おトクの真相! 月刊キャッシュレス展望

「PayPayカード」登場! 還元率1%でPayPayボーナス獲得、経済圏の核となるか?

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済……。めまぐるしく変化を続けるキャッシュレス決済の動向をコンパクトに伝える連載企画「おトクの真相! 月刊キャッシュレス展望」。最近のキャッシュレス関連のニュースの中から、マネー編集部員やマネー担当ライターが気になったニュースをピックアップしてお届けします。記事内や記事の最後には、記事公開時点で参加可能なキャンペーン情報も掲載していますので、こちらもぜひチェックを。この連載は、毎月月初の公開予定です。

今月は、PayPayボーナスが貯まるクレジットカード「PayPayカード」のリリース情報など、クレジットカードに関する3つのニュースをお伝えします。

年会費は永年無料。国際ブランドはJCB、Visa、Mastercardから選択可能。「Visaのタッチ決済」など各国際ブランドのタッチ決済にも対応し、近年のクレカトレンドで一般的になりつつあるナンバーレス仕様(カードにカード番号やセキュリティコードなどが印字されないタイプ)を採用

2021年12月に登場したPayPayカードの年会費は永年無料。国際ブランドはJCB、Visa、Mastercardから選択可能。「Visaのタッチ決済」など各国際ブランドのタッチ決済にも対応し、近年のクレカトレンドで一般的になりつつあるナンバーレス仕様(カードにカード番号やセキュリティコードなどが印字されないタイプ)を採用(画像は「縦型デザイン」。PayPayカードのプレスリリースより)

還元率1%でPayPayボーナスが貯まるクレカ「PayPayカード」が新登場

登録ユーザー数4,200万人超、加盟店数344万か所以上と、キャッシュレス決済サービスの中で圧倒的な規模を誇るPayPay。そのPayPayブランドを冠したクレジットカード、「PayPayカード」が2021年12月1日に登場しました。

PayPayカードの発行元は「PayPayカード株式会社」。同社の社名はもともと「ワイジェイカード株式会社」で、ヤフー系のクレジットカードである「ヤフーカード」の発行元として知られていました。2021年10月に社名変更してPayPayカード株式会社となり、今回のPayPayカードの発行に至っています。

画像はPayPayカードのプレスリリースより

カード両面からカード情報がなくなった完全ナンバーレス仕様を採用。カードは、記事冒頭で紹介した「縦型デザイン」のほか、この画像のような「横型デザイン」も選択可能(画像はPayPayカードのプレスリリースより)

キャンペーンで、PayPayとの2重取りも可能

決済でPayPayボーナス(PayPayの利用でも貯まり、支払いにも使えるポイント)が付与されるクレカはPayPayカードが初。しかも、還元率1%と、昨今のクレカの中では高還元と言ってさしつかえない水準です。このカードがあれば、PayPayに対応していない国内の店舗や海外でもPayPayボーナスが貯まります。PayPayユーザーにとってはこの点だけでも魅力を感じる1枚ではないでしょうか?

また、このポイント還元はPayPayの決済金額の支払い方法としてPayPayカードを設定した場合にも適用されます(付与上限2,500円相当/回・月間)。つまり、PayPay側のポイント還元(0.5~1.5%)に加えて、PayPayカード側のポイントである1%分のポイントも貯まり、合計で1.5〜2.5%分のPayPayボーナスが狙えるわけです。かつては、ヤフーカードも、PayPayとのポイント2重取りが可能な時期がありましたが(ヤフーカード側で貯まったポイントはTポイント)、現在はヤフーカード側のポイントは貯まらない仕組みです。これと比較すると、PayPayカードはかなりおトク感を打ち出してきた印象を受けます。

ただしこの特典は、終了日が未定のキャンペーンとの位置付けと明記されており、この点には注意したいところです(終了する場合は終了2か月前に告知されそうです)。なお、PayPayカードからPayPay残高にチャージもできますが、この場合、カード側のポイントは付きません。

PayPay(ヤフー)経済圏の核となるか?

決済でPayPayボーナスが貯まることに加え、PayPayを含むヤフー系のサービスとの相性のよさにも注目です。たとえば「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」の決済にPayPayカードを使うと、通常の1%還元に「PayPayボーナス1%」「Tポイント1%」が加わり、合計3%という高い還元率になります。また、Yahoo!ショッピングなどで5の付く日にポイント還元率が上がる「5のつく日キャンペーン」や、PayPayの基本のポイント還元率が上がるプログラム「PayPayステップ」などにおいても、PayPayカードが対象の決済手段に追加されています。

このように、グループのクレジットカードを核として、グループ内のECサイトなどでの利用でおトクになる仕組みは、「楽天カード×楽天系サービス」「dカード×ドコモ系サービス」「au PAYカード×au系サービス」など、通信系のネット経済圏ではすでにおなじみです。これまでヤフーには、ヤフーカードを経済圏内で利用するとポイント還元率が上がる仕組みこそありましたが、貯まるポイントは「Tポイント」であり、PayPayとの連携で物足りなさがあったのも事実です。

今回、PayPayカードが登場したことで、ヤフー系のサービスとPayPayがつながった印象を受けます。PayPay(ヤフー)経済圏の鍵となるクレカが登場した、という見方もできそうです。

キャプ

ヤフー系サービスでPayPayカードを使うとおトクになる仕組み(画像はPayPayカードのプレスリリースより)

ヤフーはTポイントからPayPayボーナスへ

なお、PayPayカードの登場により、ヤフーカードの新規申込受付は2021年11月いっぱいで終了。既存の発行済みヤフーカードは、2022年4月より順次PayPayカードに切り替わります(既存ユーザーは手続き不要)。また、これまでヤフー系の各種サービスの利用ではTポイントが貯まっていましたが、こちらもやはり2022年4月以降、PayPayボーナスに置き換わります。グループ全体でPayPayへのシフトが加速しているようです。

筆者もPayPayユーザーのひとりとして非常に気になるこのPayPayカードですが、ひとつ残念なのは、既存のヤフーカードホルダーはカードの切り替え前にPayPayカードに申し込むことができないことです。理論上はヤフーカードを退会したうえでPayPayカードを申し込むことはできそうですが、その場合はPayPayカードの新規入会特典(入会と3回の利用で最大7,000円相当を還元)の対象外となるようです。

JCBカードのオリジナルシリーズが12年ぶりにリニューアル

日本発のクレカの国際ブランドであるJCBが、「オリジナルシリーズ」と呼ばれるプロパー(非提携)カードを12年ぶりにリニューアルしました。2021年12月上旬以降のカード発行分より、新デザインで届くと発表されています。

キャプ

JCBのオリジナルシリーズが、「安心・安全を第一としたサービス」を表現するため、漢数字の「一」をモチーフにしたシンプルなデザインに変更されました(画像はゴールドカード。JCBのプレスリリースより)

新カードは全券種が凸凹のないフラットな仕様になっていて、ブランドロゴには虹色箔を採用。「ゴールド」「ゴールド・ザ・プレミア」「プラチナ」「ザ・クラス」の上位カードは側面もカラー化して高級感を演出しています。また、カード表面にはタッチ決済やブランドロゴ、ICチップの表示があるだけで、会員名やカード番号、セキュリティコードといったカード情報はすべて裏面に集約。カード利用時の盗み見などのリスクを低減することができる「片面ナンバーレス仕様」となっています。

このほか、近年のトレンドとなりつつあるタッチ決済にも対応。JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)も標準搭載し、サインや暗証番号を入力せずとも、カードを端末にかざすだけで決済が終わります。対応店舗は大手コンビニ3社やマクドナルド、イトーヨーカドーなど徐々に拡大しており、今後、利用シーンは増えていくと思われます。なお、既存のJCBカードユーザーが希望する場合は、有効期間前でも手数料無料で新カードに切り替えることが可能です。

キャプ

片面ナンバーレスになり、セキュリティも高まっています(画像はJCBのプレスリリースより)

最大2.4%還元の旅行系クレカ「Trip.com Mastercard」がリリース

新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」が現れるなど、いまだ予断を許さない状況が続いています。しかしながら、日本では一時期と比べると感染者数は大きく減少。社会・経済活動の再開が進み、とりわけ旅行関連では各都道府県が独自の割引キャンペーンを実施するなど、本格的な需要回復が待たれる状況となっています。

そんな旅行ニーズの高まりを受け、オリコカードとMastercardは、グローバル向け旅行予約サイトの「Trip.com(トリップドットコム)」と提携した「Trip.com Mastercard」の新規会員募集を2021年11月24日から始めています。

キャプ

初年度は年会費無料、翌年度以降は1,375円。ただし年間10万円以上使うと、次年度の年会費は無料になります。旅行傷害保険も付帯し、Mastercardのタッチ決済機能であるMastercardコンタクトレスも搭載(画像はTrip.comのプレスリリースより)

このカードはTrip.comのポイントである「Trip Coins」が貯まるクレジットカードで、一般加盟店での還元率は1.0%(国内)、もしくは1.2%(海外)が適用となります。Trip.comでの利用では、事前払いの場合、国内海外ともに1.2%。現地払いの場合は1.0%(国内)/1.2%(海外)が付与されます。

Trip CoinsはTrip.comのサイトの利用でも貯まり、カードとサイトで貯まる分を合わせると最大で2.48%のポイント還元率になります。貯まったTrip Coinsは、100Trip Coins=1USD(約110円、為替レートによって変動)に換算され、旅行予約代金の一部や、ホテルの朝食、部屋のアップグレードなどに使えます。なお、本カードの会員になると、Trip.com会員のステイタスが自動的にゴールドに上がり、朝食無料やアーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどのサービスの対象になります。

まだ間に合う! 今月のキャッシュレス関連キャンペーンまとめ

▼永久不滅ポイントからJALマイルの交換レートがアップ(2021年12月22日まで)

期間中にキャンペーンにエントリーのうえ、永久不滅ポイントをJALマイルに交換すると、200ポイント1口で通常500マイルのところ、もれなく1口ごとにボーナスマイル100マイルが上乗せされます

キャンペーン期間:開催中〜2021年12月22日
公式サイト:https://www.jal.co.jp/jp/ja/121campaign/2021/credit-saison/

▼三井住友カードが旅行関連のサービスでの利用で、1万名に5,050円相当のVポイントを進呈(2022年1月14日まで)

期間中に対象カードでキャンペーンにエントリーし、旅行・航空・鉄道に関連する対象加盟店・対象サービスで1回あたり1万円以上利用すると、1万円以上の利用を1口として抽選を行い、1万名に5,050円相当のVポイントがプレゼントされます。

キャンペーン期間:開催中〜2022年1月14日
公式サイト:https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo7222591.jsp?dk=ad_snt_083_92430

▼QUICPayが毎月919人に1万円当たるキャンペーンを実施(2022年1月15日まで)

期間中にQUICPayを合計1万円以上利用すると、抽選で919名に1万円がキャッシュバックされます。参加登録は不要です。期間は「2021年12月15日まで」「2021年12月16日〜2022年1月15日」までの計2回あります。

キャンペーン期間:開催中〜2022年1月15日
公式サイト:https://www.quicpay.jp/campaign/2021/quicpaybrand2.html

▼dカードGOLDが30歳以下限定で最大2万1,000ポイントをプレゼント(2022年5月31日まで)

期間中に30歳以下の人がdカードGOLDに申し込み、翌々月末までに入会のうえ、ドコモケータイ料金の支払いに設定・利用すると、最大で2万1,000ポイントのdポイントがもらえます。ポイントは期間・用途限定です。

キャンペーン期間:開催中〜2022年5月31日
公式サイト:https://info.d-card.jp/std/campaigns/dcard/u30_202112.html

(協力:大正谷成晴)

価格.comマネー編集部

価格.comマネー編集部

投資・資産運用・保険・クレジットカード・ローン・節約に至るまで、マネーに関する情報を毎日収集。「知らないで損するなんてもったいない」をモットーに、読者のためになる記事を制作します!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のタグ
ページトップへ戻る