ニュース
1月23〜24日の「DOCOMO Open House 2020」で公開

2,000mAhのバッテリーを6分でフル充電、ドコモが見せる近未来の注目技術

NTTドコモは、2020年1月23日(木)〜24日(金)に、5Gを含む近未来に実現する技術を公開する「DOCOMO Open House 2020」を東京ビッグサイトで開催する。この会場で体験できる注目の新技術をいくつか紹介しよう。

6分でフル充電できるバッテリーと、数mの距離でも使えるワイヤレス充電

まずは、充電に関する2個の新技術に注目。そのうちひとつは、改良型のリチウムイオンバッテリーを使うことで実現した超高速充電だ。容量2,000mAhのバッテリーに対してわずか6分でフル充電が行えるというものだが、電解質は従来通りの液体で昨今注目を集める全固体電池ではない。充電器は100Wで給電を行っている。なお、実現すればスマートフォンの使い方を大きく変える可能性がある技術と言えるだろう。なお、この技術は自動車メーカーも注目しているとのことだ。現状よりやや少なめの500回程度の充電サイクルに対応するほか、劣化速度も現状のリチウムイオンバッテリーと大きく違わないレベルとのことで、完成度は高いようだ。

4,000mAhのバッテリーなら約12分でフル充電できる。これが実現すれば充電時間を気にする必要がほとんどなくなる

もうひとつの充電関連の注目技術は、長距離ワイヤレス充電だ。現在主に使われている近接充電「Qi」などとは異なり、赤外線レーザーを使うことで、約2mの距離で1.6Wの充電が行える。人体への影響としては、赤外線レーザーを直接見ることによる網膜への影響が考えられるが、安全基準値以下に出力を抑えることで、安全性は確保できるという。皮膚への影響や照射部分の発熱もほとんど無視していいレベルとのことだ。出力が現状のスマートフォンの充電器の1/10程度と低いため課題はまだあるが、実現が楽しみな技術と言える。

写真の上部に見えるLED照明に充電器が内蔵されており、テーブル上に設置されたおもちゃの電車が走るデモが行われていた

スマートフォンに取り付けられた受光部が赤外線レーザーを電力に変換する

スマートフォンに取り付けられた受光部が赤外線レーザーを電力に変換する

数m離れても充電可能なほか、置くだけでよく、複数台を同時に充電可能なのもメリットだ

数m離れても充電可能なほか、置くだけでよく、複数台を同時に充電可能なのもメリットだ

タッチ不要のおサイフケータイ

FeliCaポートを使った「おサイフケータイ」では、スマートフォンをセンサーへかざす必要があるが、UWBやBluetoothといった既存のワイヤレス通信技術を使うことで、ポケットやかばんに入れっぱなしでも利用できるようになるという。類似する技術をJR東日本も発表していたが、こちらとは別のものとなる。応用例としては、自動車などのデジタルキーや情報配信などが考えられる。

自動車のデジタルキーに加えて、ドライブスルーの決済にも応用できる

自動車のデジタルキーに加えて、ドライブスルーの決済にも応用できる

人体をデジタルデバイスの出力機器にする!? 「Face Sharing」

H2L社の開発した特殊な装置を装着することで、体の外側から筋肉を操作して、自分の顔に他人の口の動きや表情を再現するという「Face Sharing」。会場では初歩的なものではあるが実際にデモが行われていた。語学の発音や、スポーツのフォームなどの習得などの用途が想定されているが、究極的には人体をデジタル情報の出力インターフェイスとして活用できる道を開く。にわかには信じがたいが、自分の体に一流スポーツ選手の動きや、自分の顔に俳優の表情と声優の発声を重ねるといった、SFのような世界も、原理的には行えるとしている。

ヘッドホンのような形だが、これをあごのあたりに当てることで、照射された微弱電流が筋肉を外部からコントロールする。スピーカーも搭載されている

リストバンドのように手首に巻いて装着する「UnlimitedHand」。VR世界の操作や感触のフィードバックも行える

デモの様子。鼻から上の部分にプロジェクションマッピングを使った表情を再現させ、口の周りは他人の筋肉の動きが再生されている

超広視野角なVRゴーグル

スマートフォンを装着するタイプのVRゴーグルで視野角の狭さがネックだったが、これを解消。低倍率のレンズと高倍率のレンズを組み合わせたフレネルレンズを使用することで、肉眼のような超高視野角を実現している。映像の中央部分は高精細だが、周辺部分はぼんやりとしているという、人間の視野特性を再現しており、VR特有の違和感も低減されている。基本的にレンズが特殊なだけなので、コストもかなり抑えられるという。普及は意外と早いかもしれない。

スマホを使ったVRゴーグルにありがちだった、箱めがねをのぞく感じが抑えられており、かなり没入感が高い

スマホを使ったVRゴーグルにありがちだった、箱めがねをのぞく感じが抑えられており、かなり没入感が高い

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る