特別企画
コストを徹底比較

「iPhone 11」買うならどっち? 分離プランのキャリア版 vs.格安SIMで使うSIMフリー版


改正電気通信事業法の施行にともない、2019年10月1日から大手キャリアの新しい料金プランが本格的にスタートしました。

通信サービスの利用料金とスマートフォンなどの端末代金を分離したいわゆる「分離プラン」は、すでに各キャリアで導入が進んでいますが、10月1日からは定期契約の契約解除料が最大でも1,000円(税別、以下同)しかかからなくなったため、これまで以上にキャリアを乗り換えやすくなりました。

気になるのは、9月20日から販売が始まったアップルの最新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を新しい料金プランで利用する場合のコストです。2019年のiPhone 11シリーズは、分離プランのもとで初めて登場するモデルとなります。各キャリアのキャリア版とSIMフリー版では、どちらを購入するのがお得なのでしょうか。

そこで今回は、2019年の最新のiPhoneについて、NTTドコモ、au、ソフトバンクの各キャリア版を購入する場合と、SIMフリー版を格安SIMで利用する場合のコストがそれぞれどれくらいになるのかを比較してみました。

iPhone 11シリーズの販売価格をおさらい

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの販売価格は、以下の表の通り。

キャリア版のiPhoneは、端末の返却を前提に分割払いの一部が免除されるサービス(ここでは「買い替え(返却)サービス」と呼びます)の適用を受けることができるため、全額支払う場合を「最後まで使う」、買い替え(返却)サービスを利用する場合を「2年で返却」または「2年で機種変更」として、2通りの価格を併記しています。

また、買い替え(返却)サービスに月額料金が掛かるauとソフトバンクについては、「2年で機種変更」の金額に24回分の合計価格(9,360円、不課税)を加算しています。

iPhone 11シリーズの販売価格一覧

iPhone 11シリーズの販売価格一覧

買い替え(返却)サービスの詳細は、以下の通りです。iPhoneの本体価格のうち、NTTドコモは最大3分の1、auとソフトバンクは最大半分が免除されます。

NTTドコモはiPhoneの購入時に通信サービスを契約していなければなりませんが、解約後でもiPhoneを返却して免除を受けることができます。auとソフトバンクは通信サービスを契約していなくてもiPhoneを購入できますが、免除を受けるには指定機種への機種変更が必要です。

各キャリアの買い替え(返却)サービスとその条件

各キャリアの買い替え(返却)サービスとその条件

なお、本記事におけるiPhoneの本体価格や料金プランの内容などは、10月1日時点でのものとなります。auが11月から買い替え(返却)サービスの改定を検討していると報じられているように、今後早いうちに本体価格やサービスの提供条件が変更される可能性があります。

10月1日からの料金プランは毎月いくら?

コストを比較する前に、各キャリアの料金プランにおける月額料金を確認しておきましょう。NTTドコモ、au、ソフトバンクにおいて、10月1日以降に提供されている主な料金プランと月額料金を以下の表にまとめました。SIMフリー版のiPhoneと組み合わせる格安SIMには、iPhoneユーザーのシェアが大きい「mineo」から、NTTドコモの回線を利用する「Dプラン」を選んでいます。

どのキャリアの月額料金も、通話料割引オプションを追加しない契約内容を前提としています。比較をわかりやすくするために、端末補償サービスなどのオプション料金、家族の回線数に応じた割引や固定通信サービスとのセット割引といった月額料金に対する割引なども反映していません。

大手キャリアおよびmineoの料金プラン一覧

大手キャリアおよびmineoの料金プラン一覧

大手キャリアの料金プランのうち、NTTドコモとauの月額料金は2年契約ありの場合を想定しました。ソフトバンクでは2019年9月13日から定期契約が廃止されているため、契約期間はありません。

また、mineoは契約から12か月以内にMNP(携帯電話・PHS番号ポータビリティー)制度を利用して転出する場合のみ9,500円の契約解除料が生じていましたが、10月1日以降に新規契約する回線では廃止されたため、ここでは契約解除料なしとしています。

なお、旧来の料金プランから新料金プランに切り替える場合、移行できるタイミングや契約期間の引き継ぎといった条件は、キャリアごとに異なります。

2年間利用する場合のコストを比較

それでは、大手キャリアのiPhoneを返却することを前提に、2年間だけ利用する場合のコストを比較してみましょう。

以下の表に、NTTドコモ版、au版、ソフトバンク版、SIMフリー版のiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxをそれぞれ2年間利用した場合の合計コストと毎月のコストをまとめました。SIMフリー版の毎月のコストには、本体価格を24等分した金額を加算しています。

iPhone 11を2年間利用する場合のコスト

iPhone 11を2年間利用する場合のコスト

iPhone 11 Proを2年間利用する場合のコスト

iPhone 11 Proを2年間利用する場合のコスト

iPhone 11 Pro Maxを2年間利用する場合のコスト

iPhone 11 Pro Maxを2年間利用する場合のコスト

最も価格が安いiPhone 11 64GBモデルで月の通信量が1GB以下だった場合の毎月のコストは、NTTドコモ版が5,180円、au版が5,088円、ソフトバンク版が6,061円となりますが、SIMフリー版は3GBまで使っても4,717円です。キャリア版で最も安いau版とSIMフリー版の2年間の差額は8,917円、最も高いソフトバンク版とSIMフリー版では32,262円に達します。

最も価格が高いiPhone 11 Pro Max 512GBモデルで月の通信量が1GB以下だった場合、NTTドコモ版は7,580円、au版は6,875円、ソフトバンク版は7,925円ですが、SIMフリー版では3GBまで通信すると8,175円、500MBまででも7,975円のコストが掛かります。

このように、データ利用量が小容量の範囲において、本体価格が安いモデルはSIMフリー版&格安SIMのほうがお得ですが、本体価格が高いモデルではキャリア版のほうがお得な傾向にあります。

いっぽう、iPhone 11 64GBモデルで月に30GBまで通信する場合の毎月のコストは、NTTドコモ版が9,180円(ギガホ)、au版が9,988円(auデータMAXプランNetflixパック)、ソフトバンク版が9,561円(ウルトラギガモンスター+)、SIMフリー版が9,717円(mineoのデュアルタイプ・30GB)となります。

最も安いのはNTTドコモ版ですが、mineo(Dプラン)と組み合わせたSIMフリー版とともに、これ以上データ利用量が多いプランはありません。

これに対し、SIMフリー版よりもお得なソフトバンク版はさらに20GB通信できるうえに、YouTubeなど一部サービス利用時の通信が無料になる「ゼロレーティング」機能を備えています。au版は使い放題なので、データ利用量に上限はありません(テザリング利用時などを除く)。この傾向は、本体価格がより高いiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxでも同様です。

最後まで使う場合のランニングコストを比較

続いて、iPhoneを返却せずに使い続ける場合のコストを比べてみました。期間は大手キャリアの分割払い回数(NTTドコモは36回、auとソフトバンクは48回)に合わせて、NTTドコモは3年間、auとソフトバンクは4年間としています。

●NTTドコモ版とSIMフリー版を比較

以下の表は、NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxをそれぞれ3年間利用し続ける場合について、合計コストと毎月のコストを試算したものです。SIMフリー版の毎月のコストには、本体価格を36等分した金額を分割払い相当の価格として加えています。

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11のコスト

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11のコスト

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11 Proのコスト

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11 Proのコスト

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11 Pro Maxのコスト

NTTドコモ版とSIMフリー版のiPhone 11 Pro Maxのコスト

本体価格が最も安いiPhone 11 64GBモデルで月の通信量が3GBまでの小容量プランにおける毎月のコストは、NTTドコモ版は6,180円、SIMフリー版は3,678円となっており、SIMフリー版のほうが毎月2,502円お得。3年間の合計コストにおける差額は90,072円と、iPhone 11 64GBモデルの本体価格を上回ります。

いっぽう、月の通信量が30GBまでの大容量プランの場合は、NTTドコモ版が9,180円、SIMフリー版が8,678円となっており、差額は502円まで縮まります。合計コストの差額も18,072円と、小容量プランほどの差はありません。

本体価格が最も高いiPhone 11 Pro Max 512GBモデルも同様で、月の通信量が3GBまでの毎月のコストはNTTドコモ版が8,580円、SIMフリー版が5,983円。3年間の差額は93,480円となります。月の通信量が30GBまでの場合はNTTドコモ版が11,580円、SIMフリー版が10,983円で、3年間の差額は21,492円です。

●au版、ソフトバンク版とSIMフリー版を比較

次に、au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxをそれぞれ4年間利用し続ける場合を見てみましょう。NTTドコモ版との比較と同様に、SIMフリー版の毎月のコストには本体価格を48等分した金額を加算しています。

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11のコスト

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11のコスト

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11 Proのコスト

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11 Proのコスト

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11 Pro Maxのコスト

au版およびソフトバンク版とSIMフリー版のiPhone 11 Pro Maxのコスト

本体価格が最も安いiPhone 11 64GBモデルで月の通信量が1GBまでの小容量プランにおける毎月のコストは、au版が4,698円、ソフトバンク版が5,671円です。データ利用量は異なりますが、SIMフリー版で3GBまで通信する場合の毎月のコストは3,158円なので、SIMフリー版のほうがお得。毎月のコストはau版との差額が1,540円、ソフトバンク版との差額は2,513円に達します。

大容量プランの場合、データ利用量が毎月20GBまでならSIMフリー版の6,238円がお得です。au版はこれよりも1,480円高い7,718円ですし、ソフトバンク版はデータ利用量の区切りの都合上「ウルトラギガモンスター+」を選ぶことになるため、2,933円高い9,171円となります。

本体価格が最も高いiPhone 11 Pro Max 512GBモデルも同様で、月の通信量が1GBまでの毎月のコストはau版が6,485円、ソフトバンク版は7,535円。SIMフリー版は3GBまででも4,888円なので、毎月のコストはau版よりも1,597円、ソフトバンク版よりも2,647円お得です。

毎月20GBまでの大容量プランも、au版は9,505円、「ウルトラギガモンスター+」のソフトバンク版は11,035円ですが、SIMフリー版は7,968円。毎月のコストはau版に対して1,537円、ソフトバンク版に対しては3,067円、SIMフリー版のほうがお得となります。

ただし、2年間だけ使う場合の比較でも触れたように、mineo(Dプラン)と組み合わせたSIMフリー版で選べるのは毎月30GBの料金プランまで。これ以上のデータ利用量が必要であれば、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」や、auの「auデータMAXプランNetflixパック」「auデータMAXプランPro」を選ぶことになります。

まとめ:現実的な「2年で機種変更」のキーポイントは「家族の人数」

改正電気通信事業法の成立により分離プランの導入が義務化されたことで、iPhoneの本体価格がゼロのような大幅な割引を受けることはできなくなりました。

そのかわりに大手キャリアでは、分割払いで購入したiPhoneの代金を24回分支払うことと、iPhone本体の返却を条件に、本体価格の最大3分の1から半分を免除する買い替え(返却)サービスを導入しています。

「スマートフォンを2年ごとに機種変更」パターンに慣れている人にとっては、3〜4年かけて同じiPhoneを使い続けるよりも、旧モデルを返却しつつ2年ごとに新しいiPhoneへ乗り換えるほうが現実的と言えるでしょう。

iPhoneを2年間だけ使うとした場合、割引を一切考慮しないコストを比べた上では、

・本体価格が安く、データ利用量が少ないほど、SIMフリー版&格安SIMがお得
・本体価格が高く、データ利用量が多いほど、キャリア版がお得

以上のような傾向にあります。iPhoneのストレージ容量も料金プランのデータ利用量も少なくていい人であれば、初期費用は掛かりますが、SIMフリー版を購入して格安SIMに乗り換えるのがお得と言えます。

ただし、大手キャリアの料金プランでは、家族単位で契約すると月額料金に対して割引を受けることができます。NTTドコモとauの場合、2人家族では各回線から毎月500円、3人以上の家族では毎月1,000円を割引。ソフトバンクの場合は「ウルトラギガモンスター+」限定ですが、2人家族では各回線から毎月500円、3人家族では毎月1,500円、4人以上の家族では毎月2,000円が割り引かれます。

仮に3人の家族でキャリアを揃えた場合、最も価格が安いiPhone 11 64GBモデルで月の通信量が1GB以下だった場合の毎月のコストは、NTTドコモ版が4,180円、au版が4,088円、ソフトバンク版が4,561円となります。

mineoでも家族向けの割引を提供していますが、割引額は各回線から毎月50円のみ。SIMフリー版で3GBまで使う場合の毎月のコストは割引を適用しても4,667円なので、3人家族の場合はキャリア版のほうがお得なのです。iPhoneを2年ごとに買い替えるつもりでいて、家族のキャリアをひとつにまとめられるのであれば、キャリア版の購入を検討するのがいいでしょう。

いっぽう、iPhoneをキャリアに返却するつもりがないのであれば、必要とするデータ利用量や家族の人数にもよりますが、SIMフリー版を格安SIMで利用するのがお得な場合もあります。

iPhoneを購入するのに80,000円〜170,000円ほどの初期費用はかかりますが、アップルが提供するショッピングローンを活用すれば、タイミング次第では分割金利手数料をかけずに分割払いで購入することも可能です。トータルコストを徹底的に安くしたい人は、SIMフリー版の購入も検討してみましょう。

松村武宏

松村武宏

信州佐久からモバイル情報を発信するフリーライターであり2児の父。気になった格安SIMは自分で契約せずにはいられません。上京した日のお昼ごはんは8割くらいカレーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る