あれこれ通信
LINE史上最大の「祝!令和 全員にあげちゃう総額300億円祭」開催

LINE Pay、「友だち」に無償で1,000円分の残高を送金できるキャンペーンを5月20日よりスタート

LINEは、スマートフォンを使ったコード決済の「LINE Pay」の新たなキャンペーンとして、「祝!令和 全員にあげちゃう総額300億円祭」を、2019年5月20日11時から5月29日23時59分までの間で実施する。LINEでつながったLINE友だちに対して、無償で1,000円分のLINE Pay残高を送金することができるというものだ。

「LINE史上最大」という300億円のキャンペーンを実施するLINE

「LINE史上最大」という300億円のキャンペーンを実施するLINE

今回のキャンペーンについて、LINEの最高戦略・マーケティング責任者である舛田淳氏は、「今まで銀行しかできなかった送金をスマートフォンで、簡単に、手数料なくできることでお金の流れを変えるのがキャッシュレス社会の重要なテーマ」と話し、キャンペーンで送金体験を広め、さらにLINE Payユーザーの拡大を目指す考えだ。

LINEの枡田淳氏

LINEの枡田淳氏

送金は1回500人、1日5,000回まで。受け取りは最初の1回(1,000円分)のみ

「300億円祭」は、その名の通り「LINE史上最大」(舛田氏)という300億円を提供するキャンペーン。キャンペーンページに新たに表示される「無料で1,000円相当を送る」をタッチすると、LINE Payの機能である送金機能を使って、LINEで繋がっている友だちに1,000円を送金できる。

300億円祭の詳細

300億円祭の詳細

この際、1,000円はLINE側が提供するためユーザーの残高は消費せず、実質的にはLINEが1,000円をプレゼントする形だ。送金できるユーザーは1回500人まで、1日5,000回まで。やろうと思えばLINE友だち全員にでも送金することが可能だが、受け取りは最初の1回、1,000円分のみだ。

受け取ったLINE Pay残高は、コード決済や送金にのみ使用可

送金はLINE Payボーナスとして加算される。LINE Payは銀行口座などからチャージすることで残高を増やし、そこから支払いを行うサービスだが、その中で使われるLINE Payボーナスは、コード決済での残高や送金としては利用できるが、出金、LINE Payカードでの支払い、QUICPay+での支払いには利用できない。有効期限も2年間のみだ。

LINE Payボーナスは通常の残高と同様には使えないが、コード決済や送金には利用できる

LINE Payボーナスは通常の残高と同様には使えないが、コード決済や送金には利用できる

送金先は、LINEユーザーであれば誰でもよく、受け取った後にLINE Payアカウントの開設と本人確認をすれば残高として使用できる。逆に言えばそれをしなければ失効してしまうので注意が必要だ。

「1,000円を送る」リンクから友だちを選べば送金できる。送付された側は、LINE Payユーザーならそのまま受け取れるほか、利用していなくても、利用登録と本人確認をすれば受け取れる

アクティブユーザーの拡大や新規ユーザーの獲得を狙う

今回のキャンペーンでは300億円を1,000円ずつ配るため、3,000万人が受け取れる計算となる。このキャンペーンでは、送金を体験してもらうことで、ユーザー間の送金を活発化させてアクティブユーザーの拡大につなげるとともに、LINEユーザーながらLINE Payを利用していないユーザーの獲得にもつなげたい意図がある。

キャンペーン期間は2019年5月29日までだが、300億円分が送金されればその時点で終了する。キャンペーン後は、これまでも実施されていた最大20%のポイント還元を行う「Payトク」キャンペーンを行い、送金された1,000円分を使って買い物をしてもらえるようにする計画だ。

送金を促進させることで決済も成長するとして、キャンペーンによる効果を期待する

送金を促進させることで決済も成長するとして、キャンペーンによる効果を期待する

舛田氏は、今回の一連のキャンペーンで「次のステージに進みたい」と強調。キャンペーンを大きな成長へのトリガーとして位置づけ、LINE Payユーザー数の拡大と利用率の増加の一挙両得を狙う。

小山安博

小山安博

編集者からライターに転身。PC、デジカメ、スマホ、セキュリティ、決済などのジャンルをつまみ食い。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る