特集
格安航空券探しからオフライン地図、為替計算まで!

海外旅行に必携のおすすめアプリ15選 ! これだけスマホに入れたら安心

「飛行機のチケットはどこで買うと安い?」「インターネットにつながらない場所でも地図アプリは使えるの?」「両替時の計算がめんどうだし、だまされないか心配」。海外旅行でありがちな疑問や不安はスマホアプリで解決しましょう! 

バックパッカーとして50以上カ国以上を旅し、現在も取材で世界を飛び回る筆者が、出発前の準備や現地での移動などに役立つアプリを厳選してご紹介します。これから海外旅行に行くご予定のある方は、ぜひ、最後までじっくりとご覧ください!

海外旅行に役立つアプリを熟練トラベラーが厳選

海外旅行に役立つアプリを熟練トラベラーが厳選

目次
・準備編:海外旅行の計画時に使いたいアプリ
機内編:飛行機の中で楽しむアプリ
・現地編:旅行先に到着してから役立つアプリ

海外旅行の事前準備におすすめのアプリ

なにかとバタバタしがちな旅行前。しかし、ここでの準備と段取りが、旅の快適さや安全に大きく関わるからこそ手は抜けません。まとめてやろうとするとなかなか手がつかず、結局出発前日に徹夜……なんてことにならないように、アプリを賢く活用して、スキマ時間に準備を進めておきましょう!

1:旅行先の治安や衛生状態を知るのに便利な「外務省 海外安全アプリ」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

外務省が提供する安全情報をまとめてチェックできる

外務省が提供する安全情報をまとめてチェックできる

旅行先の安全情報を収集したいなら、まずアクセスするべきはこのアプリ。該当する国や地域に関する4段階の危険レベル評価や感染症、天候などにともなうリスク、過去に起こった事件や事故の情報などをまとめてチェックできます。

また、旅行先を決める前に目を通して、事前にリスクが高い場所には行かないという判断をするためにも使えるので、行き先を決める前に一度は目を通しておくのがおすすめです。

iOS
Android

ちなみに、予防接種や注意するべき感染症の情報については「厚生労働省の検疫局のWebサイト」にも情報があるので、そちらも要チェックです。

2:格安航空券を素早く見つけ出せる「Skyscanner 格安航空券検索」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

横断検索で最安航空券を見つけよう

横断検索で最安航空券を見つけよう

出発地、行き先、日程を入力すると該当する航空券の一覧が見られます。値段のほかにも、「所要時間」や「帰りの出発時間が遅い」などの順に並べることもできるので、目的に合うチケットをスムーズに探し出せます。

また、入力した日付の前後のチケットの値段をグラフで見られるため、「あと1日出発日をずらせば1万円安くなる!」といったことがスグにわかるのもポイント。たった1日日付けを変えるだけでチケットの値段が大きく変わることがあるので、このグラフ機能はマストチェックです。

iOS
Android

3:安い宿や変わった部屋に泊まりたいなら「Airbnb」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

191以上の国と地域にある約400万件の宿泊場所の検索、予約、支払いができる「Airbnb」

191以上の国と地域にある約400万件の宿泊場所の検索、予約、支払いができる「Airbnb」

一般的なホテルを探す場合はホテル比較サイトで十分ですが、通称“エアビー”と呼ばれるこのサービス(アプリ)を使うことで、個人の家に泊まる「民泊」をサービスする宿を探せます。民泊することで、格安の値段で泊まれるほか、現地の文化に触れられるといったメリットもあります。

いっぽうで、国や地域によっては法律や条例に違反する恐れのある宿泊施設、いわゆる「ヤミ物件」が掲載されていることや、宿泊者が事件に巻き込まれたケースもあるため要注意。トラブルを避けるために、ホストや旅行者のレビューをしっかり調べてください。一般的なホテルに泊まるよりリスクが高いことを認識したうえでもなお、金額面や体験のユニークさにメリットを見い出せるのであれば、利用する価値があるアプリです。

iOS
Android

実際に香港でAirbnbを使用してみたレポート動画 がありますので、ぜひ、ご覧ください。「オシャレな部屋に安く泊まれるぞ!」と思って行ってみたら、意外な場所に……というケースもあり得るという参考にしていただければ幸いです。

4:現地で本当においしいレストランを探すのに役立つ「Yelp」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

場所やジャンルを指定して、レストランやカフェのクチコミが探せる

場所やジャンルを指定して、レストランやカフェのクチコミが探せる

「パリで朝食が食べたい」「ポートランドでコーヒーが飲みたい」など、現地のレストラン、カフェ探しに便利なアプリが「Yelp」です。場所や価格帯はもとより、「しずか」「にぎやか」といったお店の雰囲気から「子供連れに向き、不向き」「Wi-Fiの有無」「自転車駐輪場の有無」などの細かいデータも見られます。Googleマップにもレストランのレビュー機能がありますが、クチコミ数や情報量では「Yelp」に軍配が上がります。

英語や現地の言葉で書かれたレビューは機械翻訳で日本語で閲覧でき、不完全な翻訳とは言え書いてあることの雰囲気は理解できるため、現地の生の声をチェックするのに便利。ただし、レビュワーの好みが日本人と違う場合もあるので、その点を理解して参考にしてみましょう。

iOS
Android

5:現地の言語をゲーム感覚で学べる「Duolingo」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

日本語で学べるのは英語のみですが、英語を母国語に設定すれば、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語など多数の言語を勉強できます

単語に合うカードを選ぶ、単語を選んで文章を組み立てる、といった直感的な方法で言語学習が行えるアプリ。簡単な問題から始められ、親しみやすいイラストにより初心者でも無理なく始めて続けられるのが魅力です。

最近は小型翻訳機や翻訳アプリの性能も向上していますが、やはり自分の口で話すほうが、相手に気持ちを伝えられることは間違いありません。たった1、2フレーズであっても、現地の言葉で話しかけるだけで打ち解けるキッカケになるので、旅行前には、あいさつ程度の言葉を覚えていくようにしましょう。

iOS
Android

6:「旅のしおり」でスケジュールを家族や仲間と共有

対応OS:iOS/Android
価格:無料

アプリでスケジュール表をつくって共有。他の人の旅の記録も見られます

アプリでスケジュール表をつくって共有。他の人の旅の記録も見られます

慣れた人であればマイクロソフトの「Excel」などで旅の予定表を作ってしまうかもしれませんが、家族や友人とスケジュールを手軽に共有したい場合はアプリが便利。「旅のしおり-tabiori-」を使えば、詳細な予定が直感的なタップ操作で簡単に組めて、そのままLINEやSMS、QRコードで予定を共有できます。旅仲間と共同で編集し、みんなの意見を取り入れたスケジュールを作るのに便利です。

iOS
Android

7:忘れ物をしないために「PackPoint」を活用

行き先や滞在目的、日数などに応じて自動で持ち物チェックリストを生成

行き先や滞在目的、日数などに応じて自動で持ち物チェックリストを生成

宿泊数や現地の気候に基づいて必要な服や必要数を算出してくれたり、「仕事」や「ジム」などの現地で行うことに応じて、スーツやトレーニングシューズをリストに追加してくれたりと、目的に応じた細かい設定が可能な持ち物リストです。汎用リストだけではうっかり見逃しがちな物も提案してくれ、忘れ物をしてしまう可能性を減らすのに役立ってくれます。

iOS
Android

なお、一般的な海外旅行の持ち物リストをチェックしたい場合は以下のサイトが便利です。
地球の歩き方:海外旅行の持ち物チェックリスト
H.I.S.お子様連れ海外旅行持ち物リスト

機内編:飛行機の中で楽しむアプリ

海外旅行の際に、意外と多くの時間を過ごすのが飛行機の中。成田空港から出発した場合、バンコクなら6時間、シドニーなら9時間30分、ニューヨークなら13時間前後も飛行機の中で過ごすことになるのです。この間はトラベルピローや耳栓、ノイズキャンセリング・ヘッドホンを用意して睡眠をとり体力を温存したいところですが、旅行へのワクワク感もありなかなか寝付けない場合も。その際に機内エンターテインメントで好みの映画が放映されていなかったり、そもそもLCCのためエンタメ設備がなかったり、という場合はかなり長い時間を持て余すことになります。

そんな状況に備えて、エンタメ系アプリをインストールしておきましょう。

8:ダウンロードした映画やドラマをオフラインで見る「Amazon プライム・ビデオ」

対応OS:iOS/Android
価格:無料※月額制の「Amazonプライム」に入会する必要あり

事前にダウンロードしたコンテンツの視聴にインターネット接続は不要

事前にダウンロードしたコンテンツの視聴にインターネット接続は不要

アマゾンが提供する「プライム・ビデオ」のほか、アップル「iTunes Movie」「Netflix」といった動画ストリーミング配信サービスは、コンテンツのダウンロード機能を搭載しており、事前にダウンロードしておけばインターネットに接続できない環境でもコンテンツを視聴できます。各サービスにより配信コンテンツが異なるため、「自分の見たい作品があるか」を基準に選べばOKです。

iOS
Android

現地編:旅行先に到着してから役立つアプリ

ここからは飛行機を降りて、いよいよ楽しい旅の始まり! というときに役立つアプリをご紹介します。アプリを活用して素早く情報を集めながら、安全で快適な旅を楽しみましょう。

9:買い物や両替前に最新為替レートをチェックできる「XE Currency 通貨換算ツール&為替レート計算機」

対応OS:iOS/Android
価格:無料


オフラインでも為替計算が一発で可能。値動きのグラフも見られる。

オフラインでも為替計算が一発で可能。値動きのグラフも見られる。

スマートフォンがオンラインのときに最新情報を取得しておき、インターネットにつながっていないときでも、可能な限り最新のデータに基づいて為替計算ができるアプリです。通貨の組み合わせや表示を自由に変更でき、最長10年前までさかのぼってチャート(グラフ)が見られ、「今が円高なのか、円安なのか」といった傾向を把握できます。複数の国を渡り歩き、異なる通貨を使用する場合は特に重宝するでしょう。

iOS
Android

10:オフラインでも地図が見られる「Maps.me」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

インターネットに接続できなくても経路案内が使える地図アプリ

インターネットに接続できなくても経路案内が使える地図アプリ

事前にダウンロードしておいたエリアの地図は完全オフラインで利用可能。GPSで取得したデータを元に現在位置も把握できるという地図アプリです。 GoogleMapも事前にデータをダウンロードしておくことでオフラインでの地図や現在位置の表示に対応しますが、ナビ機能(経路案内)は使用できないため、「Maps.me」のほうが便利です。

ただし、場所によっては時おり、経路検索機能が不安定になることもあるので、その点は注意してください。

iOS
Android

11:アプリで配車&支払いを済ませられる「Uber」

対応OS:iOS/Android
価格:無料※乗車には別途料金が必要

タクシー配車アプリの「Uber」

タクシー配車アプリの「Uber」

スマートフォンで乗り場と行き先を指定して、支払いまで完結できる「Uber」。もともとは「目的地が同じ運転手の車に相乗り(ライドシェア)させてもらう」という形で始まっているため、タクシーに比べて値段が安い場合が多く、配車から支払いまでアプリで全てが完結するため、慣れない言葉を話したり、現金のやり取りをしたりする必要がない点がメリットです。

iOS
Android

12:現地の言葉がまったくわからない時に役立つ「旅の指さし会話帳アプリ」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

事前にフレーズをダウンロードしておけばオフラインで利用可能

事前にフレーズをダウンロードしておけばオフラインで利用可能

起動するとシチュエーションごとに使用頻度が多いフレーズが表示されるだけのシンプルなアプリ。「日本語、現地言語表記、現地言語でのカタカナ表記」が書かれているので、日本語を見ながら伝えたい内容を指差すだけで、意思疎通がはかれます。

翻訳アプリを使用すると、日本独自の言い回しをしてしまい混乱をまねくことがありますが、指差しアプリの場合はお互いに「これしか選択肢がない」という状況の中でやりとりをするシンプルさが強みです。

なお、対応言語と地域はかなり広く、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、中東などがあります。また、各地域の基本的なフレーズのみを収録した簡易版は無料でダウンロード可能。簡易版以上の情報を含む有料版は840円(税込)〜となっています。

iOS
Android

13:旅の写真をオシャレに残す加工アプリ「Snapseed」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

フィルターやエフェクトの種類が豊富で効きが強いのが特徴。加工前(左)と加工後(右)をくらべると、その性能がおわかりいただけるはず

29種類のツールとフィルターを備え、JPGとRAW形式ファイルの加工に対応。このアプリを開発した会社はGoogleに買収されており、その性能の高さはお墨付き。繊細な編集だけでなく、エフェクトを強くかけても破綻せずに、いい意味でドギツイ仕上がりが魅力なので、Instagramの標準加工機能の一歩上を行きたい方に向いています。

iOS
Android

14:深い眠りで旅の疲れを癒やす「Binaural(β)」

対応OS:iOS
価格:無料

シンプルなUIで眠りや集中を妨げない

シンプルなUIで眠りや集中を妨げない

深い睡眠やリラックス状態に導くという音と雨音を延々と流し続けるだけのシンプルなアプリです。開発元から医学的な実験データが示されているわけではないため、万人に効果があるとは言えませんが、騒々しい場所で音楽をかける代わりに使用するとリラックスできるように感じられました。

「ホテルの部屋の外がうるさくて寝られない」「なれない土地で興奮して寝付けない」というような場合や、エンジン音が耳障りな飛行機機内でも試してみて損はないアプリです。

iOS

※Android版はありませんが、Google Playストアで「バイノーラル」「Binaural」で検索すると類似の機能をもつアプリが多数みつかるので、注意してください。

15:自分が行った国を記録できる「Been」

対応OS:iOS/Android
価格:無料

訪れた国をリストから選んで記録するだけのシンプルな機能。アメリカだけは州別に記録可能

訪れた国をリストから選んで記録するだけのシンプルな機能。アメリカだけは州別に記録可能

世界地図の中で、自分が訪れた国を色づけして記録するアプリ。たくさんの国を巡る旅に出る予定がある人は、スタンプラリー感覚で記録がつけられるので、旅行の後から見返すのに便利です。

ちなみに、バックパッカーが集まる安宿やホステルでの定番の会話と言えば「これまで行った国は?」というもの。訪問した国が増えてくると記憶があやふやになることがあるので、そんな時にこのアプリを見せれば話がはずみます。

iOS
Android

アプリを十分に利用するためにもモバイルバッテリーは忘れずに

せっかくアプリをインストールしても、スマホの電池が切れてしまっては、ただの「重り」にしかなりません。海外旅行の際には、飛行機の中や長距離の移動中などスマホのバッテリー切れリスクが高まるシチュエーションが多いので、事前にモバイルバッテリーを用意しておきましょう。以下の記事では、モバイルバッテリーの選び方や、バッテリー容量別のおすすめ製品を紹介しているので、こちらも活用してみてください。

《2018年》失敗しないモバイルバッテリーの選び方、そしておすすめ8製品

それでは皆様良い旅を!

Mr.TATE(Masahira TATE)

Mr.TATE(Masahira TATE)

世界50カ国以上を旅したバックパッカー。週間アスキー編集部などを経て、AppBankに入社。「バイヤーたてさん」として仕入れとYouTubeを活用したコンテンツコマースに取り組み、上場時は広報として企業PRを担当。現在はフリーランスで活動中。

関連記事
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る