新製品レポート
4分割両面テープで剥がれにくくなった

スマホで鍵を開け閉め! 新「Qrio Lock」はハンズフリー&オートロック機能付き

このエントリーをはてなブックマークに追加

Qrioは2018年7月5日、スマートフォン(スマホ)でドアの施錠、解錠ができるスマートロック「Qrio Smart Lock」の新モデルとして、「Qrio Lock」を7月19日に発売すると発表した。新機能として、スマホで操作せずに、近づくだけで解錠し、ドアが閉まれば自動で施錠する機能を搭載し、よりスマートに鍵の開け閉めができるようになった。直販価格は23,000円(税別)。

新モデルはマットブラックのオーバル形状(前モデルはシルバー)。つまみには金属を採用し、重厚感のあるデザインとなっている

スマホを操作せずに解錠、オートロック機能も

最近は、テレビや扇風機、エアコンなどあらゆる機器がスマホで操作できるようになっている。家の鍵もスマホで操作できるのがQrio Lockだ。初代モデルは2015年8月に発売され、Amazon.co.jpの「スマートロック製品」で売り上げ1位を獲得するほどの人気モデルとなっている。

3年ぶりに登場した新モデルのQrio Lockには、スマホを使わないで解錠できる「ハンズフリー解錠」機能が追加された。スマホを持ってドアに近づくだけで解錠できるので、カギやスマホを取り出さずに済むのがメリットだ。GPSとビーコン機能を活用しており、一度、ドアから100m離れないと、解錠されない仕組みとなっており、家にいるときに誤って解錠される心配はない。マグネットセンサーを扉の枠に取り付け、開閉を検知して自動で施錠する「オートロック」機能も搭載。これにより、施錠し忘れを防げる。

ハンズフリー解錠は、荷物が多いときなど、鍵やスマホを取り出さずに済む便利な機能だ

ハンズフリー解錠は、荷物が多いときなど、鍵やスマホを取り出さずに済む便利な機能だ

Qrio Lockの右の小さな黒い機器がマグネットセンサー

Qrio Lockの右の小さな黒い機器がマグネットセンサー

4分割の両面テープで落ちにくく

前モデルからスマートロックとしての基本性能も向上している。まず、アプリ操作から施錠、解錠までの時間を1/8に短縮。通信距離が3倍になり、安定した通信が可能となっている。また、最近増えている2つの鍵を備えるドア用に、2つのQrio Lockを同時に動作させることもできるようになった。

付属のパーツで、取り付け可能なサムターン(錠の開け閉めを行うために使う金具)も増加。ドア付きタイプや両付き箱錠タイプのほか、プッシュブルタイプなどへも取り付けられるようになった。本体は約10%の低背化により、ドアと干渉しにくくなっている。

前モデルと同様、設置は付属の両面テープで貼り付けるだけで工事は不要。前モデルでは、両面テープが剥がれてQrio Smart Lockが取れるという声があったが、新モデルでは両面テープが4分割されており、貼り付けるときに空気が入るのを防いで剥がれにくくしているという。

また、スマホのアプリも2ボタン(施錠、解錠)から、1ボタン(施錠、解錠を兼用)に変更し、よりシンプルで直感的な操作となった。

上部の光沢のある部分が両面テープを貼り付ける部分

上部の光沢のある部分が両面テープを貼り付ける部分

左が前モデル、右が新モデルの両面テープ。わかりにくいが、新モデルの両面テープは4分割されている

左が前モデル、右が新モデルの両面テープ。写真ではわかりにくいが、新モデルの両面テープは4分割されている

左が前モデルのQrio Smart Lock、右が新モデルのQrio Lock。本体は軽量化されており、これが落下防止にもつながっている

解錠、施錠を1ボタン化したアプリ。前モデルと新モデルでは違うアプリを使うので、前モデルは2ボタンのまま。サポートは継続して行われる

スマホを持ってない家族用に「Qrio Key」を用意

スマホでの解錠、施錠や、合鍵の発行、施錠、解錠操作の履歴表示などは、前モデルから継承する。オプションの「Qrio Hub」と組み合わせることで遠隔操作ができるのも同じだ。

新しいオプションとして「Qrio Key」というリモコンキーを8月16日に発売する。メーカー直販価格は4,500円。スマホなしでもドアの施錠、解錠ができる機器で、スマホを持っていない家族用として発売する。メインターゲットは子どもとなる。

Qrio Keyは、スマホから鍵の権限をリセットして無効にすることができるので、万一、紛失しても、拾得者が自宅に侵入するというリスクを抑えられる。子どもに持たせる鍵としてはうれしい機能を備えている。

スマホを持っていない子どもでもQrio Lockの利便性を享受できるQrio Key。紛失しても無効化できるので、鍵を丸ごと交換するといった面倒な作業が発生しないのがありがたい

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る