特別企画
Google対アップル頂上決戦

「Pixel 3」vs「iPhone XS」動画比較! 最強の動画撮影スマホはどっち?

2018年のスマートフォンを代表する機種と言えば、Googleの「Pixel 3/3 XL」とアップルの「iPhone XS/XS Max」ではないでしょうか。この2モデルは、モバイル向けOSの覇権を争う2大OS「Android」と「iOS」を開発する両社がフラッグシップとして市場に投入した端末です。もちろん、Android陣営にはサムスンやファーウェイなどの強力な“軍勢”が存在しますが、OSを開発・提供するGoogleが直々に販売する「Pixel」シリーズの重要度は別格と言えるでしょう。

「Pixel 3」と「iPhone XS」の動画性能を徹底比較してみました

「Pixel 3」と「iPhone XS」の動画性能を徹底比較してみました

「価格.comマガジン」では、この「Pixel 3」と「iPhone XS」をさまざまな切り口で比較していく予定ですが、今回はまずこの2台の“動画性能”にフォーカスして徹底比較してみることにしました。 Vlogger・YouTuberとしてインターネット向け映像制作を行なっている筆者が「Pixel 3」と「iPhone XS」を実際に使用した結果をレポートします!

「Pixel 3」実写サンプル

「Pixel 3」の特徴をおさらい

「Pixel 3」はプロセッサーに「Snapdragon 845」を採用し、4GBのメモリーと最大128GBのストレージ、5.5インチのディスプレイ、2915mAhのバッテリーを搭載するスマートフォンです。スペックこそ2018年後半に登場するAndroid端末としてはやや控えめであるものの、最大の強みは「Android 9 Pie」上で作動し、Googleのクラウドネットワークと連動する強力なAI「Googleアシスタント」が使える点でしょう。

英語版の「Googleアシスタント」は「電話を発信して、人間相手になめらかな通話をこなし、レストランを予約する」といった人間並みの能力を披露し、世界の度肝を抜きました。

また、標準カメラアプリの「ポートレートモード」においては、AIが被写体と背景を認識し、背景のみにボケを加えることで、まるで高級レンズを装着した一眼カメラで撮影したかのような写真が撮影可能です。ほかにも、ノイズの少ないデジタルズームや暗所撮影、HDRにもAIが利用されています。

強力なAIをいかしたボケ加工や画質補正で高い評価を得ているPixelシリーズのカメラ性能。動画撮影でもその力は発揮されるのでしょうか?

Pixel 3の動画スペック

「Pixel 3/3 XL」は背面に1220万画素のセンサーとF1.8のレンズを備え、前面には800万画素のセンサーと f/2.2のレンズを搭載。なお、この記事では日本発売(2018年11月1日)に先駆けて入手した「Pixel 3」のレビュー用端末で、動画性能のチェックを行なっています。

今回の撮影ではAndroidの標準カメラアプリを使用しました

今回の撮影ではAndroidの標準カメラアプリを使用しました

「Pixel 3」で撮影した映像はデモ機のため製品版と異なる可能性があり、ソフトウェアアップデートにより仕様が変更になる場合もありますのでご了承ください。

「Pixel 3」vs「iPhone XS」の動画スペック比較

スペックシート上の比較では「Pixel 3」より「iPhone XS」のほうが優秀。「Pixel 3」が撮影できる動画の画質とフレームレートは4K/30fpsまでですが、「iPhone XS」は4K/60fpsに対応しています。フレーム数が多いほうが動きの速い被写体を撮影した際にブレにくくなるといったメリットがあるので、スポーツ撮影や活動的なペットの撮影の際には60fps対応のほうが有利です。

また、スローモーション撮影も「Pixel 3」がフルHDの120fpsまでなのに対して、「iPhone XS」はフルHD 240fpsに対応しているため、より滑らかな映像が撮影できます。

「Pixel 3」と「iPhone XS」の動画スペックシート

「Pixel 3」と「iPhone XS」の動画スペックシート

「iPhone XS」は「Pixel 3」よりもハイフレームレートでの撮影に強い

「iPhone XS」は「Pixel 3」よりもハイフレームレートでの撮影に強い

「Pixel 3」「iPhone XS」動画対決

ここからは「Pixel 3」と「iPhone XS」で実際に撮影した映像の比較をしてみましょう。撮影は以下の写真の通り、両端末をひとつのリグに取り付けて行ないました。

なお、「iPhone XS Max」と「iPhone XS」のカメラ性能は同等で、「Pixel 3 XL」も「Pixel 3」と同等のカメラ性能であるため、この記事は「iPhone XS Max」や「Pixel 3 XL」の購入を検討されている人にも参考にしていただけると思います。

三脚撮影や手持ちズーム、逆光耐性、夜景(暗所)撮影など、合計8つの条件で比較を行ないました。なお、限られた時間でのテストのため、科学的実験のような精密さはありませんが、ひとつのサンプルとしてご覧いただければ幸いです

【動画】「Pixel 3」「iPhone XS」との比較

こちらの比較映像では、動画をカットして並べる以外は無加工で、「Pixel 3」「iPhone XS」から取り出したそのままのデータを使用しています。厳密には動画書き出しの際やYouTubeに書き出す時に圧縮がかかっていますが、ほぼ「撮ったまま」の映像と同じです。

初戦:4K/30fps撮影

まずは、日中の明るい場所に置いた三脚に固定し、メインカメラで4K/30fps動画を撮影して比べてみました。

なお、以下の画像は「動画のスクリーンショット」のため、元データの色や画質を完全に再現できませんが、YouTubeにアップロードした動画とあわせてご覧いただけば、端末ごとの傾向や特徴が把握できると思います。

「Pixel 3」はホワイトバランス補正が正確で、「白が白としてしっかり出る」傾向にあります。いっぽうで、「iPhone XS」は色温度を低めに調整する傾向があり、「白がごくわずかにオレンジがかってしまっても、ウォームな仕上がりになることを優先する」という印象です

「iPhone XS」には光学ズームが搭載されているので、画質を劣化させることなく被写体に寄れます

「iPhone XS」には光学ズームが搭載されているので、画質を劣化させることなく被写体に寄れます

落ち着いた色合いの「Pixel 3」のほうが好きという人もいるかもしれませんが、パッと見た目の鮮やかさ、きれいさは「iPhone XS」に軍配が上がります。

第2戦:手持ち×ズーム

両端末の最大ズーム状態で撮影した映像の比較は以下の通り。「Pixel 3」はデジタルのみ、「iPhone XS」は光学とデジタルのミックスです。

「Pixel 3」のデジタルズームは劣化が少なく、最大まで寄っても画質の劣化は許容範囲内。デジタルズームとしては驚くほどのノイズの少なさです。「iPhone XS」は、光学ズームに加えてデジタルズームが使えますが、こちらは最大まで寄ると画質が粗くなります

ズーム機能に関してはデジタルズームで画質の劣化があるものの、より拡大できる「iPhone XS」の勝利。

第3戦:手ブレ補正

2台の端末を並べてリグに取り付け、歩きながら撮影した映像で比較しました。なお、手ブレに関しては写真で伝えることが難しいので、ぜひ、動画もあわせてご覧ください。

映像を見比べて見ると、僅差ですが「Pixel 3」の方がシャープで振動を抑えた、滑らかな映像になっているのがわかります。「iPhone XS」も健闘していますが、大きな揺れがあると吸収しきれずブレが発生していることが確認できます

手ブレ補正機能に関しては、僅差で「Pixel 3」の勝ち。

第4戦:逆光耐性

手前に崖があり、その奥の窓ガラスから太陽光が差し込むという逆光の厳しいコンディションですが、あえてその状況でテストをしてみました。

動画撮影に非常に厳しいライティング・コンディションであることを考慮すれば、「Pixel 3」の動画もいい結果ですが、「iPhone XS」はさらにその上を行く性能。岩肌までくっきりと見えます

どのタイミングで切り出すかによって印象が変わることもありますが、全体的には逆光下でのHDR動画撮影が可能な「iPhone XS」のほうが優秀な結果を残しました。

第5戦:暗所撮影

撮影日は満月の夜で、背景に家々の灯り、中央に橋とライト、手前に水面に映った橋の光が見えている、という状況です。

なお、いずれも、標準カメラアプリを起動してすぐの状態で撮影しており、手動で明るさの変更はしていませんが、「Pixel 3」と「iPhone XS」の映像からは顕著な違いが見てとれます。

「Pixel 3」はノイズが増えてしまっても可能な限り明るい映像になるように補正がかかっていることがわかります。対して「iPhone XS」は、光量が足りない部分は黒くつぶれてもいいからノイズを極力減らすという逆のアプローチになっています

最大ズーム時では、ノイズ量が極端に増え、実用的とは言い難い画質ですが、光学ズームを併用できる「iPhone XS」のほうが比較的白飛びが少なくディテールが保持できています

夜でもできるだけ明るく撮れる「Pixel 3」がいいか、それとも、暗い部分は暗く黒をきれいに撮れる「iPhone XS」がいいかは好みが分かれるところ。本来は「引き分け」とするべきかもしれませんし、ノイズが少ない「iPhone XS」の映像のほうがいいとも言えますが……筆者は、暗すぎて肉眼ですら見えづらかった部分も撮影できた「Pixel 3」に、1票を投じたいと思います。

第6戦:フルHD撮影

三脚に固定した状態で、フルHD動画を撮影した比較です。

4Kの場合と比べて目立った違いはありませんでした

4Kの場合と比べて目立った違いはありませんでした

「Pixel 3」のほうがおとなしめの色合いで、「iPhone XS」のほうが鮮やかという傾向はフルHD動画でも変わらず。こちらも、パッと見の印象の鮮やかさ、きれいさでは「iPhone XS」のほうがすぐれていると言えます。

ちなみに、「Pixel 3」のディスプレイは鮮やかなので、スマートフォン本体で見た動画や写真の印象はこの記事でご紹介している映像とはずいぶん違った見えになります。「Pixel 3で撮った映像は、Pixel 3で見るのとPCで見るのとでは印象が変わる」というのはひとつ覚えておくべき情報かもしれません。

勝負7:フロントカメラ

これまでは、すべてメインカメラで撮影した動画を比較してきましたが、ここでは前面にあるフロントカメラで撮影した映像を比較してみましょう。なお、フロントカメラでもあえて、背後に正午の太陽があるという厳しい逆光で撮影をしています。

「Pixel 3」は顔が明るく撮れていますが、背後は完全に白飛びしており空や木の上部などは色の再現が悪い印象。「iPhone XS」は顔に影が出ているものの、空の青さや木の緑が比較的よく表現できています

フロントカメラ性能は、逆光にも強く色の再現性もいい「iPhone XS」の勝利。

勝負8:マイク性能

今回の動画では、映像にあわせて録音した音も切り替えているので、記事上部の埋め込み動画をご覧いただければマイクによる音の違いも確認できます。赤いオウムが2羽並んでいるシーンと橋の夜景のシーンがわかりやすく、イヤホンやヘッドホンをつけて聞くと「iPhone XS」のほうが臨場感のあるサウンドになっていることが感じられます。マイクの性能に関しては「iPhone XS」の完勝です。

ちなみに、「Pixel 3」の標準カメラアプリは外付けマイクの使用ができませんが、ソフトウェアップデートで対応するとGoogleのカメラエンジニアが明かしています。そもそも、外付けマイクがいるような撮影の際にスマートフォンを使う必要があるのかは疑問ですが、音質にこだわりたいときに使える選択肢が増えるのは歓迎すべきことです。

「Pixel 3」で動画を撮影してわかったこと

「Pixel 3」で撮影をした結果、使い勝手や映りに特に大きな不満を感じることなく、スマートフォンのビデオカメラ機能としては必要十分な性能を持っている、というのが筆者の感想。そのうえで、あえて「Pixel 3」を使用していて気になった点をあげるなら、以下の2つです。

「Pixel 3」は熱に弱い

正午、ひなたで4K動画の撮影をしている際に2回、過熱を警告するメッセージが表示されました。現地の気温は約21℃で、10月とは言え半袖でも汗ばむ陽気ではあったものの、それほど厳しい条件ではなかったため、夏場の使用に耐えられるか不安が残る結果です。

「iPhone XS」が白モデルだったのに対して、「Pixel 3」は熱を吸収しやすい黒モデルだった点がマイナスに働いた可能性も。また、熱に関する問題はソフトウェアアップデートで解消されることもあるので、今後の改善に希望をつなぎたいところです

ジンバルに固定しづらいボタン配置

「Pixel 3」は、電源ボタンとボリュームボタンが端末右側に並んでいるため、ジンバルなどに挟む際に干渉しがちでした。スマホホルダーに挟む際も同様で、意図せず撮影が始まってしまい不便に感じることもありました。

Zhiyun「Smooth 4」に「Pixel 3」を装着したところ。ボリュームボタンとの干渉を避けるために、「iPhone XS」と比べてかなり右寄りを挟んでいます

ちなみに「iPhone XS」は右側に電源ボタン、左側にボリュームボタンという配置のため、端末下側(横向きの場合は右側)にスペースがあり、余裕を持ってジンバルなどに装着できます。

まとめと感想 〜「Pixel 3」と「iPhone XS」動画比較〜

動画を撮影するカメラとして見た場合に、「Pixel 3」は決して標準的なスマートフォンより劣っているわけではなく、むしろ高性能な部類には入ります。しかし、「iPhone XS」が“超スマートフォン”レベルの性能を発揮する場面が多く、相対的に「Pixel 3」がやや劣るシーンが多かった、というのが今回の比較結果。「Pixel 3」がプレーンなAndroid端末を好む人にとってベストな選択肢のひとつであることは揺らぎませんし、写真用カメラの性能も優秀ですが、動画撮影では「iPhone XS」が一歩上を行く性能でした。

Mr.TATE(Masahira TATE)

Mr.TATE(Masahira TATE)

世界50カ国以上を旅したバックパッカー。週間アスキー編集部などを経て、AppBankに入社。「バイヤーたてさん」として仕入れとYouTubeを活用したコンテンツコマースに取り組み、上場時は広報として企業PRを担当。現在はフリーランスで活動中。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る