ニュース
5G端末の試作機とプレサービス向けコンテンツを公開

9月20日開始、NTTドコモ「5Gプレサービス」の気になる中身とは?

NTTドコモは、2019年9月18日、第5世代モバイル通信システム「5G」のプレサービスを9月20日に開始すると発表。あわせてそこで使われる端末やサービスおよびコンテンツを公開した。

東京、名古屋、大阪から5Gプレサービスを開始

NTTドコモでは、2020年春に、5Gの商用サービスを予定している。それに先駆ける形で、全国のいくつかのポイントで5Gサービスを体験できる環境が用意される。プレサービスでは、商用サービスと同様の設備が使われ、5G対応のスマートフォンを貸し出すことで、5Gの世界をいち早く体験できる。

5Gのプレサービスが開始されるのは、9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」の会場および、「d garden五反田店」、「ドコモショップ丸の内店」、「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」、「ドコモショップグランフロント大阪店」の各ドコモショップ。これに続いて、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、金沢、広島、高松、福岡、沖縄、グアムに設置された「ドコモ5Gオープンラボ」、札幌ドーム、東京スタジアム、横浜国際総合競技場、小笠山総合運動公園エコパスタジアム、豊田スタジアム、東大阪市花園ラグビー場、阪神甲子園球場、神戸市御崎公園球技場、大分スポーツ公園総合競技場、MAZDA Zoom−Zoom スタジアム広島、福岡 ヤフオク!ドームの各スタジアム、札幌駅、仙台駅、金沢駅、大阪駅、京都駅、高松駅の各駅。東京国際空港、成田国際空港、関西国際空港の各空港にも5Gプレサービススポットが用意される予定だ。

5Gプレサービスの拠点のひとつとなるドコモ5Gオープンラボは、9月20日のタイミングで、従来の全国4か所から11か所に増強される

これらの5Gプレサービスでは、商用利用時と同じ通信設備が使われる。通信速度は28GHz帯(ミリ波)のエリアでは下り最大3.2Gbps、上り最大202Mbps。3.7GHz帯と4.5GHz帯(Sub 6)のエリアでは下り最大2.4Gbps、上り最大107Mbpsという高速な通信速度を実現する。

NTTドコモが保有する5G用の周波数帯免許は、3.7GHz帯(100MHz幅)、4.5GHz帯(100MHz幅)、28GHz帯(400MHz帯)の3バンド

5Gプレサービスで使われる端末は、スマートフォン3機種と、データ通信端末1機種。いずれもSoC「Snapdragon 855」に5G対応モデム「Snapdragon X50」を組み合わせた試作機で、ソニーモバイル、サムスン、LGのスマートフォンとシャープ製のデータ通信端末となる。そのうちサムスン製の端末は「Galaxy S10 5G」をベースにしたもの、LG製の端末は「V50 ThinQ」をベースにした2画面モデル。ソニーモバイル製の端末はベースモデルのない完全な試作機だ。

サムスン製の5G対応スマホ。5G通信はミリ波とSub 6の両方に対応している

サムスン製の5G対応スマホ。5G通信はミリ波とSub 6の両方に対応している

サムスン製の5G対応スマホの背面。ベースモデルの「Galaxy S10 5G」同様に超広角、広角、望遠、TOFの4種類のカメラを搭載している

LG製の5G対応スマホ。ディスプレイのついたカバーを装着することで2画面スマホに変身する。なお、5G通信はSub 6のみの対応となる

LG製の5G対応スマホの裏面。超広角、広角、望遠の組み合わせのトリプルカメラを搭載している

LG製の5G対応スマホの裏面。超広角、広角、望遠の組み合わせのトリプルカメラを搭載している

ソニーモバイル製の5G対応スマホ。「Xperia 1」のような縦長ディスプレイを採用しているがまったくの試作機。5G通信は、ミリ波とSub 6の両方に対応している

ソニーモバイル製の5G対応スマホの背面カメラはデュアルカメラで、トリプルカメラのXperia 1とは異なっている

シャープ製の5G対応データ通信端末。5G通信はミリ波とSub 6に対応している

シャープ製の5G対応データ通信端末。5G通信はミリ波とSub 6に対応している

また、NTTドコモの今後の5Gの展開についても発表が行われた。商用サービスは2020年春開始の予定で、2020年の第1四半期までに、全国47都道府県すべてに5G基地局を設置するという。また2021年には10,000局、2024年には26,334局というペースで基地局の新設を進めるとのことだ。なお、他社と同様に、当面は4Gと5Gを共存させる方針だ。ただし、4Gのように人口密集地帯中心のエリア展開とはならず、国の方針に従い、郊外含めて5Gのニーズのあるところにまんべんなくエリアを広げていくという。
なお、当面は4Gの設備を併用するノンスタンドアローンモード(NSA)でサービスを開始するが、5Gのフル機能を活用できる本命のスタンドアローンモード(SA)への移行は、それほど時間をかけずに行うということだ。

5Gプレサービスで体験できるコンテンツ

5Gプレサービスで体験できるエンターテインメント系コンテンツも紹介されていた。その一部を紹介しよう

ラグビーワールドカップのマルチアングル視聴

「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で体験できる、マルチアングル視聴。審判目線での視聴はとても迫力がある。また、選手ひとりひとりの移動速度などがリアルタイムで表示されるのも新鮮だ

アイドルのライブ視聴

マルチアングル視聴に加えて、推しメンバーをタッチすることで、ARのエフェクトをかけることができる。このほか、コールをコメントとして流して応援することも可能

「ストリートファイター」のARコンテンツ

カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイター」をARコンテンツ化したもの。角度を変えてバトルを視聴できる

カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイター」をARコンテンツ化したもの。角度を変えてバトルを視聴できる

「Hatch」によるストリーミングゲームの実演

ダウンロード不要で遊べるストリーミングゲーム配信サービス「Hatch」を使ったゲームの実演。ブロック崩しは激しい動作だが、タイムラグをほとんど感じずに遊ぶことができた

ゴルフのリモートレッスン

日本プロゴルフ協会と連携したゴルフのリモートレッスン。「PGAメソッド」を各地のゴルフ場やゴルフ練習場でも受講できるようになる

ウェアラブルデバイスを使った本格的なARゲーム

Magic Leap社のウェアラブルデバイス「Magic Leap One」。実世界の上にゲームコンテンツを重ねる本格的なARゲームを実現する

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る