2020年1月14日のWindows 7サポート終了に備えよう
移行漏れがないようにくまなくチェック!

Windows 7の延長サポート終了に備える(第2回) メール、アドレス帳、メールアカウントのバックアップと移行

Windows 10の新規インストール、またはパソコンを新規購入するときに欠かせないのが、旧環境から新環境へのデータの移行だ。まずは移行すべきデータをしっかり確認したうえで、実際の作業に移ろう。

今回は、メールとアドレス帳データ、メールアカウントをバックアップする。また、メールとアドレス帳データをWebメールに移行する手順も解説する。

移行データによっては、エクスポート(書き出し)/インポート(読み込み)の作業が必要になる。画面は「Windows Live メール」のアドレス帳データをエクスポートしているところ

移行すべきデータをチェック

現在使っているWindows 7パソコンで、Windows 10環境に移行するデータを漏れがないよう慎重に確認しておこう。このとき、不要なファイルがあれば削除して整理しておくと、移行時間の短縮になる。

なお、現在のWindows 7を上書きしてWindows 10にアップグレードする場合も、万一に備えてデータのバックアップは取っておきたい。

以下に、一般的に移行が必要だと思われるデータを列挙しておくので参考にしていただきたい。メモに書き出すなどして、どこにあるどのファイルを移行するのかまとめておくといいだろう。

●ドラッグ&ドロップでコピーできるファイル

「ライブラリ」(「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」フォルダー)に保存されているデータや、デスクトップに置いているデータなど。

・文書ファイル
・写真/動画/音楽ファイル
・デスクトップ上のファイル

●ソフト上で管理されるファイル

メールやブラウザーソフトのお気に入りのように、ソフト上で管理しているデータは多い。これらは基本的にエクスポートしておき、エクスポートデータをWindows 10側でインポートする。

・送受信メール
・アドレス帳
・メールアカウント
・予定管理ソフトの予定
・Internet Explorerのお気に入り
・Internet ExplorerのCookie
・Microsoft IMEのユーザー辞書
・年賀状ソフトのはがきデザイン

●その他のデータ

上記以外にも、普段のパソコン利用時を振り返り、移行すべきデータがないか確認する。

・自分でインストールしたソフト
・周辺機器のドライバーソフト
 インストールプログラム
 プロダクトキーなど
・Webサービスのアカウントとパスワード
 ブラウザーソフトに記憶させていてパスワードを忘れているケースが多いので再設定しておくのもあり
・ゲームのセーブデータ
 独自の移行方法を使う必要がないか確認

メール関連データのバックアップと移行

移行するデータを把握したら、移行の準備を進めよう。

まずは、エクスポートが必要なメールデータ、アドレス帳データ、メールアカウントについて解説する。ただメール関連は、今使っているメール環境によって方法が異なる。

たとえば、「Gmail」や「Outlook.com」のようなWebメール(ブラウザーソフトで利用できる)を使っているなら、移行作業は不要だ。Windows 10でも、同じアカウントでログインすればいいだけだ。

Microsoft Officeに含まれる「Outlook」や、無料メールソフトの「Thunderbird」のようなメールソフトを使っているなら、ソフトごとの移行手順にしたがう。基本は、データをエクスポートして新しい環境でインポートだ。

参考情報
・Outlook間のデータ移行
https://support.office.com/ja-jp/article/outlook-の-pst-ファイルを使用したメールなどのデータ移行-14252b52-3075-4e9b-be4e-ff9ef1068f91

・Thunderbird間のデータ移行
https://support.mozilla.org/ja/kb/moving-thunderbird-data-to-a-new-computer

いっぽう、「Windows Live メール」を使っている場合、少し手間がかかる。というのも、「Windows Live メール」は2017年1月10日にサポートが終了しており、Windows 10では使えないからだ。同時に、移行方法も減りつつあるので、早めの対策をおすすめする。

まずは、Windows 10でどのメール環境を使うか決める必要がある。方法としては、「Gmail」や「Outlook.com」などのWebメールを使うか、「Outlook」などのメールソフトを使うかだ。

Windows 10には「メール」アプリと、連絡先を管理する「People」アプリが用意されているのだが、これは「Outlook.com」と連携するアプリなので「Outlook.com」を使うのと同じことになる。つまり、あらかじめ「Outlook.com」にデータ移行しておくと、「メール」と「People」はすぐに使える。

どの方法を選ぶかは自由だが、データをクラウド上で管理するWebメールなら環境移行時に手間がかからないし、パソコンが故障をしてもデータを失うことがないのでおすすめしておきたい。

そこで以下では「Gmail」と「Outlook.com」へデータを移行する方法を紹介する。この作業は、Windows 7上で完結する。

まずはデータのバックアップ

「Gmail」も「Outlook.com」も、移行の手順はほぼ共通だ。

メールデータは、「Windows Live メール」に「Gmail」「Outlook.com」のアカウントを登録すれば直接コピーできる。

アドレス帳データはいったんエクスポートして、インポートする。残念なのは、「Gmail」「Outlook.com」ともにメールアカウントをインポートできない点にある。そのため、今使っているメールアカウントに関しては手動で登録する必要がある。

では、「Windows Live メール」の各データをエクスポートしていこう。メールデータとメールアカウントはエクスポートしなくてもいいのだが、ほかのメールソフトを使う場合には必要であり、バックアップにもなるのでその方法も記しておく。

はじめに、デスクトップなどわかりやすい場所にフォルダーを作成しておこう。ここでは、「Liveメール_メール」「Liveメール_アカウント」「Liveメール_アドレス帳」というフォルダーを作成して利用する。

●メールのエクスポート

「Windows Live メール」を起動し、「ファイル」メニューの「エクスポート」→「メッセージ」をクリック。ウィザード画面が表示されるので、エクスポートする形式を選び、保存先を指定。最後に、エクスポートするフォルダーを選んで(すべてでも可)実行する。実行後は、保存先フォルダーを開いてデータがエクスポートできているか確認しよう。

「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「メッセージ」とクリック

「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「メッセージ」とクリック

この画面では「Windows Live メール」を選んで「次へ」をクリック。ちなみに、作業中のWindows 7パソコンに「Outlook」がインストールされている場合だが、「Microsoft Exchange」を選ぶとメールデータが直接「Outlook」にコピーされる

「参照」をクリックし、エクスポート先にするフォルダー(ここでは「Liveメール_メール」)を選んで「OK」をクリック。「フォルダーの参照」画面が閉じたら「次へ」をクリック

この画面では、エクスポートするメールフォルダーを指定する。「すべてのフォルダー」を選ぶと、全メールフォルダーが対象になる。個別に指定する場合は「選択されたフォルダー」を選び、下の一覧からエクスポートしたいフォルダーだけをクリックして選択。選択したら「次へ」をクリック。次の画面で「完了」をクリックすると、エクスポートは完了だ

エクスポート先のフォルダーを開いて指定したメールフォルダーが保存されていることを確認しよう

エクスポート先のフォルダーを開いて指定したメールフォルダーが保存されていることを確認しよう

●メールアカウントのエクスポート

メールアカウントは、「ファイル」メニューの「エクスポート」→「アカウント」からエクスポートする。複数のアカウントを使っているときは、アカウントごとのエクスポートが必要だ。

「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「アカウント」とクリックし、この画面でエクスポートしたいアカウントを選んで「エクスポート」をクリック

エクスポート先のフォルダー(ここでは「Liveメール_アカウント」)を指定して「保存」をクリック。複数のアカウントがある場合は、この作業を繰り返す

エクスポート先のフォルダーを開いてメールカウント情報(拡張子が「.iaf」)が保存されていることを確認しよう

●アドレス帳データのエクスポート

アドレス帳データは、「Windows Live メール」から「アドレス帳」画面を開いてエクスポートする。エクスポートは、「csv」形式(カンマ区切りのテキスト)か、「vcf」形式(名刺形式で1人1ファイルになる)から選べる。

「Gmail」と「Outlook.com」では「csv」形式のデータをインポートするのだが、ほかのメールソフトを使うケースのほか、バックアップ目的として両方の形式でエクスポートしておくといいだろう。

また「csv」形式は、エクスポートするフィールド(名前や電話番号の各項目)を選択できるのだが、名前部分に注目。姓と名を分ける「名」「姓」と、一緒にする「名前」がある。インポート先のソフトにより、どちらを選ぶかで姓と名の表示が逆になるケースがあるので、手間はかかるがファイル名を変え、両方のパターンでエクスポートしておくといい。

「アドレス帳」を開き、「ファイル」メニュー→「エクスポート」→「カンマ区切り(.CSV)」(vcf形式なら「名刺(.VCF)」)とクリック

「参照」をクリックし、エクスポート先のフォルダー(ここでは「Liveメール_アドレス帳」)を開き、ファイル名を入力して「保存」をクリックする。「名前を付けて保存」画面が閉じたら「次へ」をクリック。ここでは、フィールドに「名前」を選ぶファイル名を「アドレス_名前」、「名」「姓」を選ぶファイル名を「アドレス_名姓」とした

フィールドを選択する画面になるので、不要なフィールドのチェックを外す。ここでは「名前」を選んだ。最後に「完了」をクリック。エクスポートが終われば作業は終了だ。同様に「名」「姓」を選ぶファイルもエクスポート。vcf形式の場合は、フィールドを選択することはできない

エクスポート先のフォルダーを開いてアドレスデータが保存されていることを確認しよう

エクスポート先のフォルダーを開いてアドレスデータが保存されていることを確認しよう

【関連情報】
Windows 7 サポート終了間近|この機会に新しいパソコンに買い替えよう【価格.com】

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る