パソコンとスマホの基本ワザ
いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ

ファイル検索が上手くいかないときはインデックスを再構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方や、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。第51回は、Windowsパソコンでファイル検索が上手くいかない場合の解決法を紹介します。

ファイル検索が上手くいかない、時間がかかる、そんなときは?

Windows 10パソコンで、タスクバーにある検索ボックスにキーワードを入力して検索してもなかなか検索結果が表示されない。フォルダーを開くとWindows 10が固まったような状態になり、ファイルのアイコンが正しく表示されて操作できるようになるまで時間がかかる。こうした動作のおかしさが気になったら、インデックスのトラブルを疑ってみよう。

インデックスは、ファイルの場所、名前、タグなどの情報を格納したデータで、Windowsではこれを使って検索を高速化している。このインデックスに異常があると、検索結果がおかしいなどのトラブルにつながるのだ。

インデックスの再構築は「コントロールパネル」にある「インデックスのオプション」で行う。コントロールパネルは、スタートメニューの「Windowsシステムツール」の中にある。

インデックスを再構築しても検索の動作がおかしい場合は、コントロールパネルでインデックスのオプションを開いたら、そこから「検索とインデックス作成のトラブルシューティング」を起動して実行してみよう。

スタートメニューを開いたら、「Windowsシステムツール」の中にある「コントロールパネル」をクリックする

スタートメニューを開いたら、「Windowsシステムツール」の中にある「コントロールパネル」をクリックする

「コントロールパネル」を開いたら、右上の「カテゴリ」→「小さいアイコン」の順にクリックして表示を切り替える

コントロールパネルの表示が小さいアイコンに切り替わったら、「インデックスのオプション」を開く

コントロールパネルの表示が小さいアイコンに切り替わったら、「インデックスのオプション」を開く

「インデックスのオプション」が開いたら、「詳細設定」をクリックする

「インデックスのオプション」が開いたら、「詳細設定」をクリックする

表示が切り替わったら、「トラブルシューティング」の部分にある「再構築」をクリックする

表示が切り替わったら、「トラブルシューティング」の部分にある「再構築」をクリックする

インデックスの再構築が開始される。パソコンによってはある程度時間がかかるので、その場合は終了するまで待つ。進行具合はダイアログ上部に表示される

再構築が終わると、ダイアログ上部に「インデックスの作成は完了しました」と表示される

再構築が終わると、ダイアログ上部に「インデックスの作成は完了しました」と表示される

湯浅英夫

湯浅英夫

音楽、プラモ、鉄道、アニメ、腰痛など趣味の多い元ジャズミュージシャンライター。日経BP社、マイナビなど各社でIT・ネット関連を中心に執筆中。愛用の2in1ノートの画面にヒビが入ってタッチパネルが使えなくなってしまったのが最近の出来事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る