ニュース
オリジナルモデル4機種を含む9機種の夏モデルを発表

auの2017年夏スマホ&ケータイ・速報レポート

auは、2017年5月30日に2017年夏モデルの新製品発表会を開催し、発表済みの製品を含むスマートフォン7機種、ケータイ2機種の合計9製品を発表した。「au HOME」など注目の新サービスは別の記事で解説するので、こちらでは新製品の概要をレポートしよう。

auの2017年夏モデルは、「Galaxy S8」シリーズや「Xperia XZs」、「AQUOS R」、「HTC U11」など高性能モデルの層が厚い。そのいっぽうで、タフネスモデル「TORQUE G03」などauの持ち味を生かした新モデルもラインアップされている

auからも登場する、今夏注目の高性能グローバルモデル
サムスン「Galaxy S8 SCV36」、「Galaxy S8+ SCV35」

発表会に先立って、すでに6月8日に発売が発表されている「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が、披露された。いずれも、縦横比18.5:9という縦長の有機ELエッジディスプレイを備えることで、Galaxy S8が画面サイズ約5.8インチで横幅が約68mm、Galaxy S8+は画面サイズ約6.2インチで横幅が約73mmという、大画面と持ちやすさを両立させているのが大きな特徴だ。基本スペックはほぼ共通で、オクタコアCPU「Snapdragon 835 MSM8998(2.35GHz×4+1.9GHz×4)」、4GBのRAM容量、64GBのストレージ容量などとなっているが、バッテリーの容量が、Galaxy S8が容量3,000mAhで(電池持ち時間、約100時間)、Galaxy S8+が容量3,500mAhが(電池持ち時間、約115時間)と大きく異なっている。メインカメラは、デュアルピクセルカメラ技術を採用しており、暗い場所でも高速のオートフォーカスが可能だ。また、ディスプレイはモバイルHDRに対応しており、モバイルHDR対応のビデオコンテンツを再生することで、今まで以上に鮮明な映像を楽しむことができる。

左がGalaxy S8+、右がGalaxy S8。サイズこそ違うが両機ともデザインはほぼ同じ

左がGalaxy S8+、右がGalaxy S8。サイズこそ違うが両機ともデザインはほぼ同じ

両機種とも、側面が曲面のエッジディスプレイや18.5:9の縦長ディスプレイを採用し、大画面と持ちやすさを両立させている

メインカメラは、暗所でも高速なオートフォーカスを実現するデュアルピクセル技術や、F1.7の大口径レンズを採用。3枚の写真を合成して手ブレを抑えるマルチフレームテクノロジーも備えている

Galaxy S8のカラーバリエーションは、左からミッドナイトブラック、オーキッドグレイ、コーラルブルーの3色

Galaxy S8のカラーバリエーションは、左からミッドナイトブラック、オーキッドグレイ、コーラルブルーの3色

Galaxy S8のカラーバリエーションは、左からミッドナイトブラックとアークティックシルバーの2色

Galaxy S8のカラーバリエーションは、左からミッドナイトブラックとアークティックシルバーの2色

画面サイズ(解像度):約5.8インチ(Galaxy S8)/約6.2インチ(Galaxy S8+、いずれも1440×2960)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約68×149×8.0mm(Galaxy S8)/約73×160×8.1mm(Galaxy S8+)
重量:約150g(Galaxy S8)/約173g(Galaxy S8+)
CPU:Snapdragon 835 MSM8998(2.35GHz×4+1.9GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.0
電池持ち時間:約100時間(Galaxy S8)/約115時間(Galaxy S8+)
受信時最大通信速度:590Mbps
USB:USB Type-C
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:搭載/搭載
メインカメラ:約1,220万画素(デュアルピクセル)
サブカメラ:約800万画素

色域が広がったハイスピードIGZO液晶を搭載するハイエンドモデル
シャープ「AQUOS R SHV39」

従来の「AQUOS SERIE」シリーズの代わりとして投入される新シリーズの「AQUOS R」。AQUOS SERIEとは異なり、純然たるハイエンドモデルだ。ハードウェアについてはすでに発表されているNTTドコモ版やソフトバンク版と共通で、1440×2560表示に対応する約5.3インチの液晶ディスプレイに、通常の倍となる120Hz駆動を実現するハイスピードIGZO液晶を採用する。また、液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継ぐ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を採用し、従来機種「SHV34」と比較して色域が約23%向上しているほか、HDR10規格に準拠した4KHDRコンテンツの再生や、通常画質の動画を仮想的にHDR化する「バーチャルHDR」機能も備えている。
同梱される回転機能付きクレードルの「ロボクル」は、サブカメラとシャープ独自のAI機能「エモパー」を組み合わせることで、メールや不在の通知、電話やアラーム、天気など緊急性のあるニュースがある場合に、ユーザーのほうを向いて知らせてくれる。
なお、ジュエリーブランド「ete(エテ)」のコラボモデルが用意され、8月上旬に100台限定で発売される。なお、通常モデルの発売は7月上旬を予定している。

4KHDRの対応など、得意の液晶技術をさらに高めている。ボディの質感アップも目ざましく、高性能ハイエンドモデルにふさわしい高級感がある

左がバーチャルHDRをオンにした状態、右はオフの状態。写真では表現しきれないが、肉眼で見ると青空の深みなどが向上している

同梱されるクレードルの「ロボクル」。ボディが回転し、ユーザーのほうを向いて、各種の情報を知らせてくれる。なお、充電を行う場合、別途ACアダプターが必要になる

カラーバリエーションは3色。左から、マーキュリーブラック、ジルコニアシルバー、ライトゴールド

カラーバリエーションは3色。左から、マーキュリーブラック、ジルコニアシルバー、ライトゴールド

画面サイズ(解像度):約5.3インチ(1440×2560)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約74×153×8.7mm
重量:約169g(暫定値)
CPU:Snapdragon 835 MSM8998(2.2GHz×4+1.9GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1
電池持ち時間:約95時間
受信時最大通信速度:590Mbps
USB:USB Type-C
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:搭載/搭載
メインカメラ:約2,260万画素
サブカメラ:約1,630万画素

AIやVRなど注目技術を採用するHTCのハイエンドモデル
HTC「HTC U11 HTV33」

ソフトバンクからも発売が発表されているHTCのハイエンドモデル。HTC製ハイエンドモデルとしては広めの約5.5インチの大画面液晶ディスプレイは、1440×2560表示に対応する。昨年モデルの「HTC 10」は、グローバルモデルほぼそのままの仕様だったが、本機は、FeliCaポートの搭載、IPX7等級の防水仕様とIP6X等級の防塵仕様をクリアしており国内での使い勝手に配慮されているのが大きな特徴だ。

また、HTC独自のAI機能として「Sense Companion(センス・コンパニオン)」を搭載。ユーザーの利用状況を把握し、日々の行動やスケジュールを先取りしてアドバイスしてくれる。なお、Sense CompanionはAmazonの音声認識サービス「Amazon Alexa」にも対応する予定で、GoogleのAI機能「Google アシスタント」もプリインストールされる。また、バーチャルリアリティ(VR)機能として、専用のモバイルVRヘッドセット「LINK」(別売り)と接続することで、前後、上下、左右、およびそれぞれの軸回転である「6DoF」(Six Degrees of Freedom)のVR空間を体験できる。
オーディオ機能では、同梱される専用イヤホン「HTC U ソニック ハイレゾ」が耳の構造を調べることで、ユーザーが聞き取れている音域と、聞き取れていない音域を識別して最適化するという、自動音響調節機能を搭載。加えて、アクティブノイズキャンセリング機能や、ハイレゾ音源再生にも対応している。発売は6月下旬の予定だ。

大画面でたっぷりとしたサイズのボディ。背面は曲面ガラスとなっていて、つるりとした滑らかな感触がユニークだ

HTC独自のAI機能であるSense Companionは、対話型のGoogle アシスタントとは異なり、ユーザーに情報を提示するサジェスト型のインターフェイスを採用

自動音響調節機能は、専用イヤホン「HTC U ソニック ハイレゾ」と組み合わせることで利用できる。なお、本機はヘッドホン端子が省略されているため、従来のヘッドホンは同梱のアダプターをUSB Type-Cポートに接続して使う

カラーバリエーションは2色。左がブリリアントブラック、右がサファイアシルバー

カラーバリエーションは2色。左がブリリアントブラック、右がサファイアシルバー

画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1440×2560)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約76×154×8.3mm
重量:約170g
CPU:Snapdragon 835 MSM8998(2.45GHz×4+1.9GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1
電池持ち時間:約80時間
受信時最大通信速度:558Mbps
USB:USB Type-C
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1,200万画素
サブカメラ:約1,600万画素

カメラやバッテリー機能を強化したマイナーチェンジを実施
ソニーモバイル「Xperia XZs SOV35」

Galaxy S8シリーズとともにすでに発表済みの「Xperia XZs」は、NTTドコモとソフトバンクからも発売されている。本機は、その名前からもわかるように、前モデルの「Xperia XZ」のマイナーチェンジモデルとなっており、RAMの容量が3GBから4GBに増強された点を除けば、CPUなどの基本スペックは共通だ。強化された点としては、メインカメラとバッテリー管理がある。メインカメラは、画素数約1,920万画素の新型イメージセンサー「Exmor R for Mobile」と、新開発のGレンズを搭載。このイメージセンサーは、キャッシュメモリーと一体になっており、高速なデータ転送が行える点が大きな特徴だ。この機能を生かし、秒間960コマのスーパースローモーション動画の撮影が行えるほか、静止画でも最大4枚までの先読み撮影が行える。いっぽうバッテリー管理機能では、バッテリーに負荷をかけずに充電を行う「いたわり充電」機能が強化され、ユーザーの生活サイクルに基づいた充電機能を新たに搭載。これにより、2年使っても、バッテリーの劣化を抑えることができるようになった。

基本スペックや外見は、前モデル「Xperia XZ」とほぼ同じ。メインカメラが改善されたほかバッテリーの劣化を抑える新機能などが採用されている

メインカメラは約1,920万画素。前モデルよりも約300万画素減っているが、データ転送速度が上がっており、スーパースローモーション動画など、ユニークな撮影機能が加わった。なお、前機種と異なり、レンズ部分が少し出っ張っている

カラーバリエーションは左から、ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色

カラーバリエーションは左から、ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色

画面サイズ(解像度):約5.2インチ(1080×1920)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約72×146×8.1mm
重量:約161g
CPU:Snapdragon 820 MSM8996(2.2GHz×2+1.6GHz×2)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1
電池持ち時間:約95時間
受信時最大通信速度:370Mbps
USB:USB Type-C
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:搭載/搭載
メインカメラ:約1,920万画素
サブカメラ:約1,320万画素

2年ぶりにフルモデルチェンジされたタフネススマホ
京セラ「TORQUE G03」

TORQUEシリーズが2年ぶりにフルモデルチェンジされた。3世代目となる本機は、720×1280のHD表示に対応する約4.6インチの液晶ディスプレイを搭載し、前モデル「G02」よりも0.1インチ画面が小さくなったほか、重量が約5g減の約198g(暫定値)、厚さも0.6mm薄い13.6mmと、わずかだがコンパクトになった。

特徴だったタフネス性能には磨きがかかっており、米国国務省の調達基準MIL-STD-810Gの19項目に準拠しているが、なかでも、耐衝撃性能基準が強化されており、落下時の高さが従来の1.5mから1.8mへ引き上げられている。また、新たにディスプレイの強化ガラスの上に、さらにアクリル樹脂を張り付ける二層構造となったことで、耐久性がさらに高まった。そのいっぽう、メンテナンス製も高められており、前面のパーツの一部を同梱のレンチで取り外し可能で、入り込んだ砂や塩分を洗い流すことができる。
また、従来、比較的弱かったカメラ機能が強化され、センサーの感知した速度や、標高、重力加速度などの情報を、動画上にオーバーレイ表示させる機能を搭載する。このほか、メインカメラ自体も135°の広角レンズと標準レンズを組み合わせたダブルレンズ仕様に強化されている。発売は6月下旬の予定だ。なお、防水ウェアブランド「HELLY HANSEN」とのコラボモデルが、限定300台で発売される。

大きく張り出したバンパーなど、「タフネススマホ」らしい頼りがいのあるイメージはそのままに、前モデルよりわずかだがコンパクトになったボディ

動画上に速度や標高などのアクティビティログをオーバーレイ表示する新機能を搭載する

動画上に速度や標高などのアクティビティログをオーバーレイ表示する新機能を搭載する

同梱のレンチで、前面のパーツが一部取り外し可能。入り込んだ砂や塩分を洗い流しやすくなった

同梱のレンチで、前面のパーツが一部取り外し可能。入り込んだ砂や塩分を洗い流しやすくなった

カラーバリエーションは左から、ブラック、グリーン、ブルーの3色

カラーバリエーションは左から、ブラック、グリーン、ブルーの3色

こちらは、防水ウェアブランド「HELLY HANSEN」とのコラボモデル。7月下旬よりauオンラインショップで300台が限定販売される

画面サイズ(解像度):約4.6インチ(720×1280)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約71×145×13.6mm
重量:約198g(暫定値)
CPU:Snapdragon 625 MSM8953(2.0GHz×8)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1
電池持ち時間:約100時間
受信時最大通信速度:225Mbps
USB:USB Type-C
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1,300万画素(ワイドレンズ:約200万画素)
サブカメラ:約500万画素

音声通話機能と耐久性が高められた
京セラ「Qua phone QX」

「Qua」シリーズは、スマートフォンとタブレットの両方が用意される製品シリーズで、2台持ちに適した統一感のあるデザインが特徴となっている。今回発表されたのはQuaシリーズのスマートフォンとしては3世代目に当たるもので、シリーズの特徴であるデザインの統一感を保ちつつ、音声通話機能とタフネス性能が高められた。音声通話機能では、ディスプレイ全体を振動させて声を伝える京セラ独自の技術「スマートソニックレシーバー」を搭載し、騒がしい場所でもクリアな音声を聞き取ることができるほか、通話音声を調節して聞き取りやすくする「聞こえ調整」も搭載されている。
また、同じ相手から10分以内に2回以上不在着信があった場合、段階的に着信音を大きくする機能も搭載されている。耐久性の面では、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」のうち、落下、高温および低温それぞれの保管と動作、振動の6項目をクリア。発売は7月中旬を予定している。

音声通話機能へのこだわりなど、従来のケータイからの乗り換えユーザーに適した特徴を備えている

音声通話機能へのこだわりなど、従来のケータイからの乗り換えユーザーに適した特徴を備えている

ボディ前面には赤外線通信ポートも備わっている。これもケータイからの乗り換えを意識した機能のひとつだ

ボディ前面には赤外線通信ポートも備わっている。これもケータイからの乗り換えを意識した機能のひとつだ

カラーバリエーションは左から、ホワイト、ブラック、ピンクの3色。Quaシリーズの特徴である背面のデザインは継承されている

画面サイズ(解像度):約5.0インチ(720×1280)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約73×146×8.9mm(暫定値)
重量:約139g(暫定値)
CPU:Snapdragon 430 MSM8937(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM容量:2GB
ストレージ容量:16GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1
電池持ち時間:約95時間
受信時最大通信速度:150Mbps
USB:microUSB
NFC:非搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1,300万画素
サブカメラ:約500万画素

ケータイの画面をテレビに映し出せる「テレビde写真」機能を搭載
京セラ「かんたんケータイKYF36」

シニア向けケータイの新モデル。480×856のFWVGA表示に対応する約3.4インチのディスプレイを備えたオーソドックスな折りたたみ型ボディで、なじみやすいデザインだ。ケータイの画面をMiracastに対応する外部ディスプレイにワイヤレスで表示できる「テレビde写真」機能を備えているのが大きな特徴。また、うるさい場所でも通話音声を聞き取りやすくする「スマートソニックレシーバー」や耐衝撃ボディも備えている。発売は8月中旬の予定だ。

ケータイの画面をワイヤレスでテレビに映し出せる「テレビde写真」機能が最大の特徴

ケータイの画面をワイヤレスでテレビに映し出せる「テレビde写真」機能が最大の特徴

充電用のクレードルも同梱される

充電用のクレードルも同梱される

カラーバリエーションはゴールド、ピンク、グリーンの3色

カラーバリエーションはゴールド、ピンク、グリーンの3色

画面サイズ(解像度):約3.4インチ(480×854)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約51×115×17.9mm
重量:約141g(暫定値)
CPU:Snapdragon 210 MSM8909(1.1GHz×4)
RAM容量:1GB
ストレージ容量:8GB
増設用メモリーカードスロット:microSDHC(最大32GB)
OS:非公開
電池持ち時間:測定中
受信時最大通信速度:150Mbps
USB:microUSB
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグ:非搭載/非搭載
メインカメラ:約800万画素
サブカメラ:非搭載

1,700mAhのバッテリーを備える折りたたみ型ケータイの新モデル
京セラ「MARVERA(マーベラ) KYF35」

「au VoLTE」に対応するAndroidスマホ、いわゆる「ガラホ」「ガラスマ」の新製品。480×856のFWVGA表示に対応する約3.4インチのディスプレイを備えた折りたたみ型ボディで、上記の「かんたんケータイ」と同じく、「テレビde写真」を備えている。また、1,700mAhの大容量バッテリーを備えており、長時間駆動を実現するとしている(計測数値は測定中)。発売は8月中旬を予定。

OSにAndroidを使っており、Webページなどは基本的にスマートフォン用コンテンツを使う

OSにAndroidを使っており、Webページなどは基本的にスマートフォン用コンテンツを使う

Miracastを使って画面を対応テレビに映し出せる「テレビde写真」に対応。Miracastに対応していないテレビについては別売りでHDMIポートに差し込むアダプターが用意される

カラーバリエーションは、左からダークネイビー、ワインレッド、パールシルバーの3色

カラーバリエーションは、左からダークネイビー、ワインレッド、パールシルバーの3色

画面サイズ(解像度):約3.4インチ(480×854)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約51×113×17.2mm
重量:約139g(暫定値)
CPU:Snapdragon 210 MSM8909(1.1GHz×4)
RAM容量:1GB
ストレージ容量:8GB
増設用メモリーカードスロット:microSDHC(最大32GB)
OS:非公開
電池持ち時間:測定中
受信時最大通信速度:150Mbps
USB:microUSB
NFC:非搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグ:搭載/非搭載
メインカメラ:約1,300万画素
サブカメラ:非搭載

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る