隔週スマホニュース
スマホ業界の最新ニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

楽天モバイルが新体制を発表。商用サービスは4月1日から開始か?

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、楽天モバイルの商用サービス開始、ソフトバンクの「トクするサポート」リニューアルなど5本の話題をお届けする。

※本記事中の価格表記は税別で統一している。

楽天モバイルが新体制を発表。商用サービスは4月1日から開始か?

楽天モバイルは、2020年1月6日に執行部の人事を発表した。三木谷会長が代表取締役会長に加えて新設のCEOに就任したほか、完全仮想化ネットワークを取り仕切る最高技術責任者(CTO)のタレック・アミン氏が取締役に就任する。楽天モバイルによれば「楽天グループの総力を結集した更なる経営スピードの加速と事業運営オペレーションの強化を目的」とした人事というが、昨年10月に間に合わなかった商用サービスの仕切り直しを行うという意味が大きい。

なお、一部の報道によれば、三木谷会長は記者団に対し「MNOの本格サービスは4月にサービスインする」と発言したという。同社広報に確認したところ、発言自体は認めつつ「正式発表は今後行う」としている。楽天のMNOサービスは現在東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市に在住の5,000名に限った「無料サポータープログラム」を2020年3月末日までの予定で実施中だ。同プログラムの終了とともに商用サービスが始まるものとみられる。

商用サービス実施に向けて体制を強化した楽天モバイル。4月から商用サービス開始されるのだろうか?

商用サービス実施に向けて体制を強化した楽天モバイル。4月から商用サービス開始されるのだろうか?

ソフトバンクが端末購入補助プログラムをリニューアル。プログラム料が無料に

ソフトバンクは、2019年12月25日、新しい端末購入補助プログラム「トクするサポート+」を発表、2020年3月中旬以降にスタートする。ソフトバンクでは、改正電気通信事業法に対応した「トクするサポート(旧名称、半額サポート+)」を現在実施しているが、「トクするサポート+」は、これを手直ししたものだ。

変更点として、従来は月額390円(課税対象外)×24回のプログラム料が無料になり、ユーザー負担の総額が9,360円ほど引き下げられることになる。また、プログラム行使の条件だった指定する端末への買い換えが必須ではなくなる。このほか、何らかの形でポイントでのユーザー還元を考えているようだ。詳細は後日発表されるが、現時点の情報を見る限り、ユーザーにメリットの多い内容となっている。

auがケータイやルーター向けの新料金プラン6種類を発表

KDDI(au)は、2019年12月23日、新料金プランとして、4Gケータイ向け4プラン、ジュニアケータイ向け2プラン、Wi-Fiルーター向け2プランを発表した。以下にあげたのは2年継続契約の「2年契約N」のプランとなっており、「2年契約N」を望まない場合、月額で170円のプラス料金となる。

月間100MBの通信がセットで月額1,200円からの4Gケータイ向けプラン
「ケータイシンプルプラン」

「ケータイシンプルプラン」は、月額1,200円で100MBまでのデータ通信が可能。音声通話は30秒ごとに20円かかる従量制となっている。インターネット接続には別に「LTE NET」への加入が必要だが、料金はかからない。なお、月額700円(キャンペーン中は月額500円)で1回5分以内の音声通話が無料になる「通話定額ライト」や、月額1,700円で時間制限なしの音声通話かけ放題となる「通話定額」を組み合わせることができる。

月間1GBのデータ通信と国内音声通話放題がセットで、月額2,980円からの4Gケータイ向けプラン
「ケータイカケホプラン」

「ケータイカケホプラン」は、月額2,980円で、1GBまでのデータ通信と国内の音声通話が時間帯の制限なくかけ放題になるというもの。こちらも、インターネット接続には別に「LTE NET」への加入が必要だが、料金はかからない。

月間1,100円分の音声通話がセットの4Gケータイ向けプラン
「VKプランS (N)」

「VKプランS (N)」は、月額998円で、月額1,100円分(最大27分)の音声通話が利用可能。なお、インターネット接続には別途、月額300円のISPサービスの「LTE NET」と、データ通信プラン「ダブル定額(ケータイ)」への加入が必要だ。「ダブル定額(ケータイ)」は、上限のある従量制料金プランで、月額500円の最低料金で10MBまで、上限である月額4,200円では2GBまでのデータ通信が行える。2GBを超過した場合通信速度が128kbpsに制限される。

月間2,600円分の音声通話がセットの4Gケータイ向けプラン
「VKプランM (N)」

「VKプランM (N)」は、月額1,620円で、月額2,600円分(最大65分)の音声通話が可能。上記「VKプランS (N)」同様に、インターネット接続を行う場合、月額300円のISPサービスの「LTE NET」と、データ通信プラン「ダブル定額(ケータイ)」を組み合わせる必要がある。

月額500円からのジュニアケータイ向けプラン
「ジュニアケータイプランN」

「ジュニアケータイプランN」は、ジュニアケータイ「mamorino5」および「mamorino4」専用のプランで、月額500円という低料金で利用できる。家族への国内通話は無料だが、音声通話は30秒ごとに20円の従量制となる。なお、契約の時点で利用者が小学生である必要がある。

mamorino Watch専用のプラン
「mamorino WatchプランN」

「mamorino WatchプランN」は、ジュニア向けスマートウォッチ「mamorino Watch」専用の料金プラン。月額998円で、家族間通話およびauの携帯電話宛であれば午前1時〜午後21時の間であればかけ放題で利用できる。なお、それ以外の時間帯および他社の携帯電話や固定電話への通話については30秒ごとに20円の従量制料金となっている。こちらも、契約の時点で利用者が小学生であることが条件だ。

モバイルWi-Fiルーター向けの新料金プラン
「モバイルルータープラン」

「モバイルルータープラン」は、月額4,292円のモバイルWi-Fiルーター向けの新料金プラン。「WiMAX 2+」を使ったハイスピードモードであれば通信容量制限なしで利用可能だ。LTEを利用するハイスピードプラスエリアモード(追加料金、月額1,005円)を使用した場合、月間7GBまでのデータ通信が可能。なお、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードともに、直近3日間の通信量合計が10GB以上の場合、18時〜翌2時の通信速度がおおむね1Mbpsに制限される。

据え置き型ルーター向けの新料金プラン
「ホームルータープラン」

「ホームルータープラン」は、「Speed Wi-Fi HOME L02」、「Speed Wi-Fi HOME L01s」、「Speed Wi-Fi HOME L01」、「WiMAX HOME 01」といった据え置き型ルーター向けの料金プラン。月額4,292円で、「WiMAX 2+」を使ったハイスピードモードであれば通信容量制限なしで利用可能だ。LTEを利用するハイスピードプラスエリアモード(追加料金、月額1,005円)を使用した場合、月間7GBまでのデータ通信が行える。なお、「auスマートバリュー」へ加入に際して必要となる固定通信サービスの代わりに契約した場合については、ハイスピードプラスエリアモードにおける通信容量の上限が30GBに緩和される。ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードともに、直近3日間の通信量合計が10GB以上の場合、18時〜翌2時の通信速度がおおむね1Mbpsに制限される。

NTTドコモ「ギガホ増量キャンペーン」を開始

NTTドコモは、2019年12月27日、月間通信容量30GBの料金プラン「ギガホ」を対象に、通信容量の上限を60GBに倍増させる「ギガホ増量キャンペーン」を発表、2020年1月1日より実施中だ。

新規契約はもちろんだが、既存の「ギガホ」ユーザーも同キャンペーンが適用され、手続き不要で利用できる。なお、通常は明記されるキャンペーンの終了期間が明示されていない。auでは通信容量無制限の「au データMAXプラン PRO」を、ソフトバンクでは月間通信容量50GBの「ウルトラギガモンスター+」をそれぞれ実施中だが、「ギガホ増量キャンペーン」はそれらの競業他社の大容量通信プランに対抗するとともに、今年スタート予定の5Gサービスに向けた布石という側面もありそうだ。

ギガホ増量キャンペーンを適用した「ギガホ」は、通信キャリアの料金プランとしては、容量あたりの単価が安い、割安な料金プランとなる

NTTドコモが、キッズケータイ向け新料金を発表

NTTドコモは、2020年1月8日、VoLTE対応のキッズケータイ「SH-03M」向けの新料金「キッズケータイプラン(Xi)」を発表した。同端末の発売日である1月17日より受付を開始する。「キッズケータイプラン(Xi)」は、月額500円で家族間通話なら通話し放題となるプランで、それ以外であれば30秒ごとに20円の通話料がかかる。なお、契約の時点で利用者の年齢が12歳以下である必要がある。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2019年12月20日〜2020年1月9日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

NTTドコモ

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Xperia 5 SO-01M(ソニーモバイル)
・AQUOS R2 SH-03K(シャープ)
・AQUOS R SH-03J(シャープ)
・JOJO L-02K(LG)
・カードケータイ KY-01L(京セラ)

au

Android 10へのバージョンアップ
・Xperia 5 SOV41(ソニーモバイル)
・Xperia 1 SOV40(ソニーモバイル)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 SHV45(シャープ)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Reno 10x Zoom(OPPO)
・OPPO Reno A 128GB(OPPO)
・Find X(OPPO)
・R17 Pro(OPPO)
・AQUOS sense3 lite(シャープ)
・HUAWEI nova lite 3(ファーウェイ)
・HUAWEI P30 lite(ファーウェイ)

UQモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3(シャープ)

SIMフリー

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・R15 Pro(OPPO)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る