備える

【動画】簡単? 複雑? スマホとマイナンバーカードで確定申告をやってみた!

マネー関連の一大イベント「確定申告」が今年も2月16日からスタートしました(原則3月15日まで。ただし、新型コロナウイルスによって何らかの影響を受けた場合、その旨を追記すれば4月15日まで延長可能)。確定申告の方法は複数ありますが、国税庁が推奨しているのがスマートフォンとマイナンバーカードを使う「スマホ申告」です。ユーザーの立場から見ても、コロナ下の今、「密」を避けられ、自宅で手続きを完了できるという利点があります。さらに、申告対象となる所得の範囲が広がってきたり、新機能が実装されたりと、年々使いやすくなっているといいます。

そこで、筆者がこの「スマホ申告」に初挑戦してみます。そこで感じた、下記に記載した進め方のポイントや注意点を動画で解説していきます。
〈1〉対象所得などの範囲
〈2〉準備するべきこと
〈3〉必要となるマイナンバーカードのパスワードについて
〈4〉作業1:事前準備(「e‐Tax」とマイナンバーカードのひも付け)
〈5〉作業2:申告書データの作成(給与所得や寄附金・医療費などの情報入力)
〈6〉作業3:申告書データの送信(マイナンバーカードの2回連続読み取り)

これから確定申告を行う予定があり、本申告方法の対象に該当する方は、この動画も参考にスマホ申告に挑戦してみてください。

スマホ申告のやり方を、記事でご覧になる場合は下記をご参照ください。
「スマホで確定申告」に挑戦! 手続きのポイントと、気を付けたい“落とし穴”を解説

マネー担当M(編集部)

マネー担当M(編集部)

新聞社で企業や地方財政などを中心に幅広く取材。現在は「価格.com マガジン」でクレジットカードや投資、運用などを含めたマネー関連記事の編集、執筆を担当。

ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る