特別企画
サブブランドも10月1日から新料金プランを開始

ワイモバイルとUQ mobileの新料金プランはどう変わった?


改正電気通信事業法が施行された2019年10月は、大手キャリアだけでなくMVNOでも解約金を廃止するところが現れるなど、スマートフォンの料金プランに大きな変化がありました。

大手キャリアの「サブブランド」であるワイモバイルとUQ mobileも例外ではありません。10月1日から提供が始まった新しい料金プランでは2年ごとに繰り返される定期契約(いわゆる「2年縛り」)が廃止され、解約金が請求されることはなくなりました。

新料金プランの変更点は定期契約の廃止にとどまらず、月額料金やデータ利用量も変化しています。そこで今回は、ワイモバイルとUQ mobileの新料金プランが旧料金プランからどう変わったのかをチェックしてみたいと思います。

ワイモバイルは月額料金を引き下げつつデータ利用量を増量

まずはワイモバイルの料金プランをチェックしてみましょう。以下の表に、10月1日から提供が始まった新料金プラン「スマホベーシックプラン」と、9月30日まで提供されていた旧料金プラン「スマホプラン」の内容をまとめました。

ワイモバイルの新旧料金プラン比較

ワイモバイルの新旧料金プラン比較

ワイモバイルの新料金プランは、データ利用量と月額料金が変わりました。

データ利用量に着目してみると、「スマホプラン」では毎月2GB/6GB/14GBだった容量の区切りが、「スマホベーシックプラン」では毎月3GB/9GB/14GBになりました。「スマホベーシックプランR」のデータ利用量は「スマホプランL」と同じ毎月14GBですが、「スマホベーシックプランS/M」はどちらも5割増えています。

なお、毎月のデータ利用量を増やせる「データ増量オプション」(月額500円。税別、以下同)を契約することで、「スマホベーシックプランS」は毎月4GB、「スマホベーシックプランM」は毎月12GB、「スマホベーシックプランR」は毎月17GBまで利用できるようになります。

月額料金は、「スマホベーシックプランS/M」が旧料金プランからそれぞれ300円、「スマホベーシックプランR」が「スマホプランL」から1,300円値下げされています。「スマホベーシックプランR」はデータ利用量が増えませんでしたが、代わりに月額料金の値下げ幅がほかのプランよりも大きいことがわかります。

また、旧料金プランの「スマホプラン」では、契約翌月から12か月間に渡り月額料金が毎月1,000円割り引かれる「ワンキュッパ割」が提供されていました。新料金プランの「スマホベーシックプラン」ではこれに代わり、契約翌月から6か月間に渡り月額料金が毎月700円ずつ割り引かれる「新規割」が提供されています。

契約翌月から2年間の合計コストを比べてみると、「スマホベーシックプランS/M」は「スマホプランS/M」よりも600円高く、「スマホベーシックプランR」は「スマホプランL」よりも23,400円安くなります。

割引額の合計こそ「ワンキュッパ割」の12,000円から「新規割」では4,200円まで大幅に下がりましたが、新料金プランでは月額料金そのものが安くなっています。2年間のコストは小容量・中容量ではほぼ変わらず、大容量ではむしろお得になりました。

ワイモバイルの新旧料金プランにおける2年間のコスト比較

ワイモバイルの新旧料金プランにおける2年間のコスト比較

ただし、音声通話の通話料は新料金プランでも変化がありません。各通話最初の10分間が無料で、10分を超えた分には30秒あたり20円の通話料が生じます。

UQ mobileは通話料割引を分離しつつ月額料金を大幅に引き下げ

続いて、UQ mobileの料金プランをチェックしてみましょう。以下の表に、10月1日から提供が始まった新料金プラン「スマホプラン」と、9月30日まで提供されていた旧料金プラン「おしゃべりプラン」および「ぴったりプラン」の内容をまとめました。

UQ mobileの新旧料金プラン比較

UQ mobileの新旧料金プラン比較

UQ mobileの新料金プランは、旧料金プランと比べてシンプルな内容になりました。

データ利用量を見てみると、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」では毎月2GB/6GB/14GBだった容量の区切りが、「スマホプラン」では毎月3GB/9GB/14GBになっています。ワイモバイルと同様に、小容量・中容量の「スマホプランS/M」は5割ずつ増えましたが、大容量の「スマホプランL」のみ毎月14GBのまま据え置かれています。

月額料金は「スマホプランS/M」が旧料金プランから1,000円ずつ、「スマホプランL」が2,000円値下げされました。同時に、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」では料金プランに含まれていた通話料割引オプションが、新料金プランでは分離されています。

各通話最初の10分間が無料になる「かけ放題」は月額700円、毎月60分の無料通話分が付く「通話パック」は月額500円の有料オプションとして提供されています。通話料割引オプションの月額料金を考慮すると、実質的な値下げ幅は「おしゃべりプラン」に対して300円(プランLは1,300円)、「ぴったりプラン」に対しては500円(プランLは1,500円)となります。

音声通話をほとんど利用しない人は、通話料割引オプションを付けなければ旧料金プランよりもかなりお得になりますし、もしも通話料割引オプションを付けたとしても、月額料金は旧料金プランより安くなります。特に、旧料金プランの「おしゃべりプラン」では毎回5分だった通話時間が、新料金プラン向けのオプション「かけ放題」では10分と倍増しているのがポイントです。

ただし、旧料金プランの「ぴったりプランL」では無料通話分が毎月90分付与されていたため、新料金プラン向けの「通話パック」は30分少ないことになります。無料通話分を重視してきた人は注意が必要です。

UQ mobile新旧料金プランにおける通話タイプ別の月額料金一覧

UQ mobile新旧料金プランにおける通話タイプ別の月額料金一覧

いっぽう、旧料金プランの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」では契約から13か月目まで月額料金が毎月1,000円割り引かれる「イチキュッパ割」が提供されていましたが、新料金プランの「スマホプラン」にはこうした割引がありません。

そのため、「スマホプランS/M」で通話料割引オプションを付ける場合、契約翌月から1年間の合計コストは、旧料金プランよりも6,000円または8,400円上回ることになります。

また、旧料金プランではデータ利用量や無料通話分を増やせる「増量オプション」(月額500円)が用意されていましたが、旧料金プランとともに9月30日までで新規受付が終了しています。新料金プランでデータ利用量を増やすには「200円で100MB」または「500円で500MB」のデータチャージを購入するしかないため、旧料金プランよりも割高です。

データ利用量重視ならワイモバイル、なるべく安くしたければUQ mobile

9月30日まで提供されていたワイモバイルとUQ mobileの旧料金プランは、通話料割引の条件こそ異なるものの、データ利用量も月額料金も横並びの内容でした。いっぽう、10月1日から提供が始まった新料金プランには個性があり、両社で内容が異なっています。

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」では、データ増量オプションを追加することで、「スマホベーシックプランS」は毎月1GB、「スマホベーシックプランM/R」は毎月3GBずつ、データ利用量を増やすことができます。本来のデータ利用量ではちょっと足りないという人、サブブランドでもなるべく大容量がほしいという人は、ワイモバイルを選ぶのがいいでしょう。

UQ mobileの新料金プラン「スマホプラン」では、通話料割引オプションを付けない場合の月額料金の安さが魅力です。スマートフォンから電話をかける機会がない人、音声通話を利用するとしてもLINEなどの無料通話で済ませてしまうという人は、サブブランドでありながらもコストを安く抑えられるUQ mobileを選ぶのがいいでしょう。

なお、旧料金プランから新料金プランに変更する場合は注意が必要です。ワイモバイルはいつでも新料金プランへの変更を申し込めますが、ワイモバイルを契約してから2年以上たっているか、あるいは機種変更と同時にプラン変更を申し込まない限り、旧料金プランの解約金9,500円が請求されてしまいます。

また、UQ mobileの場合は、新規契約後に最初の満了月(「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合は25か月目)を迎えるまで、新料金プランへの変更そのものを申し込めません。9月30日以前にサブブランドを契約した人は、「契約から2年」を目安にプランを見直しましょう。

松村武宏

松村武宏

信州佐久からモバイル情報を発信するフリーライターであり2児の父。気になった格安SIMは自分で契約せずにはいられません。上京した日のお昼ごはんは8割くらいカレーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る