新製品レポート
CPU、GPUともにアップグレード可能!

デル、デスクトップ用CPU搭載の超ハイスペックゲーミングノート「NEW ALIENWARE AREA-51m」

デルは2019年1月25日、ゲーミングノートパソコンの新モデルとして、超ハイスペック機の「NEW ALIENWARE AREA-51m」、シリーズ史上最薄・最軽量の17型モデル「NEW ALIENWARE m17」、デザインを一新した「New Dell G5 15」の3モデルを発表した。いずれも2月1日に発売する。

デスクトップ用のCPUを搭載するNEW ALIENWARE AREA-51m(ダークサイド オブ ザ ムーンモデル)

デスクトップ用のCPUを搭載するNEW ALIENWARE AREA-51m(ダークサイド オブ ザ ムーンモデル)

デスクトップは不要? CPUのアップグレードもできる超ハイスペック機「NEW ALIENWARE AREA-51m」

NEW ALIENWARE AREA-51mは、同社が超ハイスペックモデルにだけ冠する「AREA-51」を名乗る注目モデル。背面が特徴的な「レジェンド デザイン」という新しいデザインを採用した初のモデルでもある。

NEW ALIENWARE AREA-51mのルナライトモデル

NEW ALIENWARE AREA-51mのルナライトモデル

背面が特徴的なレジェンド デザイン

背面が特徴的なレジェンド デザイン

一番の特徴は、インテルのデスクトップ用CPUである8コアの第9世代Coreプロセッサーを搭載し、かつアップグレードにも対応すること。CPUだけでなく、NVIDIAのGPUのアップグレードもサポートしており、まさにデスクトップパソコンのようにアップグレードを楽しめる。オーバークロックにも対応しており、CPUは95Wから最大199W(TDP)まで、GPUは150Wから最大180W(同)までカバー。オーバークロックは最新の管理ソフト「Alienware Command Center」で行える。

GPUのアップグレードは独自のGPUモジュール「Dell Graphics Form Factor」(DGFF)を利用する。国内ではまだ普及しておらず、アップグレード手法などは今後検討していくという。GPUに関しては、デスクトップ用のグラフィックスカードを搭載できる「Alienware Graphics Amplifier」にも対応する。

CPUはデスクトップ用のものを搭載する。GPUは左下のDGFFをサポート

CPUはデスクトップ用のものを搭載する。GPUは左下のDGFFをサポート

Alienware Graphics Amplifier

Alienware Command Center

ディスプレイは17.3型のフルHDで、G-Syncに対応。リフレッシュレート144GHzのディスプレイも選べる。メモリーは最大64GBをサポート。ストレージは1TB SSHDから2TB RAID0(1TB×2)PCIe M.2 SSD+1TB SSHDまで豊富な種類を用意する。本体サイズは410(幅)×402.6(奥行)×42(高さ)mm、重量は約3.87kg。

直販価格は345,980円から(税別、配送料込み)。主なBTOメニューは以下の通り。

・CPU:Core i7-8700、Core i7-9700K、Core i9-9900K
・GPU:GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)、GeForce RTX 2070(8GB GDDR6)、GeForce RTX 2080(8GB GDDR6)
・メモリー:8GB〜64GB
・ストレージ:1TB SSHD、256GB PCIe M.2 SSD、256GB PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、512GB PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、236GB RAID0(118GB×2)インテルOptane SSD、512GB RAID0(256GB×2)PCIe M.2 SSD、1TB RAID0(512GB×2)PCIe M.2 SSD、2TB RAID0(1TB×2)PCIe M.2 SSD、236GB RAID0(118GB×2)インテルOptane SSD+1TB SSHD、512GB RAID0(256GB×2) PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、1TB RAID0(512GB×2) PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、2TB RAID0(1TB×2) PCIe M.2 SSD+1TB SSHD
・ディスプレイ:17.3型(1920×1080、60Hz IPS、G-Sync対応)、17.3型(1920×1080、144Hz IPS、G-Sync対応、Tobii Eye tracking対応)

このほか、キーボードは1分あたり最大108キーコマンドを越えるnキーロールオーバーに対応。キーごとに色などを設定できる照明機能も搭載する。

薄型・軽量の17型ゲーミングノート「NEW ALIENWARE m17」

NEW ALIENWARE m17は昨年10月に発売した「NEW ALIENWARE m15」の17型モデル。ALIENWAREシリーズの17型モデルとしては史上最薄・最軽量なのが特徴だ。本体サイズは410(幅)×292.5(奥行)×23(高さ)mm、重量は約2.63kg。

左がNEW ALIENWARE m17、右がNEW ALIENWARE m15

左がNEW ALIENWARE m17、右がNEW ALIENWARE m15

直販価格は232,980円から(税別、配送料込み)。主なBTOメニューは以下の通りで、NEW ALIENWARE m15に近いスペックとなっている。NEW ALIENWARE m15については、GeForce RTXグラフィックスが2月1日にBTOメニューに追加される予定だ。

・CPU:Core i7-8750H、Core i9-8950HK
・GPU:GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)、GeForce RTX 2070(8GB GDDR6)Max-Q Design、GeForce RTX 2080(8GB GDDR6)Max-Q Design
・メモリー:8GB〜32GB
・ストレージ:1TB SSHD、256GB PCIe M.2 SSD、512GB PCIe M.2 SSD、118GB インテルOptane SSD+1TB SSHD、256GB PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、512GB PCIe M.2 SSD+1TB SSHD、256GB PCIe M.2 SSD+256GB PCIe M.2 SSD、512GB PCIe M.2 SSD+512GB PCIe M.2 SSD、1TB PCIe M.2 SSD+1TB PCIe M.2 SSD
・ディスプレイ:17.3型(1920×1080、60Hz IPS)、17.3型(3840×2160、60Hz IPS)

高コスパの15型ゲーミングノート「New Dell G5 15」

New Dell G5 15は、手ごろな価格が魅力のゲーミングノートパソコン。狭額縁のディスプレイを搭載するなどデザインを一新しつつ、スペック面ではインテルの第8世代CoreプロセッサーやNVIDIAのGeForce RTX 20シリーズなどを搭載し、着実にパワーアップしている。天板が白色の「New Dell G5 15スペシャルエディション」も2月1日に発売する。

直販価格はNew Dell G5 15が139,980円から、New Dell G5 15スペシャルエディションが141,980円から(税別、配送料込み)。

New Dell G5 15

New Dell G5 15

New Dell G5 15スペシャルエディション

New Dell G5 15スペシャルエディション

主なBTOメニューは以下の通り。

・CPU:Core i5-8300H、Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX 1050Ti(4GB GDDR5)、GeForce RTX 2060(6GB GDDR6)Max-Q Design
・メモリー:8GB〜16GB
・ストレージ:128GB PCIe M.2 SSD +1TB HDD、256GB PCIe M.2 SSD+1TB HDD、512GB PCIe M.2 SSD
・ディスプレイ:15.6型(1920×1080、60Hz IPS)、15.6型(1920×1080、144Hz IPS)

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
パソコン本体のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る