます。

◆公式ホームページhttps://www.onetravel-tochigi.jp

〈群馬県〉愛郷ぐんまプロジェクト 第3弾 宿泊キャンペーン

群馬県が実施する「愛郷ぐんまプロジェクト 第3弾 宿泊キャンペーン」は、ワクチン接種者・PCR検査陰性者とそれ以外の方で、割引額が異なります。ワクチン2回接種者および、PCR検査陰性者は1人1泊6,600円以上の宿泊で5,000円オフになるのに対し、未接種や未受診の方は3,000円オフ。ただ、ワクチンを接種できない11歳以下の子どもについては、同行の同居家族全員がワクチン2回接種者および、PCR検査陰性であれば5,000円オフが適用されます。

◆公式ホームページhttps://gunma-dc.net/featurecat/aikyougunma/

〈埼玉県〉とくとく埼玉!観光応援キャンペーン事業

埼玉県は「とくとく埼玉!観光応援キャンペーン事業」を2021年11月から再開します。埼玉県民の方が11月1日以降、県内の対象宿泊施設に宿泊した際に、ひとりあたり3,000円分の観光クーポンが配布されます。クーポンの使用期間は2021年11月7日から2022年1月31日までで、対象の飲食店や土産物店などで利用できます。

◆公式ホームページhttps://premium-gift.jp/tokutoku_saitama

〈神奈川県〉かながわ県民割

神奈川県の黒岩知事は2021年10月20日の動画メッセージで、県民限定で県内旅行の割引を行う「かながわ県民割」の参加事業者の募集を開始すると説明、再開に向けて準備を進めると伝えました。

【甲信越地方】

〈新潟県〉使っ得! にいがた県民割キャンペーン

5,000円以上の県内宿泊・日帰り旅行が対象で、50%オフ(割引上限額は5,000円)となります。また、県内の飲食店や土産物店などで使える「新潟県使っ得!地域クーポン」を1人1泊(日帰り旅行は1回)につき2,000円分をプレゼント。クーポンは旅行開始日から10日間利用できます。

◆公式ホームページhttps://tukatoku-niigata.com

〈長野県〉 県民支えあい 信州割SPECIAL 宿泊割・日帰り割

県内の宿泊旅行および日帰り旅行について最大50%オフ(割引上限額は5,000円)となります。加えて、県内の飲食店や土産物店などで使える「信州割SPECIALクーポン券を1人1泊(日帰り旅行は1人)につき2,000円分もらえます。以前は「同居の家族」「1室2名以下」などの条件がありましたが、10月8日に撤廃。長野県在住の方なら、誰でも利用できるようになりました。

◆公式ホームページhttps://tabi-susume.com/sws/

〈山梨県〉やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り

「やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り」では、十分な感染対策を採っていると県が認証した宿泊施設のみを対象としています。山梨県民がこれらの宿泊施設を利用すると最大5,000円オフとなり、宿泊代金が1人1泊5,000円以上の場合に限って「地域限定クーポン券」も1人1泊2,000円分もらえます。

◆公式ホームページ https://yamanashi-syukuhakuwari.com

【東海地方】

〈静岡県〉バイ・シズオカ〜今こそ!しずおか!!元気旅!!!〜

6名以下の県内の宿泊・日帰り旅行が対象で、宿泊施設は「ふじのくに安全・安心認証」を受けている施設が対象。割引券をコンビニで発券して対象のホテル・宿で精算時に割引を受けるか、または旅行会社・オンライン予約サイトにて割引価格で購入する方法があります。最大50%オフになるうえ、県内の観光施設や土産物店で使える「地域クーポン」が1,000円分もしくは2,000円分(宿泊代金で異なる)がもらえます。

また、土石流被害による復興を応援するため、熱海市内に宿泊する場合「熱海応援クーポン」として1人1泊4,000円〜10,000円未満は「プラス1,000円分」、1人1泊10,000円以上の場合は「プラス2,000円分」が上乗せされます。たとえば1人1泊10,000円の熱海市内の宿泊施設を利用する場合、支払額5,000円で合計4,000円分のクーポンがもらえるため、実質負担が1,000円となり、かなり割安に旅行を楽しめます。

◆公式ホームページhttp://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-220/campaign2020/byshizuoka2021-2.html

〈愛知県〉あいち旅eマネーキャンペーン

愛知県民による1人1泊4,001円以上の宿泊をともなう県内旅行が対象。還元額や還元割合は他県と変わりありませんが、愛知県のキャンペーンの特徴は、支払い時の割引ではなく独自のポイント還元が貯まり、それを電子マネー等に交換する、という点です。キャンペーンサイトで旅行情報を入力して予約確認書を添付するとQRコードが付与されるので、宿泊施設や土産物店などではそれを提示。旅行後5日前後で届くポイント交換URLにアクセスすると、貯まったポイントをAmazonギフト券やPayPayボーナスなど8種類の電子マネーからひとつ選んで交換できます。なお、スマートフォンを持っていない場合には、旅行代理店窓口でキャンペーンカードを受け取る必要があります(要手数料)。

◆公式ホームページhttps://aichi-travel.jp

〈三重県〉みえ旅トラベルクーポン 第2弾

1人1泊5,000円以上の宿泊旅行・日帰りが対象。宿泊旅行に限っては、平日限定(日曜日〜木曜日宿泊)で10,000円以上の宿泊で割引額が1,000円上乗せされ、6,000円になります。なお、多くの県のように利用期限が2021年12月末ではなく、11月末と短くなっている点は注意が必要です。

◆公式ホームページ https://www.kankomie.or.jp/report/detail_651.html

〈岐阜県〉旅して応援!“ほっと一息、ぎふの旅”県民割引キャンペーン

宿泊旅行・日帰りが対象で、1人あたり旅行代金の50%(1人1泊当たり5,000円上限)の割引を受けられます。クーポンは、4,001円以上の支払いをしたときに2,000円分もらえますが電子クーポンで、「ぎふ旅コイン」アプリのダウンロードが必要。なお、宿泊の割引きは多くの県のように2021年12月末までではなく、11月末と短くなっている点は注意が必要です。

◆公式ホームページhttps://www.kankou-gifu.jp/article/hottohitoiki/top/

【北陸地方】

〈富山県〉地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン

同居の家族または4名以下のグループによる、県内の宿泊・日帰り旅行が対象。県内の旅行会社またはコンビニで、1枚2,000円分の「プレミアム宿泊券」を半額の1枚1,000円で購入できます。プレミアム宿泊券は、県内旅行会社または宿泊施設での支払いに、1人1泊最大5枚まで利用可。なお、感染症対策に関して県の基準をクリアした「とやま安心の宿」施設への宿泊に限っては1泊最大10枚まで利用できます。公式サイト(電話も可)では県内各地のツアーを半額で販売しています。

◆公式ホームページ https://toyama-kanko.jp

〈石川県〉県民向け県内旅行応援事業 県民割第3弾

県内宿泊・日帰り旅行が対象。旅行代金が最大50%オフ(割引き上限は10,000円)になるうえ、利用額に応じて1,000円または2,000円分の、土産物店などで使える「石川県観光クーポン」がもらえます。県民割第2弾は新型コロナ感染拡大を受けて終了してしましたが、第3弾として10月8日から再開。新たに1人1泊あたり20,000円以上で10,000円引きの割引が追加され、高額な旅行でも使いやすくなりました。

◆公式ホームページhttps://ishikawaryokououen.com

〈福井県〉ふくいdeお得キャンペーン

県内の宿泊・日帰り旅行がどちらも50%オフになります。割引上限は宿泊旅行が10,000円で、日帰り旅行は5,000円。さらに宿泊旅行は6,000円以上、日帰り旅行4,000円以上で、県内の飲食店・土産物店などで使える「福井県民de お得クーポン」2,000〜3,000円分がもらえます。

◆公式ホームページ https://www.fuku-e.com/otokucampaign/

【関西地方】

〈滋賀県〉今こそ滋賀を旅しよう

宿泊をともなう県内旅行が対象。コンビニ店内の端末で「コンビニ券」を1,000円で購入し、対象宿泊施設の専用プランを予約・宿泊すると、最大6,000円の宿泊補助割引が受けられます。1泊7,000円または1泊10,000円の宿泊プランで、これらを選ぶと自己負担なしでに旅行が可能です(1泊7,000円の場合:1,000円の出費で3,000円の宿泊補助+5,000円のクーポン、1泊10,000円の場合:6,000円の宿泊補助+5,000円のクーポン)。宿泊対象期間は11月30日まで、クーポン有効期間は12月1日までです。

◆公式ホームページhttps://www.biwako-visitors.jp/feature/detail/imakoso/

〈京都府〉きょうと魅力再発見旅プロジェクト

府内の宿泊・日帰り旅行が代金2,000円以上から最大50%オフになり、旅行代金が2,000円以上なら府内の飲食店・土産物店などで使える「京都応援クーポン券」1,000〜2,000円分もらえます。

◆公式ホームページhttps://www.kyoto-tabipro.jp/

〈兵庫県〉 ひょうごを旅しようキャンペーン

現在、本格実施を前にプレキャンペーンを実施中。県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフに。ワクチン2回接種済み、もしくはPCR検査結果での陰性証明があれば人数などの制限はありません。いっぽう、ワクチン未接種の場合、同居人かつ原則4人以下の旅行がキャンペーンの対象になります。

◆公式ホームページhttps://www.hyogo-tourism.jp/furusato-ouen/

〈和歌山県〉わかやまリフレッシュプラン3rd

県内宿泊・日帰り旅行が最大半額になるキャンペーンですが、電子チケットの利用が必要になります。電子チケットシステムの「PassMe!(パスミー)」で、1枚5,000円相当の電子チケットを半額の2,500円で購入し、1人1泊あたり最大2万円分(総旅行代金の2分の1以内)まで利用できます。さらに、和歌山県内の飲食店・土産物店などの指定施設で利用できる「わかやまリフレッシュクーポン券」を1人1泊・1旅行につき2,000円分がもらえます。電子チケットは10月8日、10月14日、21日に販売されましたが、いずれも完売。今後の販売スケジュールは、公式サイトに随時掲載される予定です。

◆公式ホームページhttps://wakayama-refresh.com/refresh/

〈大阪府〉大阪いらっしゃいキャンペーン2021

大阪府は府民限定の「大阪いらっしゃいキャンペーン2021」を実施予定。公式サイトによると「キャンペーンの開始日は調整中」で、決まり次第公式HPで告知するとのことです。

◆公式ホームページhttps://osakairasshai.start.osaka-info.jp/

〈奈良県〉いまなら。キャンペーン2021

奈良県は、県民限定の「いまなら。キャンペーン2021」を準備中。公式サイトによると、県内の宿泊施設を利用した宿泊プランや日帰り周遊プランが最大約35%オフに、ワクチン接種などの証明書提示で50%オフになるとのことです。「はがきクーポンの抽選に応募」「参画旅行会社で申し込む」「オンライン旅行予約サイトで申し込む(じゃらんnet 楽天トラベル)」といった方法が用意されていますが、キャンペーン期間など詳細は未定です。

◆公式ホームページhttps://www.nara-campaign.com/

【中国地方】

〈広島県〉やっぱ広島じゃ割

宿泊プランの割引上限額は1人1泊10,000円、旅行プランは1人1旅行あたり15,000円で、いずれも最大50%オフに。クーポンも支払金額に応じて1,000〜2,000円分配布されます。

◆公式ホームページhttps://yappa-hirowari.com/

〈鳥取県・島根県〉WeLove山陰キャンペーン

鳥取・島根県民限定の宿泊・日帰り旅行が最大半額になるキャンペーン。当初はそれぞれの県民のみが対象でしたが、10月1日から両県で相互に利用できるようになりました。ただし日帰り旅行の場合は、それぞれの県民を対象にした旅行商品のみが対象。割引に加えて、鳥取県民には「鳥取県プレミアムクーポン」を、島根県民には「しまねっこクーポン」をプレゼント。クーポン付与額は1,000円または2,000円(利用金額によって異なる)で、各県内の土産店や飲食店などで利用できます。

◆鳥取県公式ホームページhttps://www.pref.tottori.lg.jp/294744.htm

◆島根県公式ホームページhttps://www.pref.shimane.lg.jp/tourism/tourist/kankou/gaiyo/welovesanin.html

〈岡山県〉おかやま旅応援割

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーン。さらに、県内の飲食店・土産物店・体験施設などで使える「観光クーポン券」がもらえます(宿泊旅行は1人1泊2,000円分、日帰り旅行は1人1旅行1,000円分)。

◆公式ホームページhttps://www.okayama-event.com

〈山口県〉旅々やまぐち県民割

1人4,000円以上の県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)となるほか、県内登録店で使える「旅々やまぐち県民割クーポン」2,000円分も配布されます。

◆公式ホームページhttps://tabitabi.ikouyo-yamaguchi.jp

【四国地方】

〈徳島県〉みんなで!とくしま応援割

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーン。さらに利用額に応じて、県内の交通機関・飲食店・アクティビティなどで3日間有効となる「とくしま周遊クーポン」を1,000〜2,000円分もらえます。

◆公式ホームページhttps://www.awanavi.jp/topics/minna-ouen2.html

〈香川県〉新うどん券泊まってかがわ割

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーンです。さらに利用額に応じて、県内の土産物店・飲食店・観光施設などで使える「新かがわ割クーポン」を1,000〜2,000円分がもらえます。

◆公式ホームページhttps://new-kagawa-wari.com

〈高知県〉高知観光トク割キャンペーン

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーンです。さらに2,000円以上の旅行商品を利用した場合、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「おもてなしクーポン」が1人1泊(日帰り旅行は1人)につき2,000円分もらえます。

◆公式ホームページhttps://kochi-tokuwari.com

〈愛媛県〉県内宿泊割引キャンペーン

県内宿泊で1人1泊2,500〜5,000円オフになり、1,000〜2,000円分のクーポンももらえます。

◆公式ホームページhttps://www.pref.ehime.jp/h14500/kankou/ehime.html

【九州地方】

〈福岡県〉「福岡の避密の旅」県民向け観光キャンペーン

福岡県民の県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフになるキャンペーンです。利用には「コンビニで宿泊券を購入」「宿泊予約サイトで割引クーポンを獲得」「県内の旅行会社で旅行商品を購入」の3パターンがありますので、公式サイトで確認しておくとよいでしょう。

◆公式ホームページhttps://fukuoka-himitsu-travel.jp

〈佐賀県〉佐賀支え愛宿泊キャンペーン第3弾

県内宿泊・日帰り旅行が、最大50%オフ(割引上限5,000円)になり、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「地域限定クーポン」が、最大2,000円分付与されます。佐賀市の「ちょい旅さが宿泊キャンペーン第3弾(最大半額/12月31日まで)との併用も可能です(オンラン予約サイトからの予約分は対象外)。

◆公式ホームページhttps://www.asobo-saga.jp/sagasasaeai3/

〈長崎県〉ふるさとで“心呼吸”の旅 第2弾

4,000円以上の県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーン。さらに、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「地域限定クーポン」が2,000円分もらえます。「佐世保市内でゆったりキャンペーン(最大半額/12月31日まで)」「島原に泊まって得するキャンペーン(最大半額/12月31日まで)」など、長崎県内の各市町村が実施しているキャンペーンとの併用も可能です。

◆公式ホームページhttps://www.nagasaki-tabinet.com/feature/furusato-sinkokyu

〈熊本県〉くまもと再発見の旅

県内宿泊・日帰り旅行が対象。同居家族・同居人との旅行は人数制限がありませんが、それ以外のグループ旅行は4人以下での利用で「普段から日常的に接している人」との旅行が条件です。割引率は日〜金曜は最大50%オフ、土曜と指定日(宿泊は連休や年末年始等・日帰りは日曜と祝日)は最大30%オフ。また、1人1泊(日帰りは1旅行)あたり6,000円以上の宿泊・日帰り商品を利用すると、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「地域限定クーポン」2,000円分もらえます。 なお、2020年7月の豪雨被災地域(八代市、人吉市など)への旅行に限っては、平日・週末を問わずいつでも最大50%オフ(割引上限は5,000円)となります。

◆公式ホームページhttps://kumamoto.guide/kumamoto-cpn2021/

〈大分県〉新しいおおいた旅割

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフになるうえ、1,001円以上の宿泊・日帰り商品を購入すると、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「満喫クーポン」が1,000〜2,000円分もらえます。大分県民を対象にした商品券「大分市の旅はおトクです券(対象プラン利用で2,000円分のクーポン付与/12月31日まで)など、大分県内の市町村のキャンペーンとの併用もできます。組み合わせると自己負担額なしでの旅行も可能です。

◆公式ホームページhttps://goto-travel-oita.com/

〈宮崎県〉ジモ・ミヤ・タビ キャンペーン

県内宿泊・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーンです。加えて、1人1泊(日帰り旅行は1人)あたり2,000円以上の旅行商品利用で、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「ジモ・ミヤ・タビクーポン」を最大2,000円分配布。 さらに、平日(日〜金曜、年末年始は除く)宿泊限定で最大2,000円分の地域限定クーポンが上乗せされます。宮崎県民を対象にした「宮崎市に泊まってお得 泊得キャンペーン(1名1滞在につきクーポン3,000円分付与/2022年1月3日まで)や、高千穂町の「宮崎県民たかちほ宿泊割引キャンペーン(最大半額以上/12月31日まで)など、宮崎県内の市町村のキャンペーンとの併用も可能です。

◆公式ホームページhttps://www.kanko-miyazaki.jp/campaigns/2021/jimomiyatabi.html

〈鹿児島県〉今こそ鹿児島の旅(第2弾)

県内の宿泊旅行・日帰り旅行が最大50%オフ(割引上限5,000円)になるキャンペーン。さらに1人1泊あたり10,500円以上の旅行商品を利用すると、県内の飲食店・観光施設などで利用できる「今こそ鹿児島クーポン」を1人1泊あたり2,000円分もらえます。

◆公式ホームページhttps://www.imakago.com/

〈沖縄県〉おきなわ彩発見キャンペーン

沖縄県は「おきなわ彩発見キャンペーン」を11月開始に向け準備中とのことです。

◆公式ホームページhttps://okinawasaihakken.com/

まとめ

以上、各道府県の住民が基本的に、同一県内(府内、道内)を旅行するときに割引が適用される自治体独自の観光キャンペーンの内容をまとめてきました。実施自治体で詳細は異なりますが、基本的な割引内容は「宿泊代金の50%オフ(割引上限5,000円)+土産物店で使えるクーポン1,000〜2,000円分」というもの。近距離の旅行を楽しみたい、という方にとってはメリットの大きいキャンペーンと言えるでしょう。注意したいのは、どのキャンペーンも公表されている「利用期間」よりも早く終了する可能性が高いこと。特に割引率が高いものや人気観光地については、早めの予約・利用がおすすめです。

また、現在は比較的落ち着いている新型コロナウイルスの感染状況ですが、冬にかけて「第6波」の到来を懸念する声もあります。キャンペーンの利用条件や割引内容は感染状況次第で変わる可能性があります。利用・予約に際しては必ず公式サイトで最新情報を確認しましょう。

渡辺裕希子

渡辺裕希子

編集者兼マイラー。JAL、ANAはもちろん、海外航空会社のマイレージにも詳しく、仕事の合間を縫って旅を楽しむ。ポイント、マイルの交換などカードの裏技にも精通。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る