新製品レポート
有機ELの完全円形ディスプレイを搭載

アウトドア仕様のスマートウォッチが進化! カシオ「PRO TREK Smart WSD-F30」を実機でチェック


カシオ計算機は2018年8月30日、アウトドア向けのスマートウォッチ「PRO TREK Smart」の新モデル「WSD-F30」を来年2019年1月に発売すると発表した。オフラインのカラー地図とGPSを最大3日間利用できる「エクステンドモード」を搭載し、泊まりがけのアクティビティでも、バッテリーを気にせずに使えるようになった。市場想定価格は61,000円(税別)。発売は少し先だが、一足早く実機に触れる機会を得たので、その特徴などをレポートしたい。

カラー地図とGPSを最大3日間、利用できる「エクステンドモード」

WSD-F30は、2017年発売の「WSD-F20」の後継モデル。WSD-F20は、価格.comの「プロダクトアワード2017」(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)の金賞を獲得した人気モデルだ。WSD-F20からは、同社のアウトドアウォッチのブランド「PRO TREK(プロトレック)」を冠し、アウトドア色を強く打ち出し、登山や釣、ゴルフ、スキーなどアウトドア向けスマートウォッチとして絶大な支持を得ている。

新モデルのWSD-F30も、PRO TREKブランドであり、よりアウトドアで便利な機能が盛り込まれている。それが前述のエクステンドモードだ。泊まりがけのアクティビティだと、バッテリーを気にして地図やGPSの利用を控えがちだが、エクステンドモードを使えばオフライン地図とGPSを最大3日間利用できる。同モードを有効にすると、通常はモノクロ画面で時刻とセンサー情報を表示し、ボタンを押すとカラー地図が表示される仕組み。また、あらかじめ睡眠時間などのスケジュールを入力し、睡眠時間はスタンバイ状態に切り替えるなどして消費電力を抑えているのだ。

これにより、バッテリーが気になる泊まりがけのアクティビティでも、オフライン地図上で現在地や軌跡の確認ができるようになる。細かい点だが、保存できる地図の場所が1か所から最大5か所まで増えている点も、地図を積極的に活用しているアウトドア愛好家にはありがたいはずだ。

カラーはブラック、オレンジ、ブルーの3色をラインアップ

カラーはブラック、オレンジ、ブルーの3色をラインアップ

有機ELの完全円形ディスプレイ

ディスプレイは前モデルのWSD-F20と同様、モノクロ画面とカラー画面を重ねた2層ディスプレイだが、カラー画面が液晶から有機ELに変わっている。画面サイズ(解像度)は1.32インチ(320×300)から1.2インチ(390×390)へと小さくなっているが、完全な円形となり、見た目のきれいさはアップしている。

左がWSD-F30、右がWSD-F20。有機ELらしく黒の締まった表示で視認性がアップしている。WSD-F20の画面の下にあった黒い非表示部分がなくなり、完全な円形ディスプレイを搭載。ベゼルにはナノ加工が施され、よりギア感がアップしている

WSD-F20のモノクロ画面では時刻しか表示できなかったが、高度・気圧・方位の一括表示が可能となった。さらに、スマホとの通信とカラー画面をオフにして、モノクロ画面で時刻表示のみに特化した「タイムピースモード」が「マルチタイムピースモード」となり、表示できる情報量がアップ。高度・気圧などのセンサー情報を同時に表示できるようになりつつ、電池寿命はタイムピースモードと変わらない約1か月の長さを実現した。

時刻と高度、気圧などのセンサー情報を同時に表示できるマルチタイムピースモード

時刻と高度、気圧などのセンサー情報を同時に表示できるマルチタイムピースモード

新しいウォッチフェイスの「フロンティア」

新しいウォッチフェイスの「フロンティア」

本体はわずかにサイズダウン

本体はWSD-F20と比較して、縦横ともに3.9mm小さくなり、厚さは0.4mm薄くなった。大ぶりなのは変わらないが、WSD-F20と並べてみると留め具の位置が変わっており、スマートな印象を感じる。バンドは、表面処理がより細かいものに変わっており、柔軟性も高まっている。細かい点だがバンドの穴の数も増えており、着け心地にもこだわっているのがわかる。

左がWSD-F30、右がWSD-F20。ボタンのデザイン、留め具の位置、バンドのボタンの数などが変更されている

左がWSD-F30、右がWSD-F20。ボタンのデザイン、留め具の位置、バンドのボタンの数などが変更されている

右側面

右側面

充電端子などを備える左側面

充電端子などを備える左側面

バンドの表面処理が細かくなっている。左がWSD-F30、右がWSD-F20

バンドの表面処理が細かくなっている。左がWSD-F30、右がWSD-F20

そのほかの主な使用は、防水が5気圧、耐環境性能がMIL-STD-810G準拠、耐低温が-10°。センサーは圧力(気圧/高度)、加速度、ジャイロ、方位(磁気)を搭載する。GPSはGLONASSとみちびきに対応。無線はBluetooth v4.1、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを備える。充電方式はWSD-F20と同じ、マグネット圧着式。充電時間は常温で約3時間。電池寿命は通常使用で約1.5日、マルチタイムピースモードで約1か月(GPS使用なし)。OSはGoogleの「Wear OS」を採用しており、連携できるスマホのOSはAndoid 4.4以上またはiOS 9.3以上。本体サイズは60.5(縦)×53.8(横)×14.9(厚さ)mm(本体部分)、重量は約83g(バンド含む)。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る