新製品レポート
スマホに加えて、電子ペーパー搭載超薄型ケータイも登場

NTTドコモの2018年冬・春モデル全11機種をレポート

NTTドコモは、2018年10月17日に、恒例の製品発表会を開催。スマートフォン7製品、フィーチャーフォン2製品、新サービス「ワンナンバー」用端末とモバイルWi-Fiルーターをそれぞれ1製品の合計11製品を発表した。各機種の特徴をレポートしよう。

有機ELディスプレイ搭載の新型XperiaがNTTドコモからも登場
ソニー「Xperia XZ3 SO-01L」


auやソフトバンクからも発表されているXperiaの新モデル「Xperia XZ3」のNTTドコモ版が、「SO-01L」として発売される。

ハードウェアやソフトウェアは基本的に共通。Xperiaシリーズとしては初となる有機ELディスプレイを採用することで、液晶では難しかった深みのある映像を実現している。この有機ELディスプレイはサイズが約6.0インチで、解像度も1440×2880となっており、前モデル「Xperia XZ2」のフルHD、約5.7インチと比べて、ひと回り以上大型化しつつ、解像度も向上している。また、今回発表されたスマートフォンの中ではGoogle「Pixel 3」シリーズとともに、OSにAndroid 9.0がプリインストールされている点にも注目だ。

「Xperia XZ2」で、11mm以上もある厚みが指摘されることが目立ったが、本機は最厚部が約9.9mm、側面を取り囲むフレームの最薄部が約3mmに抑えられるなど、スペック値と感触の両面での薄型化が指向されている。メインカメラは、ハードウェアはそのままだがユーザーインターフェイスが見直され、操作性が向上。このほか、ポケットから出して構える一連の動作を検出して自動で撮影モードに切り替わる機能も搭載されている。発売は11月上旬の予定だ。

黒の表現が得意な有機ELディスプレイは、コントラスト比を高めやすく、深みのある映像を表現できる

黒の表現が得意な有機ELディスプレイは、コントラスト比を高めやすく、深みのある映像を表現できる

メインカメラはシングルレンズ仕様で、イメージセンサーやレンズなどハードウェアは前モデルから変更はない

メインカメラはシングルレンズ仕様で、イメージセンサーやレンズなどハードウェアは前モデルから変更はない

画面サイズ(解像度):約6.0インチ(1440×2880、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約73×158×9.9mm
重量:約193g
防水/防塵:○(IPX6/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.8GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大400GBまで対応)
OS:Android 9.0
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/搭載
メインカメラ:約1920万画素
フロントカメラ:約1300万画素
バッテリー容量:3200mAh
電池持ち時間:約100時間
USBポート:USB Type-C

4000mAhの大容量バッテリーを搭載。リモコン機能を備えたSペンも魅力
サムスン「Galaxy Note9 SC-01L」


独自のペン入力デバイス「Sペン」を使用するサムスンの大型高性能スマートフォン「Galaxy Note9」。au版「SCV40」に続きNTTドコモ版の「SC-01L」が登場した。

伝統の大画面有機ELディスプレイは、前モデル「Galaxy Note8」の約6.3インチから、約6.4インチに大型化された。これにともないボディが少し大きくなったが、バッテリー容量も3300mAhから4000mAhへと大幅に容量アップし、実際の利用パターンに近いスマートフォンの電池持ちの指標「電池持ち時間」も、約115時間から約130時間へ、約15時間長くなった。

シリーズの特徴であるSペンは、4096段階のアナログ入力対応など基本的な機能はそのままだが、本体との接続にBluetoothを使用することになった。これにより、Sペンにあるボタンを使って、カメラのシャッターや、プレゼン資料のページ送りといったリモコンとしても利用できるようになっている。なお、Bluetooth対応となったが、Sペン側にはバッテリーは内蔵されず、電源として引き続きキャパシタ(コンデンサー)を使用しており、大型化や重量増が避けられている。

メインカメラは、有効画素数1200万画素のイメージセンサーを使ったデュアルレンズで、片方に広角レンズを、もう片方に標準レンズを組み合わせることで、光学ズームが行える。なお、広角レンズはF値を1.5と2.4で切り替えるデュアルアパチャー機能を備えている。発売は10月25日の予定だ。

2基のカメラを切り替えて光学ズームを実現するメインカメラ。指紋認証センサーの位置も、カメラの横から下に変更され、押し間違えしにくくなった

Sペンは、Bluetooth接続になったうえに、リモコンとしても使えるように機能が強化された

Sペンは、Bluetooth接続になったうえに、リモコンとしても使えるように機能が強化された

画面サイズ(解像度):約6.4インチ(1440×2960、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約76×162.0×8.8mm
重量:約201g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.8GHz×4+1.7GHz×4)
RAM容量:6GB
ストレージ容量: 128GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 8.1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
フルセグチューナー/ワンセグチューナー:搭載/搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1220万画素×2(広角×1、標準×1)
フロントカメラ:約800万画素
バッテリー容量:4000mAh
電池持ち時間:約130時間
USB:USB Type-C

画面の大型化や基本性能のアップを実現した新たなdocomo with対象機
サムスン「Galaxy Feel2 SC-02L」


2017年初夏に登場した「Galaxy Feel」の後継モデル。今回発表されたシャープ「AQUOS sense2」と富士通「らくらくスマートフォンme」とともに、月額1,500円の割引が続く、docomo withの対象機となっている。

前モデル「Galaxy Feel」は、当時のdocomo with対象機としては高性能でバッテリーの持続性にもすぐれたモデルだったが、本機の「電池持ち時間」は約140時間となっており、前モデルの約170時間には劣るものの、引き続きかなりのロングスタミナだ。また、サムスン製のSoC「Exynos 7885(S.LSI)」に4GBのRAM、32GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組みあせることで、現状のdocomo with対象ラインアップとしては最高レベルの処理性能を備えている。

ディスプレイは720×1440のHD+表示に対応する約5.6インチの有機ELディスプレイを採用。前モデルの約4.7インチから大幅なサイズアップを果たした。通信性能もダウンロード時で最大500Mbpsとなっており、docomo with対象機では最高の通信速度である。発売は11月上旬の予定。

左が本機、右が前モデル「Galaxy Feel」。大型化した画面は一目瞭然だ

左が本機、右が前モデル「Galaxy Feel」。大型化した画面は一目瞭然だ

フロントカメラの撮影サンプル、左が前モデルで右が本機。有効画素数が前モデルの約500万画素から約1600万画素へ大幅に強化されたことで緻密さが増している

画面サイズ(解像度):約5.6インチ(720×1440、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約70×149×8.4mm
重量:約168g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Exynos 7885(S.LSI)(2.2GHz×4+1.6GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 8.1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/非搭載
メインカメラ:約1600万画素
フロントカメラ:約1600万画素
バッテリー容量:3000mAh
電池持ち時間:約140時間
USBポート:USB Type-C

基本スペックを高めつつ、製品コンセプトは堅持
シャープ「AQUOS sense2 SH-01L」


「AQUOS sense2」は、好評だった前モデル、「AQUOS sense」同様のdocomo with対象モデルだ。実用十分な基本性能と、本当に必要な付加機能を厳選して搭載するという基本コンセプトは変わっておらず、縦長ディスプレイを搭載するといった変更点はあるもののデザインも共通点が多い。

基本性能では最新世代のミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 450」を搭載することで、比較して処理性能が約20%、描画性能も約30%向上している。また、IGZO液晶は開口率が向上したことで効率が高まり、最大輝度を47%向上させつつ、消費電力は21%削減されている。「連続待ち受け時間」も前モデルの約560時間から約600時間に(いずれもLTE使用時の値)、「連続通話時間」も約850分から、約1240分(いずれもVoLTE使用時の値)へ数値が向上している。なお、端末価格は前モデルより1,500円ほど値上がりし、3万円台前半になる見込み。今冬の発売を予定している。

IGZO液晶は流行の縦長になり、解像度もフルHDから1080×2160フルHD+に向上している

IGZO液晶は流行の縦長になり、解像度もフルHDから1080×2160フルHD+に向上している

メインカメラには、AQUOS Rシリーズなど上位モデルで採用されていたAIを使ったシーン認識機能を搭載されている

画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1080×2160、IGZO液晶)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約71×148×8.4mm
重量:約155g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon450(1.8GHz×8)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 8.1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:約1200万画素
フロントカメラ:約800万画素
バッテリー容量:2700mAh
電池持ち時間:計測中
USBポート:USB Type-C

文字がより大きく見やすくなった、ドコモのシニア向けスマホ
富士通「らくらくスマートフォン me F-01L」


NTTドコモのシニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン」シリーズの新モデル。前モデル「F-03K」とよく似ているが、画面サイズが約4.5インチから約4.7インチに拡大するととともに、書体を見直し、画面に表示する文字がひと回り大きくなっているのが大きなポイントだ。また、脈拍センサーを背面に搭載しており、日々の健康管理に役立てることもできる。発売は2019年春の予定だ。

背面のLEDフラッシュの下に、脈拍センサーが搭載されている

背面のLEDフラッシュの下に、脈拍センサーが搭載されている

画面サイズ(解像度):約4.7インチ(720×1280、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約70×143×9.3mm
重量:140g台
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon450(1.8GHz×8)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大400GBまで対応)
OS:Android 8.1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/非搭載
メインカメラ:約1310万画素
フロントカメラ:約500万画素
バッテリー容量:2110mAh
電池持ち時間:計測中
USBポート:USB Type-C

Nexus 5X以来3年ぶりのGoogleスマホ
Google「Pixel 3」「Pixel 3 XL」


2018年10月10日に発表された、Googleの「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」もお披露目された。NTTドコモの扱うGoogle製のスマートフォンとしては2015年に登場した「Nexus 5X」以来3年ぶりの製品である。「Pixel 3 XL」は、1440×2990のQHD+表示に対応する約6.2インチの有機ELディスプレイを搭載する大型モデル、もういっぽうの「Pixel 3」は、1080×2160のフルHD+表示に対応する約5.5インチの有機ELディスプレイを備えたミドルサイズ機だ。(ハードウェアの詳細はこちらの記事を参照

Googleが直接販売するSIMフリー版とハードウェアの違いはない。ソフトウェアについては、展示機にはNTTドコモの「dポイント」「dメニュー」「My docomo」のアイコンが確認できた。なお、Pixel 3シリーズは、発売後3年間に3回のOSのバージョンアップに加えて、毎月セキュリティパッチが配布される。OSのバージョンアップについては、Googleの配布後NTTドコモの検証を経て配布されるのでタイムラグが多少生じそうだ。また、毎月配布のセキュリティパッチは、タイミングや頻度など現在Google側と交渉中だが「SIMフリー版となるべく差がつかないようにしたい」とのこと。発売は両機種ともに11月1日の予定だ。

NTTドコモ製アプリのプリインストールは最小限に抑えられている

NTTドコモ製アプリのプリインストールは最小限に抑えられている

■Pixel 3のスペック
画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1080×2160、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約68.2×145.6×7.9mm
重量:約155
防水/防塵:○(IPX8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.5GHz×4+1.6GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:なし
OS:Android 9.0
SIMカードスロット:nanoSIM×1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1,220万画素
サブカメラ:約800万画素×2(広角レンズ×1、標準レンズ×1)
バッテリー容量:2700mAh
USB:USB Type-C

■Pixel 3 XLのスペック
画面サイズ(解像度):約6.3インチ(1440×2960、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約76.7×158.0×7.9mm
重量:約184g
防水/防塵:○(IPX8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.5GHz×4+1.6GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:128GB
増設用メモリーカードスロット:なし
OS:Android 9.0
SIMカードスロット:nanoSIM×1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1,220万画素
サブカメラ:約800万画素×2(広角レンズ×1、標準レンズ×1)
バッテリー容量:3430mAh
USB:USB Type-C

音声通話の音質が向上、クリック感のあるテンキーも搭載
シャープ「AQUOSケータイ SH-02L」


Androidをベースにしたいわゆる、ガラホ・ガラスマの新モデル。通常のVoLTEによる高音質な音声通話に加えて、SH-02L同士であればさらに音質を高めた独自の高音質モードを備えている。また、ディスプレイの画質を見やすく調節する「はっきりビュー」や、よりハッキリしたクリック感を持たせた新しいテンキーを採用するなど、細かな改良がなされている。

「はっきりビュー」をオンにすると発色のメリハリが強調され視認性が向上する

「はっきりビュー」をオンにすると発色のメリハリが強調され視認性が向上する

画面サイズ(解像度):約3.4インチ(540×960)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約51×115×17.2mm
重量:120g台
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP5X)
CPU:非公開
RAM容量:非公開
ストレージ容量:非公開
増設用メモリーカードスロット:microSDHC(最大32GBまで対応)
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:搭載/非搭載
メインカメラ:約800万画素
バッテリー容量:1680mAh
USBポート:Micro USB

電子ペーパーを採用する超薄型ケータイ
京セラ「カードケータイKY-01L」


電子ペーパーを採用する超コンパクトなケータイ。厚さはわずか5.3mmで重量は約47gに抑えられている。音声通話、SMS、Webページの閲覧などが可能だが、拡張性はなくかつてのケータイに機能は近い。契約には、音声通話に加えてSPモードやパケット通信プランの加入も必要となる。

Webページの閲覧が可能。テキスト系コンテンツなら十分実用になりそうだ

Webページの閲覧が可能。テキスト系コンテンツなら十分実用になりそうだ

画面サイズ(解像度):約2.8インチ(480×600、電子ペーパー)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約55×91×5.3mm
重量:約47g
防水/防塵:○(IPX2)/―
CPU:非公開
RAM容量:非公開
ストレージ容量:非公開
増設用メモリーカードスロット:非搭載
FeliCa:非搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:非搭載
バッテリー容量:380mAh
USBポート:Micro USB

eSIMを活用したスマホの子機
「ワンナンバーフォン ON 01」


今回の発表会でNTTドコモの披露した新サービス「ワンナンバー」に対応する端末。eSIM技術を応用してスマホの電話番号を共有する子機のように動作し、スマートフォンにかかってきた音声通話やSMSを発着信できる。親機のスマートフォン本体とは常時直接つながっているわけではないので、スマートフォンと離れた場所で使うことができ、本機だけを持ち出して外出ができる。また、親機のスマートフォンでコンテンツを閲覧しながら、音声通話も可能だ。電話帳データは、スマートフォンとBluetooth経由で共有される。ワンナンバーのサービスは月額500円で、親機になるのはAndroid 8以降のOSを搭載したNTTドコモのスマートフォンだ。発売は10月下旬の予定となっている。

5CA対応で1288Mbpsの高速通信を実現
ファーウェイ「Wi-Fi STATION HW-01L」


5波のキャリアアグリゲーションに対応することで、下りで最大1288Mbps、上りでも2波のキャリアアグリゲーションを使用して131.3Mbpsの高速データ通信を実現するモバイルWi-Fiルーター。なお、上記の高速通信は、1.7GHz帯のいわゆる東名阪バンドのエリア内で実現する。それ以外のエリアについては、下りで1038Mbps、上りで112.5Mbpsの最高通信速度となる。発売は2019年春の予定。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る