ニュース
業界最安値水準の料金と通信品質で勝負

1GBで月額1,180円(税別)、「OCN モバイル ONE」が新料金コースでシェア1位奪還を目指す

NTTコミュニケーションズは2019年11月20日、格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」の新料金コースを同日より提供すると発表した。基本通信容量が1GB/月から30GB/月まで6つのコースを用意し、最低利用期間や違約金なしで利用できる。音声対応SIMの1GBコースの月額料金は業界最安値水準の1,180円(税別)。

MVNOの先駆者だったOCN モバイル ONEは、サブブランドや他社の台頭により、現在はシェア4位に甘んじている。新コースの提供で再びシェア1位を目指す。

業界最安値水準の料金と低速通信に制限を設けることで通信品質を改善した新コースの提供を開始したOCN モバイル ONE

MVNOの基本(価格と品質)を強化して再び業界シェア1位へ

NTTコミュニケーションズがOCN モバイル ONEで格安SIM市場に参入したのは2013年4月。当時はギーク層を中心に多くのユーザーに受け入れられ、予想を上回る売れ行きを記録した。3年前の2016年3月末のシェアは20.6%でシェア1位だったが、今年2019年3月末にはシェアが10.3%で4位に後退してしまう。

MM総研調べのMVNOのシェア

MM総研調べのMVNOのシェア

OCN モバイル ONE サービスプロデューサーの木藤暢俊氏は、「格安SIMにとって基本となる料金と品質でユーザーに満足してもらえていなかった」と後退の理由を分析。そこで再び業界シェア1位を目指すべく提供するのが今回の新コースだ。

最低利用期間や違約金なしで利用でき、10分かけ放題のオプションも月額300円(税別)で用意する(最大12か月)。料金も月額1,180円(税別)からと業界最安値水準とした。さらに、容量追加オプションは0.5GB/500円から1GB/500円に容量がアップしている。

MNP転入ユーザー限定で合計4,000円を月額料金から割引するキャンペーンも実施する。

新コースの料金。OCN光モバイル割適用後の料金。他社も同様に固定回線のセット割後の料金(キャンペーンや会員特典割引などは除く)

容量追加オプションは同じ500円だが、容量が0.5GBから1GBにアップ

容量追加オプションは同じ500円だが、容量が0.5GBから1GBにアップ

低速通信に容量制限

通信品質については、契約帯域の圧迫を解消するため低速通信利用分を減らして、改善を目指す。従来コースは最大200kbpsの低速通信をコースにかかわらず無制限で利用できたが、新コースでは低速通信できる容量を契約容量の半分として、それ以降はさらに帯域を制限する。

低速通信からさらに帯域を制限した場合の具体的な速度は公表されなかった。「ブラウザーでホームページを快適に見ることはできないが、LINEなどのメッセージのやりとはできるレベル」(OCN モバイル ONE テクニカルプロデューサーの藤原康行氏)という。従来コースも引き続き提供されるので、低速通信を上手に使いたいユーザーは従来コースを使い続けて、高速通信を快適に使いたいユーザーは新コースを検討してみるといいだろう。

従来コースと新コースの快適さの違いが気になるが、新コースで速度が速くなることはなく、夕方など利用者が増える時間帯で快適さの改善が期待できるという。

低速通信利用分を低減することで、通信品質の改善を目指す

低速通信利用分を低減することで、通信品質の改善を目指す

契約容量の半分(たとえば、3GBの場合は1.5GB)を超えるとさらに帯域が制限される。低速通信の容量は、契約容量を超えた場合だけでなく、ユーザーが手動で低速通信に切り換えた場合の容量も含まれる

このほか、新コースの提供開始を記念して、NTTレゾナントが運営するgoo Simsellerにて「ZenFone Max M2」などを1円で販売するセールを開始する。セール期間は12月24日の11時まで。また、「教えて!goo」と連携したQ&Aコミュニティを開設し、ユーザー間の情報交換もうながしていく。

goo Simsellerで取り扱っているスマートフォンの一部

goo Simsellerで取り扱っているスマートフォンの一部

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る