新製品レポート
ミドルクラスの「moto g6 plus/g6」は縦長ディスプレイに

モトローラの次の一手は価格! 18,500円(税別)の格安スマホ「moto e5」を発売

左が日本初投入の「moto e5」、右が主力機種の新モデル「moto g6 plus」

左が日本初投入の「moto e5」、右が主力機種の新モデル「moto g6 plus」

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)をいち早く国内市場に導入し、拡張モジュール「Moto Mods」という独自機能に力を入れてきたモトローラ・モビリティ・ジャパン。そんな同社の次の一手は“価格”だ。税込みでも2万円を切る新型スマートフォン「moto e5」を6月8日に発売する。

約2万円で機能充実! 「moto e5」

moto e5は、5.7型の液晶ディスプレイを搭載するSIMフリーのAndroidスマートフォン。同社の直販サイト「motoストア」での価格は18,500円(税別、以下同)で、税込みでも2万円を切る安さを実現している。エントリーという位置づけのモデルだが、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイや指紋認証センサー、4000mAhの大容量バッテリーなどを搭載する。

2枚のSIMカードが使えるDSDSにも対応。SIMスロットとは別にmicroSDメモリーカードスロット(最大128GB)を備えており、2枚のSIMカードとmicroSDメモリーカードを同時に利用できる。

最近のトレンドである縦長ディスプレイを搭載するmoto e5。画面サイズは5.7型で解像度は720×1440(283ppi)

最近のトレンドである縦長ディスプレイを搭載するmoto e5。画面サイズは5.7型で解像度は720×1440(283ppi)

カラーは「フラッシュグレー」(左)と「ファインゴールド」(右)の2色

カラーは「フラッシュグレー」(左)と「ファインゴールド」(右)の2色

ただ、NFCを搭載せず、無線LANが5GHz帯に対応しないなど、上位モデルと比べて省かれている機能もある。ボディも樹脂製だ。カメラは、アウトカメラが1300万画素(F2.0)、インカメラが500万画素(F2.2)。デュアルカメラではないものの、後述する「moto g6 plus」や「moto g6」と同じ、「フェイスフィルター」(めがねや動物の耳などを写真に装飾できる機能)や顔認証ロック解除、深度効果、タイムラプス、物体認証、ランドマーク認証といった機能は盛り込まれている。

本体背面は樹脂素材だが、金属調の塗装が施されており、安っぽさは感じられない。Mのロゴ部分が指紋認証センサー

主なスペックはCPUが「Snapdragon 425」(1.4GHz×4)、メモリーが2GB、ストレージが16GB。ディスプレイはIPS液晶で解像度は720×1440(283ppi)。対応バンドは、4GがB1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41、3GがB1/2/5/8/19(B6含む)、2Gが850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz。外部インターフェイスにはmicroUSBポートとイヤホン/マイクジャックを備える。本体サイズは約72.2(幅)×154.4(高さ)×8.9(厚さ)mm、重量は約173g。

ファーウェイやASUSなど、2万円台前半のモデルは価格.comで人気が高く、ランキングでも常に上位に入っている。価格帯の近いmoto e5も人気モデルとなれるか注目だ。

縦長ディスプレイを搭載した「moto g6 plus」「moto g6」

また、ミドルクラスの主力機種「moto gシリーズ」の第6世代となる、「moto g6 plus」と「moto g6」も6月8日に発売する。motoストアでの価格はmoto g6 plusが38,800円、moto g6が28,800円。

moto g6 plus/g6は、機能と価格のバランスがとれたミドルクラスのスマートフォン。18:9の縦長ディスプレイやデュアルカメラ、3Dデプスセンサーによるぼかし効果など、最新のトレンド機能を盛り込みつつ、手ごろな価格を実現している。

左が5.7型のmoto g6、右が5.9型のmoto g6 plus

左が5.7型のmoto g6、右が5.9型のmoto g6 plus

moto g6 plusは5.9型(1080×2160、407ppi)のIPS液晶ディスプレイを搭載する大画面モデル。本体背面には3Dガラスを使っており、高級感のある仕上がりだ。アウトカメラは1200万画素+500万画素のデュアルカメラ。F1.7の明るいレンズにより暗い場所でも、明るく鮮やかな写真を撮影できるという。4K(30fps)動画の撮影も可能。バーコード/QRコードリーダー機能や、撮影したものの情報を取得できる物体認証やランドマーク認証などの機能も備える。インカメラは1600万画素(F2.2)で、LEDフラッシュ付き。

DSDSにも対応し、SIMカードスロットとは別にmicroSDメモリーカードスロット(最大128GB)も備える。主なスペックはCPUが「Snapdragon 630」(2.2GHz×8)、メモリーが4GB、ストレージが64GB。対応バンドは、4GがB1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41、3GがB1/2/5/8/19(B6含む)、2Gが850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、NFCなどに対応する。

2枚のSIMカードと同時にmicroSDメモリーカードを利用できる。前モデルでは排他利用だったので、使い勝手が改善されている

外部インターフェイスはUSB Type-Cポート、イヤホン/マイクジャックを搭載。バッテリー容量は3200mAh。本体サイズは約75.5(幅)×159.9(高さ)×8.1(厚さ)mm、重量が約165g。

いっぽうのmoto g6は5.7型(1080×2160、424ppi)のIPS液晶ディスプレイを搭載するコンパクトなモデル。moto g6 plusと同じ、1200万画素と500万画素のデュアルカメラを備えるが、レンズがF2.0と少しだけ暗い。そのほかの機能はほぼ同じだ。

対応バンドは4GがB1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41、3GがB1/2/5/8/19(B6含む)、2Gが850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、NFCなどに対応する。
外部インターフェイスはUSB Type-Cポート、イヤホン/マイクジャックなどを備える。バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは約72.3(幅)×153.8(高さ)×8.3(厚さ)mm、重量が約162.5g。

カラーはどちらも「ディープインディゴ」。3Dガラスを使った背面は光沢がある仕上がり

カラーはどちらも「ディープインディゴ」。3Dガラスを使った背面は光沢がある仕上がり

moto g6 plus/g6は、デュアルカメラを搭載する(右がmoto g6 plus、左がmoto e5)

moto g6 plus/g6は、デュアルカメラを搭載する(右がmoto g6 plus、左がmoto e5)

moto g6 plus/g6、moto e5はMVNO各社からも順次発売される

moto g6 plus/g6、moto e5はMVNO各社からも順次発売される

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る