ニュース
「11」は「XR」より1万円安い!

アップル、新型「iPhone 11」と3つのカメラを搭載した「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」発表


米アップルは2019年9月10日(現地時間)、スマートフォン「iPhone」の新機種として、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3モデルを発表した。国内では9月13日から予約を受け付け、9月20日に発売する。

iPhone 11は6.1インチの液晶ディスプレイを搭載するスタンダードモデル。価格は現行の「iPhone XR」の発売時よりも1万円安い74,800円(税別)から。上位機種で3つのカメラを搭載するiPhone 11 Proは106,800円(税別)から。超広角の写真が撮影できるようになったほか、暗い場所でもきれいな写真を撮影できる「ナイトモード」も備えた。大画面モデルのiPhone 11 Pro Maxは119,800円(税別)から。

発売時の「XR」より1万円安い「11」

iPhone 11は、iPhone XRの後継機種に位置づけられるスタンダードモデル。ブラック、グリーン、イエロー、パープル、PRODUCT RED、ホワイトの6色のカラーバリエーションを用意する。

iPhone 11

iPhone 11

ディスプレイは6.1インチの液晶でiPhone XRとほぼ同じスペックだ。iPhone XRはIP67等級(水深1メートルで最大30分間)だったがiPhone 11ではIP68等級(水深2メートルで最大30分)へ防水性能がアップしている。

チップは「A13 Bionicチップ」で第3世代の「Neural Engine」も搭載。iPhone XRではひとつだったカメラが、iPhone 11では超広角カメラ(F2.4、120°、1200万画素)と広角カメラ(F1.8、1200万画素)のデュアルカメラに強化されている。広角カメラには光学式の手ぶれ補正も備える。5倍のデジタルズームも利用可能だ。「iOS 13」の「ポートレートライティング」には、ハイキー照明(モノ)エフェクトが追加されている。

カメラ部分はiPhone 11 Proと同じデザインだが、カメラは2つ

カメラ部分はiPhone 11 Proと同じデザインだが、カメラは2つ

バッテリー駆動時間はiPhone XRよりも最大1時間長く、ビデオオ再生は最大17時間。高速充電やワイヤレス充電にも対応する。Wi-Fi 6に対応したのも見逃せない。外部インターフェイスはUSB Type-Cではなく、Lightningコネクターを引き続き採用する。本体サイズは75.7(幅)×150.9(高さ)×8.3(厚さ)mm、重量は194g(iPhone XRと同じ)。ストレージ容量は64GB、128GB、256GB。

トリプルカメラの「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、カメラ機能の強化が一番の特徴だ。超広角カメラ(焦点距離13mm、F2.4、1200万画素)、広角カメラ(焦点距離26mm、F1.8、1200万画素)、望遠カメラ(焦点距離52mm、F2.0、1200万画素)の3つのカメラを搭載。インターフェイスもトリプルカメラの搭載に合わせて一新している。動画撮影機能は4K/60fpsでの撮影が可能で、回転やトリミング、自動補正など、写真のように動画を編集できるという。また、暗い場所でも明るくきれいな写真を撮影できる「ナイトモード」も搭載。トリプルカメラとナイトモードは、Android勢が強みにしていた機能なので、iPhoneが追いついたといえる。

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro

トリプルカメラになり、カメラアプリのインターフェイスが一新された

トリプルカメラになり、カメラアプリのインターフェイスが一新された

ナイトモードのオンとオフ

ナイトモードのオンとオフ

ディスプレイは2つのピーク輝度を持つ「Super Retina XDRディスプレイ」。日光の下では最大800ニト、Extreme Dynamic Rangeのコンテンツを見るときは最大1200ニトまで輝度が上がるという。

スマートフォンの頭脳であるチップには、スマートフォンの中で最も速いというA13 Bionicチップを搭載。CPUの2つの高性能コアは最大20%速く、消費電力は最大40%少なく、4つの高効率コアは最大20%速く、消費電力は最大25%少なくなっているという。GPUも同じく、最大20%高速になり、消費電力は最大30%少なくなっている。トリプルカメラシステムやFace ID、ARアプリなどを動かすときに働くNeural Engineも最大20%速く、消費電力は最大15%少なくなっている。

バッテリー駆動時間はiPhone 11 Proで4時間(iPhone XS比)、iPhone 11 Pro Maxで5時間(iPhone XS Max比)も伸びている。50%充電を30分間でできる高速充電やワイヤレス充電にも対応。本体はIP68等級(水深4メートルで最大30分)の耐水性能、防沫性能、防塵性能を備える。無線LANはWi-Fi 6に対応する。

カラーバリエーションはゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4色。ストレージ容量は64GB、256GB、512GB。本体サイズは5.8インチのiPhone 11 Proが71.4(幅)×144.0(高さ)×8.1(厚さ)、重量は188g。6.5インチのiPhone 11 Pro Maxが77.8(幅)×158.0(高さ)×8.1(厚さ)mm、重量が226g。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る