いいモノ調査隊
iPhoneでも、Androidでも、PCでも使えちゃう

スマホにもPCにも挿せる“USB-C対応”カードリーダーが便利

注目製品の後継機種です

モノ系ライターのナックル末吉です。さてさて、以前iPhoneの容量不足を解決するアイテムとして、Lightning接続のmicroSDカードリーダー「4K iReader」をご紹介しました。今回はさらにパワーアップした後継モデルをレビューしてみます。

iPhoneにAndroid、パソコンに加えてUSB Type-CもOKな新型

その新型モデルとは「iType-C Reader」です。その名のとおり、新たにUSB Type-Cコネクタが搭載されました。USB Tyep-CといえばMacBookや最新パソコンに搭載された次世代のUSB端子で、高速なデータ通信だけでなく映像の転送や電源供給ができてしまうスグレモノ。

まずは製品を見ていきましょう。

パッケージです

パッケージです

最近ではUSB Type-C端子を搭載したAndroidスマホも増えてきており、今後はスタンダードになっていく新しいUSBの規格です。

iType-C ReaderはLightningのほかに、USB、microUSB、USB Type-Cコネクタを搭載しており、それぞれのコネクタを搭載したデバイス間でデータの受け渡しが可能なmicroUSBリーダーです。

内包物は、変換アダプター、本体、4GBのmiroSDカード

内包物は、変換アダプター、本体、4GBのmiroSDカード

本体です。両端に配置されたコネクタにそれぞれキャップが付いています

本体です。両端に配置されたコネクタにそれぞれキャップが付いています

iPhoneに接続するLightningコネクタ。本モデルの中核をなす部分ですね。キャップを開閉して使用します

iPhoneに接続するLightningコネクタ。本モデルの中核をなす部分ですね。キャップを開閉して使用します

記録媒体であるmicroSDカードはこの部分に挿し込みます

記録媒体であるmicroSDカードはこの部分に挿し込みます

iPhoneに接続してみました。iPhoneのデータをmicroSDカードに保存するだけであれば変換アダプターは不要です

最大のポイントは“拡張性”の高さ!

本モデルにはLightningコネクタ以外に3種類のコネクタを搭載しています。この仕様のおかげでiPhone以外にも、Androidスマホからパソコン、MacBookからiPhoneなど異なったデバイス間でのデータのコピーが容易になります。

通常、デバイス間でデータをやり取りする場合は、Dropboxなどのクラウドストレージを使いますが、データの容量が大きかったり、通信環境が悪かったりする場合などには本モデルを活用することも一手でしょう。

本体のLightningコネクタと逆方向にUSB Type-Cが搭載されています

本体のLightningコネクタと逆方向にUSB Type-Cが搭載されています

変換アダプターにはUSB Type-Cの端子が搭載されています

変換アダプターにはUSB Type-Cの端子が搭載されています

逆側にはUSBコネクタ

逆側にはUSBコネクタ

USBコネクタをパカっと開くとmicroUSBがこんにちは。Androidスマホなどに接続します

USBコネクタをパカっと開くとmicroUSBがこんにちは。Androidスマホなどに接続します

変換アダプターのUSB Type-C端子に本体を接続するとこうなります

変換アダプターのUSB Type-C端子に本体を接続するとこうなります

パソコンのUSBに接続

パソコンのUSBに接続

iType-C Readerまとめ

以前紹介した「4K iReader」を現在お持ちでない人は、こちらがおすすめです。現時点でUSB Type-Cを搭載しているデバイスを持っていなくても、近い将来、間違いなく対応製品が増えてくるからです。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る