ニュース
キーストロークはわずか2.7mm!

薄いのにしっかりメカニカルな打鍵感!ロジクールの最新ゲーミングキーボード「G913」「G813」

8月16日、ロジクールはゲーミング向けブランド「ロジクールGシリーズ」のゲーミングキーボードの新モデル「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G913)と「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G813)を発表した。それぞれ、打鍵感の異なる3種類のメカニカルスイッチモデルをラインアップする。発売日は8月29日で、市場想定価格はG913が30,250円、G813が23,250円(いずれも税別)となっている。

G813(写真上)とG913(写真下)

G813(写真上)とG913(写真下)

G913は、900番台のナンバーを冠した同社ゲーミングキーボードのフラッグシップモデルで、「G613」にも採用された同社独自の低遅延ワイヤレス技術「LIGHTSPEED」を採用したワイヤレスモデル。G813は、G913をベースにワイヤレス技術を省いた有線接続タイプとなっている。

いずれも、「ロープロファイルGLスイッチ」と呼ばれるKailh製のロープロファイルメカニカルキースイッチを採用したのが最大の特徴。ロジクールGシリーズのメカニカルキーといえば、オムロンスイッチアンドデバイスと共同開発した「Romer-G」が有名だ。「Romer-G」は、アクチュエーションポイントが1.5mmと、標準的なメカニカルキーボードと比べて25%短く、素早いキーレスポンスが得られるというのが大きなウリだったが、今回の「GL」もこの特徴はしっかりと継承されている。加えて、「GL」では薄型のキースイッチの利点を生かし、わずか2.7mmという浅いキーストロークを実現。ゲーミングの勝敗を左右する入力の高速化とメカニカルのようなしっかりとしたクリック感の両立を実現したというわけだ。

Kailh製のロープロファイルメカニカルキースイッチを採用した「ロープロファイルGLスイッチ」。アクチュエーションポイント1.5mm、キーストローク2.7mmというスペックを実現している

本体は、ロープロファイルメカニカルキースイッチを採用したこともあり、ぱっと見た感じはメンブレンキーのキーボードじゃないかと思うくらい薄く仕上がっている。キーレイアウトは、左端に5つのGキーを配置している点など、ワイヤレスゲーミングキーボードの「G613」に近い感じだ。左上に配置された3つのプロファイルキーは、専用ユーティリティソフト「Logicool G HUB」経由で、キーごとに設定を保存することも可能。テンキー近くには、メディアコントロールボタンも用意されている。ライティング機能「LIGHTSYNCテクノロジー」も搭載しており、キーごとのライトを約1680万色から個別に設定できるほか、ゲーム内のアクションや映像などと自動連動することも可能だ。

G913を横から撮影したところ。メカニカルキーボードとは思えないほど薄型なのがわかるはずだ

G913を横から撮影したところ。メカニカルキーボードとは思えないほど薄型なのがわかるはずだ

キーボードの左端には5つのGキーを用意

キーボードの左端には5つのGキーを用意

ファンクションキー近くには、プロファイルキーやイルミネーション制御ボタンなどが並ぶ

ファンクションキー近くには、プロファイルキーやイルミネーション制御ボタンなどが並ぶ

テンキー上部には、動画や音楽の再生に便利なメディアコントロールキーも用意されていおり、スクロールホイールでボリュームコントロールも可能だ

背面の角度調整スタンド。4°と8°の2種類から選べる

背面の角度調整スタンド。4°と8°の2種類から選べる

このほか、G913は専用ドングルを使う「LIGHTSPEED」接続に加え、Bluetooth接続にも対応する。バッテリーのフル充電までにかかる時間は3時間。連続使用時間は、RGBライティングON時で30時間だが、RGBライティング機能の使用頻度を抑えれば2週間以上使用できるそうだ。USBによる有線接続に対応したG613は、スマートフォンなどの充電等に便利なUSBパススルーポートを備える。

G913は「LIGHTSPEED」接続用の専用ドングルが付属

G913は「LIGHTSPEED」接続用の専用ドングルが付属

有線接続のG613(写真下)はUSBパススルーポートも用意されている

有線接続のG613(写真下)はUSBパススルーポートも用意されている

今回、短時間ではあるが実際にG913に触れることができた。普段キーストロークのあるキーボードに触れているためか、浅いストロークなのにしっかりとした打鍵感があるという不思議なタッチフィーリングに最初はかなり衝撃を受けた。普段ゲーミングノートPCでゲームをプレイする人やメンブレンに馴染んでいる人など、浅いキーストロークにそれほど抵抗感がない人だったらスムーズに移行できそうだが、これまでフルサイズメカニカルキースイッチを使ったゲーミングキーボードでしっかりとしたストロークに慣れている人だと、同じような感覚で操作できるようになるにはかなり慣れが必要かもしれない。多少好みが分かれそうではあるが、これまでのゲーミングキーボードにはない感覚であるのは確かだ。

初めて触ったときはかなり不思議なタッチフィーリングに驚いた

初めて触ったときはかなり不思議なタッチフィーリングに驚いた

なお、冒頭にも書いた通り、今回発表されたG913とG813には、タクタイル/リニア/クリッキーの3種類のメカニカルスイッチがそれぞれラインアップされている。はっきりとしたクリック音がほしいならクリッキー、動画配信などで音が出るのは避けたいが、しっかりとした打鍵感が欲しいならタクタイルといったように、ユーザーの好みや使用状況に応じて選べるのはうれしいポイントだ。メカニカルスイッチの違いでもだいぶフィーリングが異なるため、興味のある方は、ぜひその手で体験してみてほしい。

3種類のメカニカルスイッチ(写真左からタクタイル/リニア/クリッキー)。ちなみに、Cherryにもロープロファイルメカニカルキースイッチのラインアップはあるが、タクタイル/リニア/クリッキーという異なる打鍵感を出せるラインアップがなかったため、今回はKailhのものを採用したそうだ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る