ゲーミングPCパワーアップ大作戦
ASUSの「ROG Centurion(ROG 7.1)」をレビュー

まさにリアルな没入感。女性ゲーマーが7.1chリアルサラウンドヘッドセットの実力をチェック


Steamのコアゲーマーこと“すちーむまにあ”辻村美奈が、ゲーミング周辺機器を紹介する本連載。今回は、7.1chリアルサラウンド対応ゲーミングヘッドセット「ROG Centurion(ROG 7.1)」(ASUS)をレビューする。

7.1chと5.1chの違いって、何?

現在発売されているゲーミングヘッドセットの多くは、7.1ch対応や5.1ch対応が一般的。特に、7.1ch以上が主流だ。チャンネル数が多いほど、迫力あるサウンドを楽しめるというが、その違いは、何なのだろうか?

そもそも5.1chは、スピーカー5基とサブウーハー1基を、「前方正面」、「前方左右」、「後方左右」に配置した仕組み。いっぽう、7.1chは、スピーカー7基とサブウーハー1基を、「前方」、「前方左右」、「左右」、「後方左右」に配置している。つまり、5.1chと7.1chの違いは、「左右」のスピーカーが追加されるかどうかという点がポイントになる。

ここで、「FPS」(First Person Shooter:1人称視点のシューティングゲーム)で、敵の位置を特定する時の状況を考えてみよう。

銃声から、おおよその方向がわかった後は、そちらを向いて、敵の位置を精査するはず。具体的には、「前方」と「前方左右」で敵の位置を精査し、不意の攻撃は「後方左右」で聞き取る。

さらに、左右に敵がいる場合は、「後方左右」や「前方左右」から音を拾える。そのため、かなり極端に言うと、「FPSを有利に進めるうえで、左右のスピーカー(=7.1ch)はそこまで重要ではない」と言えるのではないだろうか。

しかし、7.1ch対応ゲーミングヘッドセットには、音の立体感が強まり、まるで現実世界かのように、ゲームを楽しめるメリットがある。没入感を重視するプレイヤーなら、7.1chは欠かせないだろう。また現在、Steamなどで配信されているゲームの多くが5.1ch対応となっているが、今後、7.1ch対応ゲームが増えてきた際、ゲーミングヘッドセットを買い替えることなく、すぐに対応できる点もポイントと言える。

2種類のバーチャルサラウンド

ひと口に「7.1ch対応」と言っても、本連載で以前紹介した「Razer Tiamat 2.2 V2」(Razer)のように、7.1chバーチャルサラウンドに対応したゲーミングヘッドセットもある。

さらに、バーチャルサラウンドに対応したゲーミングヘッドセットは、オーディオドライバー内蔵モデルと、オーディオドライバー非内蔵モデルの2タイプに分けられる。なお、前述のRazer Tiamat 2.2 V2は、オーディオドライバー内蔵モデルにあたる。

筆者が所有する、ゲーミングヘッドセット3機種を並べてみた。画像左が「Razer Kraken Pro V2」(Razer)、真ん中が「SENNHEISER GAME ZERO」(ゼンハイザー)、右が「Razer Kraken USB」(Razer)

オーディオドライバー内蔵モデルは、左右にオーディオドライバーを内蔵していて、これらにバーチャルサラウンド技術を合わせることで、7.1chバーチャルサラウンドを生み出す仕組み。オーディオドライバーに電気を供給するため、USBポート(一部、HDMIポート)を装備する。また、オーディオドライバーによる振動効果によって、バスブーストがあり(低音再生を強化する)、サウンドの広がりと臨場感がよりいっそう高まるのも特徴だ。

オーディオドライバー非内蔵モデルは、バーチャルサラウンド技術だけで、7.1chバーチャルサラウンドを作り出す。オーディオドライバーに電気を供給する必要がないため、インターフェイスは通常のオーディオINのアナログ端子のみだ。

わたしは、どちらのモデルも使ってゲームをプレイしているが、両者を比べてみると、やはり、オーディオドライバーを内蔵しているタイプのほうが、よりリアルに感じると個人的には思う。

ヘッドセットとUSBオーディオステーションがセット! 最強のFPS強化アイテム?

これまで7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセットを使う機会が多かったが、今回はついに、バーチャルではなく、ヘッドセット内部で7.1chリアルサラウンドを作り出すモデルを手に入れた!

7.1chバーチャルサラウンドと比べて、7.1chリアルサラウンドは音の質がまったく異なり、敵の位置がわかりやすくなる点がメリットだが、はたして、実際に使ってみるとどうなのだろうか?

7.1chリアルサラウンド対応ゲーミングヘッドセットとして、今回選んだのは、ASUSの「ROG Centurion(ROG 7.1)」。オーディオドライバーを両耳に合計10基(各フロント/センター/サイド/リア/サブウーハー)を搭載する。さらに、ヘッドセットとは別に、USBオーディオステーション、ヘッドセットスタンド、イヤーパッド2種類(メッシュタイプと合成革タイプ)も付属している。

付属のヘッドセットスタンドに、ROG Centurion(ROG 7.1)をかけてみた

付属のヘッドセットスタンドに、ROG Centurion(ROG 7.1)をかけてみた

付属のイヤーパッド。画像上は合成革タイプ(L/R)、画像下はメッシュタイプ(L/R)

付属のイヤーパッド。画像上は合成革タイプ(L/R)、画像下はメッシュタイプ(L/R)

まずは、装着感に注目。イヤーカップの着け心地は強くてしっかりしているが、ヘッドバンドがゴム製となっているうえ、その下にクッション付きバンドもある。圧迫感が少ないため、長時間装着しても痛くならない。ちなみに、わたしが持っているゲーミングヘッドセットは、プラスチック製のヘッドバンドにクッションがついているタイプが多いので、長時間使うと痛くなり、そのたびにずらしている。

ヘッドバンドの下には、クッション付きバンドが付いている

ヘッドバンドの下には、クッション付きバンドが付いている

実際に、ヘッドセットを装着してみた。クッション付きバンドの効果もあり、圧迫感が少ない

実際に、ヘッドセットを装着してみた。クッション付きバンドの効果もあり、圧迫感が少ない

ヘッドセットは、付属のUSBオーディオステーションを経由して、PCと接続する。PC側のUSBポート×2とUSBオーディオステーションをつなぎ、ヘッドセットとUSBオーディオステーションは、HDMIケーブルで接続する。また、付属の出力ケーブルを使って、USBオーディオステーションから直接、スピーカーなどにも出力できる。

このように、HDMIケーブルを使って、USBオーディオステーションとヘッドセットを接続する

このように、HDMIケーブルを使って、USBオーディオステーションとヘッドセットを接続する

付属の出力ケーブル。スピーカーへの出力端子として、フロント(グリーン)、リア(ブラック)、センター/サブウーハー(オレンジ)、サイド(グレー)の4種を備えている

付属のUSBオーディオステーションは、「ROG Centurion (ROG 7.1)」専用のオーディオインターフェイスとなっている。これを使えば、各オーディオドライバーのレベル調整や、バスブースト(低音強化)などを、手元で簡単に設定できる。

また、USBオーディオステーションの上部には、メカニカルキーボードの打鍵音など、環境ノイズを検出して、その90%以上を除去する内蔵マイクが付いている。そのため、通話先の相手に、生活音などの無用な雑音が届きづらくなっている。

USBオーディオステーションには、(1)ノイズキャンセリング用マイク、(2)7.1ch/ステレオ切り替えボタン、(3)ヘッドホンアンプボタン、(4)マイクミュートボタン、(5)出力切り替えボタンなどが用意されている

USBオーディオステーションでは、7.1chリアルサラウンドモードでの各チャンネルの音量調節や、特殊モードを選択できる。音量調節は、モードセレクターを使って、MAINからSUBまで選択し、コントロールダイヤルを回して調整ができる。特殊モードでは、モードセレクターでSPECTRUMを選択し、コントロールダイヤルで、リアルサラウンドモードやゲーム内の足音を強調する足音モードなどを選択できる(※画像は「ROG Centurion(ROG 7.1)」ユーザーマニュアルより)

さらに、メーカーのサポートページにあるソフトウェア「Sonic Studio」をダウンロードすれば、イコライザーの調節といった基本的な設定も行える。加えて、オーディオステーションで7.1chリアルサラウンドモードをオフにしている場合は、7.1ch バーチャルサラウンドの各チャンネルのバランスの微調節や低音強調の度合いといった詳細な設定まで、サウンド周りのあらゆる設定が、このソフトウェア上で行える。

「Sonic Studio」の画面

「Sonic Studio」の画面

バーチャルサラウンドとは違う、リアルサラウンドの効果

前回のレビューに引き続き、今回も「Tom Clancy's Rainbow Six(R) Siege」をプレイしてみた。

これまで、バーチャルサラウンドばかりを体験してきたが、ゲームをプレイし始めてすぐに、音の響き方が違うことにビックリした。バーチャルサラウンドと異なり、リアルサラウンドによって、音が耳の奥まで届き、まるで大きなホールにいるような没入感を味わえた。

さらに、何度も音を聞き比べてわかったのは、計10基のオーディオドライバーがヘッドセットの奥で響いているので、実際に届く音よりも、振動効果がはっきり伝わるということ。かすかに、耳の産毛が揺れる感覚を覚えたほどだ。とは言え、鼓膜に届く音量が上がっているわけではないので、耳が疲れるということはない。

ゲームをプレイするうえでは、バーチャルサラウンドだと、あいまいに感じる敵の方向も、リアルサラウンドだと、どちらかはっきりとわかるのがメリット。定位がつかみやすいので、せっぱ詰まった場面では、このわずかな違いが、生死を分けることになるだろう。

ROG Centurion (ROG 7.1)を装着して、「Tom Clancy's Rainbow Six(R) Siege」をプレイしてみた

ROG Centurion (ROG 7.1)を装着して、「Tom Clancy's Rainbow Six(R) Siege」をプレイしてみた

リアルサラウンド対応ゲーミングヘッドセットは、わかりやすく言うと、オーディオドライバーを内蔵したバーチャルサラウンドヘッドセットの上位互換製品だと思う。クリアな音質に加えて、しっかりとした振動効果があり、音の振動が耳に伝わってくる。高い没入感を求めるプレイヤーに適した1台と言えるだろう。

さらに、USBオーディオステーションが標準で付属している点もポイント。オーディオインターフェイスがあることで、足跡を強調したり、ゲーム中に各方向の音の強調を調節したりできる。これが、ヘッドセットに同梱されていることを考えると、お得感が強い。

なお、ROG Centurion(ROG 7.1)の価格.com上での価格は、27,176円(2019年2月25日時点)と、やや高め。もし、できるだけ低価格で迫力のある音を作りたいなら、音質はやや下がるが、オーディオドライバーを内蔵したバーチャルサラウンド対応ゲーミングヘッドセットを選ぶといいだろう。いっぽう、すでにバーチャルサラウンド対応ヘッドセットを持っていて、環境を改善したい方や、“最高のゲーム環境”に価値を見出す方であれば、「ROG Centurion(ROG 7.1)」が有力な選択肢になること間違いなしだ。

ライター:辻村美奈(オフィスマイカ)

オフィスマイカ

オフィスマイカ

編集プロダクション。「美味しいもの」と「小さいもの」が大好物。 好奇心の赴くまま、良いモノを求めてどこまでも!(ただし、国内限定)

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る