ニュース
東急、パルコ、ベイクルーズなど渋谷に集う32社が参画

「au 5G」を使った、渋谷デジタルエンターテインメント化プロジェクトがスタート

KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会は、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を、東急、パルコ、ベイクルーズなど32企業・団体とともに2020年1月24日より始動する。5Gを使った官民合同の地域活性プロジェクトだが、エンターテインメントに特化しているのが特徴だ。

渋谷由来のエンタメ×5Gで街を盛り上げる官民合同プロジェクト

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、渋谷に集うさまざまな企業や団体が、auの5Gネットワークと、アート、音楽、ファッションなどの、エンターテインメントを組み合わせて渋谷地区の活性化を目指す、官民合同のプロジェクトだ。国の掲げる5Gの目的のひとつとして、地域の課題解決や活性化があり、特に地方において5Gには大きな期待がかけられている。このプロジェクトもそうした地域活性化のひとつだが、都市部におけるエンターテインメント重視という点で、ユニークな取り組みと言えるだろう。

長谷部健渋谷区長の挨拶が行われた。発表の会場となったのは、リニューアルしたばかりの「渋谷PARCO」内にあるeスポーツカフェ「価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar」。もちろん、eスポーツもこのプロジェクトの重点ジャンルとなっている

渋谷区民であり、渋谷未来デザインのメンバーであるタレントの若槻千夏さんが、5Gの可能性を熱く語った

渋谷区民であり、渋谷未来デザインのメンバーであるタレントの若槻千夏さんが、5Gの可能性を熱く語った

このプロジェクトに賛同する企業の一覧。テック企業から大手不動産デベロッパー、コンテンツホルダーまで強力な面々がバックアップする

このプロジェクトの手始めとして、1月24〜25日に、渋谷駅ハチ公前広場に5G可搬型基地局を設置し、1964年の渋谷の街並みへタイムスリップできるXR(VRやARなどの総称)体験ブースを開設する。さらに、1月24日〜3月31日の期間中、渋谷駅ハチ公前広場の観光案内所、通称「青ガエル」で、XR技術やAIを使ったガイド案内を実施する。

また、1月25日には、ライブイベント「uP!!!NEXT 須田景凪〜晩翠〜 powered by au 5G」と、参画企業の丸井およびPsychic VR Lab が連携し、渋谷の街を活用した新しいライブ拡張体験を提供する。さらに、1月26日にはau 5Gを使い、格闘ゲームの祭典「Evolution Championship Series: Japan 2020」決勝戦の模様をライブ中継するイベントも実施される。

これらに続いて、さらにさまざまなプロジェクトが実施される見込みだ。

渋谷駅ハチ公前広場に設置されたXR体験ブース。前回の東京オリンピックの開催年である1964年の渋谷の様子を体験できる

東急線の旧車両を使った観光案内所、通称「青ガエル」では、XR技術やAIを使ったガイド案内を期間限定で実施する

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る