話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

3,000円台の超小型PC「Raspberry Pi 4 Model B」が登場

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

ラズパイ新作「Raspberry Pi 4 Model B」発表。4K60p対応&ギガビット通信が可能に

シングルボードPCの代名詞と言える「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ)の新モデル「Raspberry Pi 4 Model B」が2019年6月24日に発表されました。

新モデル「Raspberry Pi 4 Model B」は、メモリーの容量別に3種類が用意されます

新モデル「Raspberry Pi 4 Model B」は、メモリーの容量別に3種類が用意されます

「ラズベリーパイとは一体何?」という人は以下の解説記事をご覧ください。
自作でIoTしよう! 超小型PC「Raspberry Pi=ラズパイ」 の魅力とは?

「Raspberry Pi 4 Model B」は、先代モデルからスペックが一新され、CPUはARMの64bit対応「Cortex-A72」を採用。メモリー(LPDDR4)は1/2/4GBの3種類を用意し、処理性能が前モデルの3倍に向上したと言います。

ギガビットイーサネットに対応したLANポートを新しく搭載し、高速なギガビット通信が可能。Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n/acに、BluetoothはBluetooth 5に対応します。 USBポートは、シリーズ初となるUSB 3.0ポートを2基と、USB 2.0ポートを2基搭載しました。ビデオ出力は最大4K60p対応のmicro HDMIポート2基を搭載。電源ポートは、USB Type-Cポートへとアップグレードされています。

スペックアップに際して、新しい専用ケースも発表されました。ただし、以前のケースも、ケース側面をカットすることで、新モデルで使えるとのことです。

「Raspberry Pi 4 Model B」のケース

「Raspberry Pi 4 Model B」のケース

「Raspberry Pi 4 Model B」の公式サイト直販価格は、1GBモデルが35ドル(約3,800円)、2GBモデルが45ドル(約4,900円)、4GBモデルが55ドル(約6,000円)となっており、ケースは5ドル(約500円)。日本での発売日時に関しては公式に発表されていません。

ソース:Raspberry pi

アップルの最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏が退職し新会社設立

初代iMacやiPod、iPhoneシリーズなど多数のプロダクトに加え、今では当たり前になったフラットデザインなど、アップルのハードウェアとソフトウェアデザインの両方に多大な貢献をしてきた最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏が、アップルを退職することが明らかになりました。アイブ氏は、退職後に新しいデザイン会社を立ち上げ、新たな出発を図ります。

ジョナサン・アイブ氏(左)。右はアップルのCEO、ティム・クック氏(写真はアップルより)

ジョナサン・アイブ氏(左)。右はアップルのCEO、ティム・クック氏(写真はアップルより)

アップルと言えば故スティーブ・ジョブズ氏をイメージする人も多いと思いますが、1度は沈みかけたアップルが、見事な復活劇を遂げたのには、デザイナーのジョナサン・アイブ氏の功績が非常に大きいでしょう。

初代iMacに始まり、iPodやiPhone、iPadシリーズにミニマリズムデザインを取り入れ、さらには、iOSシリーズや指紋認証「Touch ID」、現在のアプリデザインに取り入れられているフラットデザインなど、語り尽くせないほど多くのアップルのプロダクトデザインに関わってきたのが、ジョナサン・アイブ氏です。近年では、アップルの新社屋である「Apple Park」のデザインを率いたことでも知られています。

アップル製品に多大なる影響を及ぼしてきたジョナサン・アイブ氏が、アップルを電撃的に退職するということで、アップルの株価にまで影響を与えるビッグニュースとなりました。

ジョナサン・アイブ氏は、新しいデザイン会社、LoveFromを立ち上げますが、同社の重要クライアントにアップルが挙げられており、両者は今後も関係を継続していくとのこと。ジョナサン・アイブ氏が去ったことで、ますます今後のiPhoneがどのようになるのか、注目が高まります。

ソース:アップル

OPPOがディスプレイにインカメラを埋め込む技術「アンダースクリーンカメラ」を発表

2019年6月26日〜28日に開催された「MWC 上海」にて、OPPOがディスプレイ直下とインカメラを統合する技術「アンダースクリーンカメラ」を発表しました。

「アンダースクリーンカメラ」は、より多くの光を取り込めるよう専用にカスタマイズされたカメラモジュールとレンズをディスプレイ直下に埋め込む設計を採用。カメラ直上のディスプレイは光の透過を高める“極めて透明な”素材を備えているとのことです。

ディスプレイ直下にカメラを埋め込む「アンダースクリーンカメラ」

ディスプレイ直下にカメラを埋め込む「アンダースクリーンカメラ」

OPPOは、この技術によりノッチのない完全なフルスクリーン実現すると言います。ディスプレイに埋没されたインカメラでは、従来のインカメラと変わらず写真や顔認証、動画撮影が行えるとのこと。昨今は、水滴型ノッチや回転式インカメラなど、各メーカーがノッチを可能な限り小さくしてディスプレイ領域を広げるべく開発を続けていますが、この分野においてOPPOは頭ひとつ抜け出た印象です。

「アンダースクリーンカメラ」を搭載する新モデルに期待がかかります。

ソース:OPPO

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

パソコン本体のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る