特別企画
星空の観察から、観察に適した天気の調べ方まで

ARを利用する星空観察アプリで夜空にきらめく星々を堪能しよう

星空は、見ているだけで心が和む。もちろん、漠然と眺めるだけでも十分に癒やされるのだが、もっと星座や星のことを詳しく知りたい、と思う人も多いのではないだろうか。そんな人は、星空観察アプリを使ってみよう。夜空の見方、楽しみ方が変わるかもしれない。

星の観察は街明かりの多い都心では難しいものの、少し郊外に足を運べば満天の星を見られる

星の観察は街明かりの多い都心では難しいものの、少し郊外に足を運べば満天の星を見られる

星空観察アプリの活用

多くのスマホには、現在位置を知るGPS、向いている方向を示す電子コンパス、スマホの傾きや回転の角度を計測するジャイロセンサーや加速度センサーが搭載されている。こうした機能を搭載するスマホやタブレットなら、現在位置、向いている方向、見上げている角度がわかるということ。

これらの機能を活用し、今いる場所から実際に見える星空をグラフィックで再現して描写するのが星空観察アプリだ。画面をスワイプすれば360°、任意の方位の天体を表示することもでき、昼間や室内でも利用できるのでプラネタリウムのような使い方もできる。

加えて、AR(拡張現実)機能により、現実の夜空とスマホ画面上の夜空を重ね合わせることも可能だ。このAR機能を使えば、画面に表示された天体の延長上に実際の星座や星があるので、星空を観察するときにとても重宝する。

その便利さは、実際にアプリを使ってみるとよくわかる。星空観察アプリは複数あるのだが、ここでは筆者がメインで使っている「Star Walk 2」を例に、基本的な使い方を紹介しよう。

Star Walk 2
対応OS:iOS 9.0以降、Android 4.1以上
価格:無料(アプリ内課金あり)

使い方はいたって簡単。アプリを起動すると、天体が表示される。画面をスワイプすれば、任意の方位の天体を表示することが可能だ。また、ピンチイン/アウトで、ズームイン/アウトもできる。

画面右上の時計を長押しすると、過去と未来の任意のタイミングの天体にジャンプできる

画面右上の時計を長押しすると、過去と未来の任意のタイミングの天体にジャンプできる

星や星座の名前をタップすると、画面下部にその名前が表示される。そこをタップすると、詳細な情報を閲覧することが可能だ。こうした操作をしていると、有料のアップグレードを促す画面が表示されるが、不要ならキャンセルすればいい。

このように、ほとんどの星空観察アプリは基本機能を無料で利用でき、付加機能は別途、必要に応じてアプリ内から購入するスタイルとなっている。

「Star Walk 2」は、星や星座のテキスト情報が充実している

「Star Walk 2」は、星や星座のテキスト情報が充実している

自分が見ている方向の天体を表示するには、画面左上にある方位磁針をタップ。これで、常に自分(スマホ)が向いている方向の天体が表示されるようになる。

画面左下の虫メガネをタップすると、星座や星の検索ができる。画面に矢印が表示され、その方向にスマホを移動すると、探している星座や星が見つかる

AR機能を使うには、画面右上のカメラをタップ。スマホ画面がカメラを通した実際の風景に変わり、その上に天体画面が重ねて表示される。

このとき、左右にスライダーボタンが表示される。左のスライダーでは表示する星の等級を変更でき、右でAR画面の透過度を調整する。

ARを使った画面。機能がわかりやすいように、夕刻にキャプチャした。AR機能を終了するには、右上の「×」をタップ。画面をスワイプすると、はじめの画面に戻る

画面右下のボタンをタップすると、メニュー画面が開く。ここでは、天体関連の最新ニュースの閲覧や、画面表示、効果音、星座のグラフィックなど、各種設定を変更できる。

以下では、そのほかの星空観察アプリを紹介しておく。基本機能は共通で、違いはグラフィックや付加機能、AR機能の有無だ。いずれも無料で使えるので、使いやすいアプリを見つけよう。

Night Sky
対応OS:iOS 10.0以降
価格:無料(アプリ内課金あり)
AR透明天球儀を搭載し、星座をダブルタップすると3D表示にできる。3D表示にした星座はスワイプで回転させることができ、星座を形成する星の位置(奥行き)を知ることが可能だ。Apple Watchにも対応し、Apple Watchを夜空にかざしながら星空観察ができる。

左上に並ぶ3つのボタンの一番下で、AR機能に切り替える

左上に並ぶ3つのボタンの一番下で、AR機能に切り替える

星座表
対応OS:iOS 10.0以降、Androidは端末により異なる
価格:無料(アプリ内課金あり)
Android版には、星空観察に利用する「空の観測」のほか、ドラッグやピンチイン/アウト操作で宇宙全体を探索する「探索モード」、アポロ11号月面着陸のような「歴史的瞬間」も用意されている。ただし、ARモードとする機能はあるものの、これはスマホを向けた方角にある天体を表示するもので、カメラを使った拡張現実とは異なる。

右下の右端にあるボタンから、3つのモードを切り替える

右下の右端にあるボタンから、3つのモードを切り替える

天文学 3D+
対応OS:iOS 10以降
価格:無料(アプリ内課金あり)
アニメのキャラクターのような星座のグラフィックが特徴。現在地から実際に見える天体を表示する「プラネタリウムモード」、360°の全天体を表示する「ホールマップ」、3D空間で宇宙全体を表示する「3Dモデル」の3つの表示モードを選べる。ただし、ARモードは搭載しない。

子供と一緒に星空を楽しむときに、親しみやすいグラフィックだ。画面下、左から2番目のボタンで表示モードを切り替える

Starmap2
対応OS:iOS 11以降
価格:無料(アプリ内課金あり)
無料版では機能が限定的だがその分操作がシンプルで、多機能は不要だという人に向いている。画面右上の方位磁針をタップするたびに、向いている方向の天体の自動表示と固定表示が切り替わる。このアプリも、ARモードは搭載しない。

グラフィックは、写実的なリアルさを持っている。画面下部両端をタップするとツールボタンが切り替わる

グラフィックは、写実的なリアルさを持っている。画面下部両端をタップするとツールボタンが切り替わる

星座について知る

星座や天文についてより理解を深めたいなら、「88星座図鑑」がおすすめだ。

88星座図鑑
対応OS:iOS 9.0以降、Android 4.0以上
価格:無料(アプリ内課金あり)

星座や天体に関する情報が満載の図鑑アプリ。「星座マメ知識」では、星空の楽しみ方から星座の基礎知識、天文情報を閲覧できる。「天文イベント2019」では、年間の天体ショーのスケジュールと内容が確認できるので、チェックしておきたい。

「全天88星座」では、88個全星座の成り立ちや見つけ方を閲覧できる。予備知識を仕入れておくと、星空観察をより楽しめる。星空を眺めながら、子供やパートナーなどに語ってあげるのもいいだろう。

「いろいろな星座」は星座のデータベースで、季節ごとに見える星座や星座の分類、大きさや形、見つけやすさといった条件で星座を探せる。

情報量は多いがきちんと整理されているので、必要な情報を探しやすい。読み物としても読み応えがある

情報量は多いがきちんと整理されているので、必要な情報を探しやすい。読み物としても読み応えがある

お天気アプリで星空指数をチェック

星空観察に出かける前には、観察場所の天気をしっかり確認しておきたい。ただし、一般的な天気予報ではたとえ晴れの予報でも、雲の状態まではわからない。そこで活用したいのが、星が見られる確率を予報する星空指数だ。

日本気象協会公式の天気予報アプリ「tenki.jp」では星空指数を公表しているので、これを利用しよう。

tenki.jp
対応OS:iOS 9.0以降、Android 5.0以上
価格:無料(アプリ内課金あり)

iPhoneは画面左下、Androidスマホは左上の「メニュー」から「指数情報」を選ぶ。「洗濯指数」の画面になるので、右上の「メニュー」→「指数」→「星空」とタップすると「星空指数」のページが開く。あとは、地域をタップして選択すると、その地域の1週間先までの星空指数がわかる。

星空指数を見ると、星が見られるおおよその確率がわかる。画面を下方にスクロールすると、週間の星空指数が表示される

星空指数を素早く確認できるように設定することもできる。手順は、起動時の初期画面まで戻り、「メニュー」の「設定」→「お役立ち情報」をタップ。

iPhoneは「お役立ち情報を追加する」、Androidスマホは「現在地」→「お役立ち情報の追加」をタップ。表示される画面で「星空」を選んだら、設定は完了だ。

あとは、通常の天気予報画面に「星空」ボタンが追加されるので、タップすればその地域の星空指数を素早く確認できる。

iPhoneの天気予報画面例。「星空」ボタンをタップするだけで、知りたい地域の星空指数がわかる。Androidでは設定で「現在地」を選ぶが、iPhoneと同様に任意の地域の星空指数を表示できる

月齢も調べておく

星空観察には、もうひとつ重要な要素として月齢がある。月明かりが明るいほど星は見えにくくなるので、月の観察を除けば月明かりは少ないほうがいい。月の月齢もアプリで簡単に調べられるので、インストールしておくといいだろう。

シンプル月齢カレンダー
対応OS:iOS 10.0以降、Android 4.1以上
価格:無料(アプリ内課金あり)

起動すると、カレンダーに月齢を表示する。日付をタップすると、月の出、月の入時間もわかる。また、iOS版もAndroid版もウィジェットに対応するので、登録しておくとその日の月齢を素早く確認できて便利だ。

アプリを起動するだけで、月齢がひと目でわかる

アプリを起動するだけで、月齢がひと目でわかる

まとめ

これから季節は夏へと向かい、旅行やキャンプなどの機会が増えることだろう。普段、街明かりで星を見る機会が少ない人も、行き先によっては星空観察のチャンスだ。今年はイベントのひとつとして、星空観察を加えてみてはいかがだろうか。

もちろん普段の生活の中でも楽しめるので、ときにはホッと息を抜き、夜空を見上げてみよう。

小野均

小野均

パソコンからモバイルまで、ハード&ソフトのわかりやすい操作解説を心がける。趣味は山登りにクルマという、アウトドア志向のIT系フリーライター。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る