隔週スマホニュース
スマホ業界の最新ニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

10月1日からスマホの料金とサービスはこう変わる!

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は10月1日に施行される改正電気通信事業法に対応した、通信キャリア各社のサービスや料金変更点をまとめつつ、それに関連した行政の動きを含めて解説しよう。

10月1日以降の契約より、2年縛りの解約条件を緩和
NTTドコモ

NTTドコモの受付け中の料金プランは、2019年6月に開始された「ギガホ」と「ギガライト」のスマートフォン向け料金プラン2種類、タブレット向けの「データプラス」、ケータイ向けの「ケータイプラン」、子ども用ケータイ向けの「キッズケータイプラン」の5つ。これを10月1日以降も継続して実施し、変更は行わない。

端末購入サポート「スマホおかえしプログラム」も変更なし

端末購入サポートも現状の「スマホおかえしプログラム」が継続される。なお、「スマホおかえしプログラム」は、36回の分割払い(金利・手数料なし)で対象のスマートフォンを購入した場合、1〜24回分を支払った時点でNTTドコモに返却すると、最大で12回分の分割払いの残債が免除されるというものだ。他社の類似サービスよりも免債額は少ないが、毎月のプログラム料がかからないメリットがある。

2年縛りの解約条件の緩和を実施

10月1日以降に、「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約した場合について、2年定期契約(以下、2年縛り)の解約金を9,500円から1,000円に値下げする。また、2年縛りを使わない場合の月額料金を1,330円値下げし、2年縛りの有無による価格差を、法令に準拠した月額170円に抑える。

なお、「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を2年縛りなしで契約した場合でも、料金の決済方法としてNTTドコモのクレジットカードである「dカード」または「dカード GOLD」(家族カード含む)を使った場合、通信料金を月額170円割引する「dカードお支払割」を新設する。「dカード」の年会費も無料になる。

料金プランや端末購入サポートには変更はない。ただし。2年縛りの解約条件が一部緩和される

料金プランや端末購入サポートには変更はない。ただし。2年縛りの解約条件が一部緩和される

10月1日より「2年契約N」に対応する新料金6プランに移行
au

auでは、9月13日より先行して開始された新料金「auデータMAXプランNetflixパック」と合わせ、10月1日より合計6種類の料金プランに改変される。各プランの詳細は以下のページで解説しているが、基本的には従来の料金プランのサービス内容や月額料金を踏襲しつつ、新たに始まる2年契約サービス「2年契約N」に対応する点が異なっている。「2年契約N」では、回線の2年契約縛りの契約解除料を従来の9,500円から1,000円に値下げするとともに、月々の通信料金から170円の割引を行う。

「アップグレードプログラムDX」の登場

従来の端末購入サポート「アップグレードプログラムEX」が、10月1日より「アップグレードプログラムDX」にリニューアルされる。基本的な仕組みは変わっておらず、端末を48回の分割払いで購入し、プログラム料として月額390円(不課税)を24か月支払うことを条件に、購入25か月目以降に端末をauに返却し、指定された端末に買い換えることで、残債(最大半分)を免除する。「アップグレードプログラムEX」との違いは、au回線との契約が不要で、他キャリアのユーザーでも利用可能となっている点だ。なお、購入する端末には従来同様の条件でSIMロックがかけられているので、他社回線のSIMカードを利用する場合は、購入から100日目以降にSIMロックを解除する必要がある。

10月1日より、「2年契約N」に対応する新料金プランに切り替えが行われる。また、端末購入サポートも「アップグレードプログラムDX」に変更される

※2019年10月16日追記:auは2019年10月いっぱいで「アップグレードプログラムDX」の新規受付を終了し、11月1日より、新しい「アップグレードプログラムNX」を開始すると発表した。

2年縛りを廃止した新しい「基本プラン」に1本化
ソフトバンク

ソフトバンクは、契約期間と契約解除料がない新しい「基本プラン」2種類を9月13日よりすでに開始しいている。この新しい基本プランは、スマホ、ケータイ向きの「基本プラン(音声)」と、タブレット、モバイルWi-Fiルーター向きの「基本プラン(データ)」の2種類で、料金はいずれも月額980円。これは従来の「通話基本プラン(2 年契約時)」から520円の値下げとなる。

これに組み合わせるデータプランは、「データプラン50GB+」、「データプランミニ」、「データプラン1GB(スマホ/ケータイ)」、「データプラン100MB」、「データシェアプラス」の従来から継続された5プランだ。ただし、料金はいずれも月額520円の値上げとなっており、基本プランとデータプランの総額は従来と同じになる。

回線契約不要の端末購入サポート「半額サポート+」を提供中

端末購入サポートも、9月13日から新しい「半額サポート+」へ切り替わっている。これは従来の「半額サポート」と同様に、対象のスマホやタブレット、ケータイを48回の分割払いで購入し、25か月目以降の買い替え時に、ソフトバンクの指定する端末を購入した場合、残債を(最大半額分)免除するというもの。ただし、新たにプログラム利用料として月額390円(不課税)を24か月支払う必要があるほか、ソフトバンクのユーザー以外でも利用できるという点が大きく異なる。なお、端末には従来同様にSIMロックがかかっているので、購入後100日目以降にSIMロックを解除しないと、他社のSIMカードは使うことができない。

2年縛りのない「基本プラン」への切り替えを実施。半額サポート+は回線契約不要で利用できるが、購入した端末には引き続きSIMロックがかけられている

契約期間および契約解除料がない新料金を実施
ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、契約期間および契約解除料がない分離プラン対応の新料金プランを10月1日より開始する。

新料金プラン「スマホベーシックプラン」は、月間4GB(2年間限定のデータ増量1GBを含む)のデータ通信容量で月額2,680円の「プランS」、月間12GB(2年間限定のデータ増量3GBを含む)のデータ通信容量で月額3,680円の「プランM」、月間17GB(2年間のデータ増量3GBを含む)のデータ通信容量で月額4,680円の「プランR」の3種類が用意される。いずれも、国内音声通話の1回10分以内のかけ放題が含まれている。(内容アップデート:2019年9月30日に発表された、新プラン「スマホベーシックプラン」の通信容量の増量を反映。)

2年縛りの解約条件緩和とMNP転出手数料を3,000円に値下げ

10月1日以降、従来の料金プランから「スマホベーシックプラン」3プランあるいは「ケータイベーシックプランSS」へプラン変更する場合、ワイモバイルを継続して2年以上継続して利用しているか、機種変更と同時に「スマホベーシックプランS/M/R」あるいは「ケータイベーシックプランSS」を契約することを条件に、2年縛りの解約違約金9,500円を免除する。また、新規契約から6か月以内にMNPまたは番号移行をした場合のMNP転出手数料・番号移行手数料を、現在の6,000円から3,000円に値下げする。

端末価格の見直しを実施するほか、36回の分割払いに対応

端末の価格も10月1日のタイミングで改訂が行われる。個々の端末価格は10月1日に発表されるが、現在の24回の分割払いに加えて36回の分割払いも新たに用意される。

ワイモバイルの新料金は国内通話の10分間かけ放題がセットになっている

ワイモバイルの新料金は国内通話の10分間かけ放題がセットになっている

10月1日より契約期間と契約解除料がない「スマホプラン」を実施
UQモバイル

UQモバイルは、10月1日より、月間3GBのデータ通信容量で月額1,980円の「スマホプランS」、月間9GBのデータ通信容量で月額2,980円の「スマホプランM」、月間14GBのデータ通信容量で月額3,980円の「スマホプランL」という3種類の新料金プランを開始する。ワイモバイルの新料金をかなり意識した内容だが、こちらは音声通話の通話し放題がオプションになっている。

これらの新料金プランは、契約期間と契約解除料がないほか、従来プランのように、契約2年目、契約3年目のタイミングで料金が値上がりすることがなく、当初の料金がずっと続くシンプルさが特徴。そのいっぽうで、従来プラン同様に、使い切れなかったデータ通信容量を翌月まで繰り越しできるほか、通信容量を消費しない「節約モード」といったUQモバイルならではの特徴は継承されている。このほか、MNP転出時の手数料を10月1日以降一律で3,000円に値下げする。

UQモバイルの新料金は複雑なオプションや特典を整理して、シンプルでわかりやすいものになっている

UQモバイルの新料金は複雑なオプションや特典を整理して、シンプルでわかりやすいものになっている

高市総務大臣が「SIMロック解除」を提唱

2019年9月20日に実施された「モバイル市場の競争環境に関する研究会(第18回)」で、高市早苗総務大臣は「SIMロックの即時解除」を提唱。その後行われた報道記者との質疑応答の中で、改めて「速やかにSIMロックに関するルールの見直しを進める」と発言した。これに対して高市大臣は、auの「アップグレードプログラムDX」と、ソフトバンクの「半額サポート+」は、回線契約が不要ながら、端末には従来と同じ条件のSIMロックがかけられていることを受けてのものと説明している。

消費者庁が「アップグレードプログラムDX」と「半額サポート+」の広告に注意喚起

消費者庁は、2019年9月26日にauの「アップグレードプログラムDX」とソフトバンクの「半額サポート+」に対して、消費者への注意喚起を呼びかけるとともに、事業者(この場合は、KDDIとソフトバンク)に対しても、速やかに対策を講じることを要請している。その理由を、「最大 50%オフのように記載し、携帯電話端末を、あたかも半額で購入できるかのように表示しているが、実際には半額以上の経済的負担をさせるものとなる場合があり得る」ため、と説明している。
注意喚起の具体的な理由だが、消費者庁は、これらの端末購入サポートでは、月額390円のプログラム料を24回支払う必要があるほか、端末の回収が必要なうえに、回収の際の端末の破損状態によって追加料金が発生する可能性がある点を指摘している。また、総務省のSIMロックの即時解除の提唱と同じく、購入日から一定の期間は、 SIM ロックを解除できないことも指摘している。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2019年9月14日から9月27日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

通信キャリアおよびSIMフリー共通

iOS13.1およびiPadOS 13.1の配布
・「iPhone」(アップル)
・「iPad」(アップル)

NTTドコモ

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L(サムスン)
・Galaxy Note9 SC-01L(サムスン)
・Galaxy Note8 SC-01K(サムスン)
・Xperia XZ3 SO-01L(ソニーモバイル)

au

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy Note9 SCV40(サムスン)
・Xperia XZ3 SOV39(ソニーモバイル)
・Qua phone QZ(京セラ)
・URBANO V04(京セラ)
・mamorino5(京セラ)
・isai V30+ LGV35(LG電子)
・AQUOS R3 SHV44(シャープ)

ソフトバンク(ワイモバイル)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Lenovo TAB5(レノボ)
・SoftBank 604HW(ファーウェイ)

UQモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・おてがるスマホ01(京セラ)
・AQUOS sense(シャープ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る