新製品レポート
スマホアプリで一元管理できるなど、Googleらしいシンプルさがウリ

高速なWi-Fi環境を簡単に構築できるGoogle謹製の小型Wi-Fiルーター「Google Wifi」がついに発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは2018年4月25日、円筒形のコンパクトなボディを採用した家庭向けの小型Wi-Fiルーター「Google Wifi」を4月26日より日本国内で発売すると発表した。価格は単体が15,000円(税別)、3台セットが39,000円となっている。

Google「Google Wifi」 3個セットもラインアップされる

なぜインターネット企業のGoogleがWi-Fiルーターの開発に至ったのか?

スマートフォンやタブレットだけでなく、テレビやゲーム機、スピーカーまでネットワークにつながるようになった昨今、自宅でのネットワーク環境において、Wi-Fiはいまや必須と呼べるくらい普及している。そんなWi-Fi環境だが、Googleが独自に家庭でのWi-Fi環境を調査したところ、設置場所の問題や通信速度の遅さ、Wi-Fiカバーエリアの狭さ、ネットワーク管理などの設定の煩雑さといった部分でユーザーの不満が高いことがわかった。さらにWi-Fiルーターの調査を進めたところ、ユーザーが抱えるこれらの不満を解決できるような満足度の高いWi-Fiルーターが市場にほとんどなかったため、より高速に簡単に使えるWi-FiルーターとしてGoogle Wifiの開発にいたったのだという。

Gooogle自らユーザーのWi-Fi環境を独自に調査した結果、Googleが手がける各種インターネットサービスのユーザーエクスペリエンスを高めるためにはWi-Fi環境の整備も不可欠という結論に至り、Google Wifiの開発がはじまったのだという

Wi-Fiルーターとは思えない円筒形のコンパクトなボディを採用したのは、電波を飛ばす上で障害物の少ない目立つ場所においても違和感なく設置できるようにするためだそう。円筒形のボディの上半分には、電波をより強力で広範囲に広げる増幅器と長距離アンテナを等間隔に配置し、360°全方位に安定した電波を届けるように工夫するなど、内部のハードウェア設計にもこだわっているという。

アンテナや増幅器の配置を工夫し、アンテナのないコンパクトなボディでも広範囲で安定した接続か可能なWi-Fiエリアの構築ができるようにしたという

Wi-Fiルーターの不満点として上がっていた通信速度部分については、独自のNetwork Assist技術を使い、空いているチャンネルに自動で切り替えたり、最適な通信帯域(2.4GHz帯/5GHz帯)を自動選択するなどして、より高速な通信速度を確保できるような工夫を盛り込んだという。

空いているチャンネルに自動で切り替えることで、より高速かつ安定したWi-Fi接続を実現

空いているチャンネルに自動で切り替えることで、より高速かつ安定したWi-Fi接続を実現

電波強度によって2.4GHz帯/5GHz帯の切り替えをシームレスに行う技術も取り入れた

電波強度によって2.4GHz帯/5GHz帯の切り替えをシームレスに行う技術も取り入れた

Wi-Fiカバーエリアに関しては、アンテナ配置の工夫などで一般的な家庭であれば1台のGoogle Wifiで家の大部分をカバーできるものの、壁が多い家や広い庭のある家などでWi-Fiカバーエリアを簡単に広げることができるように、複数のGoogle Wifiを連携して動作させることができるメッシュ機能も搭載された。なお、Google Wifiのメッシュ機能は独自仕様となっているようで、IEEE802.11sを採用した他社のメッシュ機能搭載Wi-Fiルーターとの連携はできないということだ。

複数のGoogle Wifiを連携させ、電波の弱いエリアを補完するメッシュ機能

複数のGoogle Wifiを連携させ、電波の弱いエリアを補完するメッシュ機能

メッシュ機能を使った場合は、Wi-Fiの接続強度から最適なGoogle Wifiを選ぶようになるという

メッシュ機能を使った場合は、Wi-Fiの接続強度から最適なGoogle Wifiを選ぶようになるという

セットアップには専用アプリ「Google Wifiアプリ」を使用。初回設定はわずか3ステップで完了

発表会に登壇した同社ハードウェア プロダクトマネージャーのアレック・スキング氏が、Google Wifiのウリのひとつとしてあげたのが、設定のスマートさだ。Google Wifiを購入してすぐに使用できるように、Google Wifiの初回セットアップは、「@専用アプリをダウンロード」、「A電源とモデムに接続」、「Bネットワークに接続してアプリ経由でセットアップを行う」というわずか3ステップで完了するようにしたという。

同社ハードウェア プロダクトマネージャーのアレック・スキング氏

同社ハードウェア プロダクトマネージャーのアレック・スキング氏

3ステップで接続が完了できるなど、シンプルな設定がGoogle Wifiの大きな特徴

3ステップで接続が完了できるなど、シンプルな設定がGoogle Wifiの大きな特徴

また、ネットワーク管理などの設定の煩雑さを解決するために、Google Wifiアプリにこれらの機能も内包。Google Wifiに接続されている端末のリアルタイム情報や、端末ごとにWi-Fi利用時間を管理するスケジュール機能、メッシュ機能で複数のGoogle Wifiを連携した際のポイント間の接続品質やモバイル端末へのWi-Fi強度といったネットワークチェック機能などを、グラフィカルなUIを採用した専用アプリだけで一元管理できるようになっている。ちなみに、アプリはiOSとAndroidの両方に対応。モバイル回線経由でも利用することができ、外出先から自宅に設置したGoogle Wifiの状況をリアルタイムにモニタリング・管理することも可能となっている。

Google Wifiアプリを立ち上げたところ

Google Wifiアプリを立ち上げたところ

ネットワークに参加しているGoogle Wifiの数や接続中のクライアント端末のリアルタイム情報を視覚化

ネットワークに参加しているGoogle Wifiの数や接続中のクライアント端末のリアルタイム情報を視覚化

ネットワークチェック機能を使えば、Google Wifiを連携した際のポイント間の接続品質やモバイル端末へのWi-Fi強度などを確認できる

スケジュール機能では、端末ごとにWi-Fiを利用できる時間をコントロールできる

スケジュール機能では、端末ごとにWi-Fiを利用できる時間をコントロールできる

主な仕様は、無線LANがIEEE802.11a/b/g/n/ac、5GHz帯/2.4GHz帯のデュアルバンド対応で、最大通信速度は5GHzで866Mbps。モデム接続用のギガビットWANと有線接続用のギガビットLANも備える。電源ポートはUSB Type-C形状で、専用アダプターも付属する。本体サイズは106.1(直径)×68.7(高さ)mmで、重量は約340gだ。

電源ポートやギガビットWAN/LANはGoogle Wifiの底面部分に設けられており、設置した際にケーブルが見えにくいように配慮されている

専用のACアダプター

専用のACアダプター

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る