レビュー
「7」から「8」へのメジャーバージョンアップ

「iPhone 8/8 Plus」レビュー! バランスのとれた優等生で満足度は高い

アップルの新型スマートフォン「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」が本日、2017年9月22日に発売された。「7」から「7s」をスキップし、「8」へと一気にバージョンアップした新型iPhoneをレビューしたい。

9月22日に発売されたiPhone 8(左)とiPhone 8 Plus(右)

9月22日に発売されたiPhone 8(左)とiPhone 8 Plus(右)

ガラス素材で質感と見た目が変わった

今年9月に発表されたiPhoneは、今回取り上げるiPhone 8/8 Plusと、少し先の11月3日に発売される「iPhone X(テン)」の3機種だ。iPhone 8/8 Plusは、前モデルの「iPhone 7/7 Plus」の正常進化版で、基本性能が底上げされ、ワイヤレス充電機能などが追加されている。いっぽうのiPhone Xは有機ELディスプレイを搭載し、ベゼルレスの新デザインを採用。iPhoneの象徴とも言えるホームボタンが廃止され、“新しいiPhone”として注目されている。iPhone 8/8 PlusとiPhone Xのどちらにするか悩んでいる人も多いはずだ。注目度は間違いなくiPhone Xのほうが高いと思われるが、iPhone 8/8 Plusはモデルナンバーが一気に上がったのも納得できるほど、完成度は非常に高い。

ぱっと見はiPhone 7/7 Plusと変わっていないが、背面の素材が金属からガラスに変わり、高級感が増している。7層に色を重ねたという表面は、光りの当たり具合や見る角度によって表情が変わり、なんともいえない存在感を放っている。アルミニウム製のフレームとのつなぎ目もほとんどない。スマホとしては最高強度のガラスを使っているということだが、割れる可能性はゼロではない。多くの人はケースに入れて使うだろうが、せっかくきれいな背面なので、ケースなしで使いたくなるほどきれいな仕上がりだ。この質感や見た目は写真だとわかりにくいので、ぜひアップルストアなどで実物を手にしてみてもらいたい。

左がiPhone 8 Plus、右がiPhone 7 Plus。背面が金属からガラスに変わり、質感ががらりと変わった。写真では伝わりにくいので、ぜひ実物を見てもらいたい

ガラスとフレームのつなぎ目が滑らかで、細部の作りこみはさすがの一言。iPhone 7 Plusにあった小さな文字がなくなっているのも見逃せない

iPhone 8のゴールドモデル。iPhone 7のローズゴールドとゴールドの中間といった色味だ。落ち着いたカラーで女性に人気が出そうなカラーだ

アルミニウム製のフレームも精巧に作りこまれている

アルミニウム製のフレームも精巧に作りこまれている

便利さを再認識! ワイヤレス充電に対応

背面の素材がガラスになったことで、追加されたのがワイヤレス充電機能だ。すでに普及している「Qi(チー)」という規格を採用しており、対応の充電器であればそのまま使える。久しぶりにワイヤレス充電器を使ってみたが、ケーブルを抜き差しする手間がないのはかなり便利だ。カフェや空港など、ワイヤレス充電器を設置する場所が増えれば、Lightningケーブルを持ち歩かなくても済むようになるかもしれない。

充電時間は有線とワイヤレスで同じとしているが、手持ちの古いワイヤレス充電器では有線よりも時間がかかる印象だ。どのくらい差があるのかは追って報告したい。なお、年内には高速ワイヤレス充電に対応するので、そうなるとワイヤレス充電の使い勝手は高まるはずだ。

さらに、「MacBook」ユーザーなら、MacBookに付属するACアダプターを使った高速充電も可能。この場合、バッテリー残量が空の状態から30分で50%まで充電できるという。忙しい朝や仕事の合間など、短時間で充電できるのは心強い。

Qi規格のワイヤレス充電に対応

Qi規格のワイヤレス充電に対応

「ポートレートライティング」は決まったときは気持ちいい

定評のあるカメラは、画素数やレンズのスペックは変わっていないが、画像処理プロセッサーの進化により、さらにきれいな写真が撮れるようになっている。特に夜景や室内など、暗いところで写真を撮り比べてみると、その違いははっきりとわかるレベルだ。iPhone 8/8 Plusのほうが明るく、ノイズの少ない写真に仕上げてくれる。オートフォーカスが高速で、きびきびと写真を撮れるのもポイント。

iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus

iPhone 8/8 Plusでも採用される最新の基本ソフト(OS)「iOS 11」では、2つのカメラを使って一眼レフカメラのように背景をぼかした写真を撮影できる「ポートレートモード」がベータ版でなく正式版になった(デュアルカメラのiPhone 8 PlusやiPhone 7 Plus)。人物と背景の境界線の不自然さが軽減され、失敗写真が減った印象だ。

さらに、iPhone 8 Plusでは、ポートレートモードの派生機能として「ポートレートライティング(ベータ版)」という新しい機能が追加されている。スタジオの照明を再現するユニークな機能だ。深度を計算する「Depth API」を使ったもので、人物の鼻の高さや頬のくぼみ具合などの情報を下に、光りを調整してくれる。すごそうな機能だが、使い方はポートレートモードで撮影し、照明の効果を選ぶだけ。深度情報が正しく取れず、背景をうまく切り取れないシーンも見られたが、バシッと決まったときは、なかなか気持ちいい。

ポートレートライティングはベータ版だが、バシッと決まったときは、みんなに「お〜」と言われること間違いなし

まとめ

以上、iPhone 8/8 Plusの新機能を中心に見てきたが、ワイヤレス充電は目新しくないが便利な機能で、画像処理プロセッサーの進化はiPhoneで写真を撮影する人(ほぼ全員だろう)にとってありがたい機能強化だ。ポートレートライティングはまだまだ改良の余地はあるが、バシッとはまったときは気持ちがいい。ファイルフォーマットの変更で、データ容量が減ったのも見逃せない。友だちに送る場合やパソコンに取り込むさいは、ほかのデバイスでも使えるJPEG形式に変換されるので、ユーザーは特に意識する必要はない。

iPhone 8/8 Plusは、iPhone誕生10年の集大成と言えるモデルだ。使い慣れたホームボタンがあって、ワンタッチできれいな写真が撮影できて、アプリも充実している。先進性が注目されるiPhoneだが、コピペやマルチタスク、最近ではSuicaや耐水など、この10年でユーザーの要望に着実に応えながら進化してきた。

それに対して、11月3日に発売されるiPhone Xは今までのiPhoneとは違う、“次のiPhone”を目指して生み出されたモデルだ。ホームボタンが廃止されているので、使い勝手は大きく変わる可能性がある。ただし、「A11 Bionic」チップなど中身は意外にiPhone 8/8 Plusと同じ部分も少なくない。価格はiPhone 8/8 Plusのほうが3万円ほど安く、大手キャリアのサポートも手厚い。iPhone 8/8 Plusは、iPhone Xの影に隠れてしまっているが、実は価格や使い勝手のバランスのよい優等生で、多くの人が手にするスマートフォンとなりそうだ。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る