新製品レポート
HUAWEI Mate 10 Proも登場!

「Xperia XZ2」や「AQUOS R2」など、ソフトバンクが2018年夏スマホ6製品を発表

ソフトバンクは、2018年5月10日、今夏の新製品となるスマートフォン6製品を発表した。すでに製品としては発表されている、ソニー「Xperia XZ2」やシャープ「AQUOS R2」が、他キャリアに先駆けて発表されたほか、新にファーウェイ製の端末もラインアップに加わった。各機種の概要を解説しよう。

ファーウェイのハイエンドモデルが登場!
ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 Pro」

2017年末に登場した、ファーウェイのハイエンドスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」が、ソフトバンクよりキャリア版モデルとして発売される。1080×2160のフルHD+表示に対応する約6インチの有機ELディスプレイや、AIシステムを搭載するファーウェイ独自開発のSoC「KIRIN 970」をはじめ、6GBの大容量RAM、128GBのストレージ、ライカ製レンズを備えたダブルレンズ仕様のメインカメラなど、ハードウェア的に基本的にSIMフリー版から変更はないが、SIMカードスロットが1基になっている。カラーバリエーションはミッドナイトブルー、チタニウムグレーの2色。発売は5月18日だ。

画面サイズ(解像度):約6.0インチ(1080×2160、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約75×154×7.9mm
重量:約178g
防水/防塵:○(IPX5/7)/○(IP6X)
CPU:Kirin 970(2.36GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:6GB
ストレージ容量:128GB
増設用メモリーカードスロット:なし
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:約2,000万画素×1、約1,200万画素×1
サブカメラ:約800万画素
バッテリー容量:4,000mAh
USBポート:USB Type-C

なめらかな曲面デザインと縦長ディスプレイでイメージ一新
ソニー「Xperia XZ2」

国内市場では、Androidスマートフォンの定番となっているXperiaシリーズ。その最新モデルである「Xperia XZ2」がいち早くソフトバンクから発表された。背面にふくらみを持たせた曲線的な新デザイン「アンビエントフロー」や、縦横比18:9の縦長ディスプレイを採用することで、今までのイメージを覆す新しいシルエットとデザインとなった。

ボディは、サイズが約72(幅)×153(高さ)×11.1(厚さ)mmで、重量約198g。1080×2160のフルHD+表示に対応した縦横比18:9の約5.7インチ液晶ディスプレイを搭載している。SoCは、「Snapdragon 845(2.8GHz×4+1.8GHz×4)」で、4GBのRAMと、64GBのストレージ、400GBまで動作確認済みのmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 8.0。「Snapdragon 845」は、「Xperia XZ1」などで使われていた「Snapdragon 835」よりも、2〜3割程度の速度向上を果たしており、今期のハイエンドスマートフォンの多くで採用される。カラーバリエーションは、リキッドシルバー、リキッドブラック、ディープグリーンの3色。5月下旬以降の発売を予定している。

画面サイズ(解像度):約5.7インチ(1080×2160)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約72×153×11.1mm
重量:約198g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.8GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大400GBまで対応)
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/搭載
メインカメラ:約1,920万画素
サブカメラ:約500万画素
バッテリー容量:3,060mAh
USBポート:USB Type-C

動画/静止画を別々に撮れるダブルレンズカメラなどを搭載
シャープ「AQUOS R2」

シャープより発表されたばかりの「AQUOS R2」が、まずはソフトバンクから登場。シャープ独自のIGZO液晶は、画面サイズが従来の約5.3インチから、縦長の6.0インチに大きく拡大。解像度も、1440×3040(ディスプレイを完全な長方形とみなした場合の値)のWQHD+表示に対応など、大幅に進化している。このディスプレイは、四隅を丸め、フロントカメラ部分も半円状にくりぬいたフリーフォーム液晶だ。なお、倍速駆動が特徴だった「AQUOS R」よりもさらに応答速度が約25%向上しており、残像を抑えた表示とスムーズな操作性を実現している。

Xperia XZ2と同じく、最新のSoC「Snapdragon 845(2.6GHz×4+1.7GHz×4)」を搭載し、4GBのRAMと64GBのストレージ、400GBまで動作確認の取れたmicroSDメモリーカードスロットを組み合わせる。ただ、Xperia XZ2よりも動作クロックの上限値が抑えられている。OSは、Android 8.0だ。

また、本機はAQUOSシリーズでは初となるダブルレンズ仕様のメインカメラを採用しているが、そのカメラの機能の使い分けがユニーク。1基は静止画専用、もう1基は動画専用となっており、動画撮影中に、フル解像度の静止画撮影も行える。カラーバリエーションは、ローズレッド、プレミアムブラック、プラチナホワイトの3色。6月上旬以降に発売される。

画面サイズ(解像度):約6.0インチ(1440×3040、フリーフォームIGZO液晶)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約74×156×9.0mm
重量:約181g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.6GHz×4+1.7GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大400GBまで対応)
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/搭載
メインカメラ:約2,260万画素×1(静止画用)、約1,630万画素(動画用)×1
サブカメラ:約1,630万画素
バッテリー容量:3,130mAh
USBポート:USB Type-C

SIMフリー機で人気の高コスパモデルがキャリア版として登場
ファーウェイ「HUAWEI nova lite 2」

上記の「Mate 10 Pro」とともに発表されたファーウェイのエントリー向けスマートフォン。こちらも、SIMフリー版がすでに発売されており、コストパフォーマンスの高さで人気の製品だ。ハードウェアはSIMフリー版から大きな変更はなく、約72(幅)×150(高さ)×7.5(厚さ)mmで、重量約143gのボディに、1080×2160のフルHD+表示に対応した約5.7インチの縦長液晶ディスプレイを備える。SoCは「Kirin 659」で、3GBのRAMと32GBのストレージ、最大256GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードを組み合わせる。OSは、Android 8.0だ。

ダブルレンズ仕様のメインカメラは、約1,300万画素と約200万画素のイメージセンサーの組み合わせにより、写体の背景をぼかしたり、明るく鮮明な写真を撮影したりすることが可能。カラーバリエーションは、ゴールド、ブルー、ブラックの3色。7月上旬以降の発売予定だ。

サイズ(解像度):約5.7インチ(1080×2160)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約72×150×7.5mm
重量:約143g
防水/防塵:×/×
CPU:Kirin 659(2.26GHz×4+1.7GHz×4)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GBまで対応)
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1,300万画素×1、約200万画素×1
サブカメラ:約830万画素
バッテリー容量:3,000mAh
USBポート:microUSB

ケータイから乗り換えるスマホビギナー向けに使いやすさを追求
京セラ「DIGNO J」

サイズが、約72(幅)×145(高さ)×8.4(厚さ)mmで、重量は約130gという軽量ボディに、1080×1920表示に対応した約5インチの液晶ディスプレイを搭載するエントリーモデル。エントリー向けのSoC「Snadragon 430」と、3GBのRAM、32GBのストレージを組み合わせる。OSは、Android 8.1だ。本機に備わるホーム画面「かんたんビギナーホーム」は、よく使う機能のショートカットを大きなアイコンで表示できるほか、従来の携帯電話に近い操作性の文字入力モード「ケータイ入力」を備えるなど、スマホビギナー向けのわかりやすい操作性が特徴だ。

液晶パネルの強化ガラス上にさらにアクリルパネルを貼り付けた京セラ独自の「ハイブリッドシールド」を搭載。米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性能もクリアしている。カラーバリエーションは、アクアブルー、チャコールブラック、パールホワイトの3色。7月上旬以降の発売予定。

画面サイズ(解像度):約5.0インチ(1080×1920)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約72×145×8.4mm
重量:約130g
防水/防塵:○(IPX5/7)/○(IP5X)
CPU:Snapdragon 430(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GBまで対応)
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1,300万画素
サブカメラ:約500万画素
バッテリー容量:2,600mAh
USBポート:USB Type-C

音声検索専用ボタンを備える4世代目のシニア向けスマホ
シャープ「シンプルスマホ4」

シニア向けスマートフォン「シンプルスマホ」の4世代目モデル。720×1280のHD表示に対応する約5インチのIGZO液晶を搭載。外光の反射を抑えるインセル構造を採用するなどさらに視認性を高めたほか、ホーム画面のデザインを洗練させることで、操作性も高めている。また、ボディ側面に音声検索専用のボタンを搭載し、道案内や乗り換え案内などの音声検索がすばやく使えるようになった。

ボディは、米国国防省制定のMIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能を備えるほか、IPX5/8等級の防水仕様や、IP6X等級の防塵仕様に対応している。また、充電を繰り返してもバッテリーが劣化しにくい「インテリジェントチャージ」機能を備えており、バッテリーの交換サイクルを抑えることができる。ボディカラーは、シャンパンシルバー、ネイビー、ピンクの3色。7月下旬以降の発売予定だ。

画面サイズ(解像度):約5.0インチ(720×1280)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約71×143×9.4mm
重量:約150g
防水/防塵:○(IPX5/7)/○(IP5X)
CPU:Snapdragon 430(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大400GBまで対応)
OS:Android 8.0
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/非搭載
メインカメラ:約1,310万画素
サブカメラ:約500万画素
バッテリー容量:2,800mAh
USBポート:USB Type-C

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る