話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

新型「MacBook Pro」のキーボードには新素材が採用。耐久性に影響は?

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

iFixitが新型「MacBook Pro」を分解。キーボードには新素材が採用されていた

アップルが2019年5月22日に発表した新型「MacBook Pro」。CPUのアップデートがメインでしたが、一部メディアからは、壊れやすいとの報告から修理プログラムが実施されているバタフライキーボードに新素材が使われているとも言われていました。

バタフライキーボードは、2015年モデルのMacBookから搭載されたものの、壊れやすいというユーザーの報告が相次ぎ、ついには集団訴訟まで発展し、最終的にアップルが無償で修理プログラムを実施することで落ち着きました。

そのため、MacBookのユーザーにとってはバタフライキーボードが新しくなり、耐久性を増すことは非常に重要なポイントであるわけです。

これを検証すべく、修理業者として新製品を分解することで知られるiFixitが新型「MacBook Pro」を分解したところ、バタフライキーボードのパーツが変更されていることが判明しました。

iFixitは新型「MacBook Pro」を分解して調査(画像はiFixitより)

iFixitは新型「MacBook Pro」を分解して調査(画像はiFixitより)

iFixitが新型「MacBook Pro」のキーボードを分解したところ、ゴミやホコリの侵入を防ぐキーボード直下の薄い膜が、2018年モデルの半透明から透明へと見た目が変わっていることがわかりました。

この素材が何なのかを調査すべく、iFixitは赤外線を照射し対象物の分子構造を分析するフーリエ変換赤外分光光度計を使って透明の素材を分析。その結果、2018年モデルではシリコン製だった薄い膜が、ナイロンポリマー製になっていることが判明しました。

左が2018年モデルの「MacBook」で、右が新型「MacBook Pro」(画像はiFixitより)

左が2018年モデルの「MacBook」で、右が新型「MacBook Pro」(画像はiFixitより)

ただし、iFixitは、シリコン製からナイロンポリマー製へと変更され、キーボードの耐久性や静音性が上がったのかどうかは、現時点でわからないとしています。

また、タイプしたときにキーを押し戻す弾力(打鍵感)を出すメタル製のドームは、2018年モデルから表面の加工が変わっており、熱処理が加えられたか、合金が改良されたか、もしくはその両方が加えられた可能性があるとのこと。キーボードのドームは、損傷することでキーボードを押しても反応しないなどの不具合を起こす可能性があり、アップルはドームを改良し、キーボードの耐久性を上げたのではと見られています。

この新素材により耐久性が向上したかどうかはまだ不明ですが、新型「MacBook Pro」がユーザーの手に行き届けば、その効果のほどがだんだんとわかってくるでしょう。無償修理プログラムが実施されているとは言え、修理に出すのはあまり気が進まないことなので、今度は壊れませんように願います。

ソース:iFixit

任天堂のスマホゲー「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と「ファイアーエムブレム ヒーローズ」がベルギーでサービス終了へ

任天堂は、ベルギーでスマホゲー「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と「ファイアーエムブレム ヒーローズ」のサービスを終了させることを明らかにしました。同国内では、2019年8月27日以降、ゲームのダウンロードとプレイができなくなります。

任天堂はサービス終了の理由について「ゲーム内収益モデルに関する不明瞭な状況」としていますが、“ゲーム内収益モデル”というのは、両ゲームで取り入れられているルートボックスシステムのことと見られています。

任天堂ベルギーは公式サイトでサービス終了を発表

任天堂ベルギーは公式サイトでサービス終了を発表

スマホゲームやPCゲームで採用されているルートボックスシステム。日本ではガチャと呼ばれ、主にスマホゲームに導入されているのですが、ベルギーでは、このルートボックスシステムが同国の賭博関連法に基づき違法であると認定され、一部ゲームがサービス終了になったケースがあります。

今回は、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が違法と認定されサービス終了となったわけはなく、あくまでも任天堂がサービスの終了を発表したわけですが、サービス終了にはこのガチャが大きく関係している、というのが大方の予想です。

ソース:任天堂ベルギー

実写版「ソニック」が公開延期&「AKIRA」実写映画が2021年に公開へ

最後は、海外のネットをにぎわせた2本の映画の話題。ひとつは、キャラクターデザインが不評のあまり、監督のジェフ・ファウラー氏が変更を明言した実写映画「ソニック・ザ・ムービー」について。ファウラー氏は、自身の公式Twitterにて公開日を2019年11月9日から2020年2月14日へと変更する旨を明らかにしました。

ファウラー氏は自身の公式Twitterで公開延期を告知

ファウラー氏は自身の公式Twitterで公開延期を告知

この延期にキャラクターデザインの変更が関係しているのは周知の事実でしょう。Twitterには、「この映画の制作で危害を加えられたVFXアーティストはひとりもいません」という内容のハッシュタグが付けられており、同作品のVFX担当者がキャラクターデザインを変更することで多大な負担をかけられていないことをアピール。延期により生まれた3か月で、誰もが納得する作品に仕上がることを祈るばかりです。

ふたつ目は、アニメ映画「AKIRA」の実写映画の公開が決定したこと。「AKIRA」の実写映画化は、制作の話が立ち上がるたびに頓挫してきた経緯がありますが、製作を担当するワーナー・ブラザースが2021年5月21日にアメリカで公開することを明らかにしました。

監督は、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティで、プロデューサーはレオナルド・ディカプリオが担当することが決まっています。原作マンガ、およびアニメ映画「AKIRA」は、日本で絶大な人気を誇り、世界でも日本アニメのパイオニア的存在です。

この「AKIRA」がハリウッドで実写化されるというわけで、正直なところ期待と不安が入り交じった感情を抱きますが、まずはキャストが誰になるかに注目しましょう。

ソース:ジェフ・ファウラーTwitterThe Wrap

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
パソコン本体のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る