ニュース
プロデビュー40周年記念の限定モデル。オリジナルPVにも注目!

マクロスの河森正治監督がデザインした「wena wrist -kawamori Edition-」がついに発表

ソニーのハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」シリーズの新しいコラボモデルが発表された。

今回コラボレーションしたのは、『マクロス』や『アクエリオン』を手がけた河森正治監督。同氏のプロデビュー40周年を記念した限定モデルで、デザインだけでなく、設計から検討して作り上げたほか、今回のコラボモデルのためだけにオリジナルPVを制作するなど、かなり力の入ったコラボレーションとなっている。

カラーバリエーションは、黒い文字盤にアクセントカラーを配した「黒ver.」と「赤ver.」、青い文字盤にアクセントカラーを配した「青ver.」の全3色で、それぞれ200本限定となる。また、全3カラーのヘッド部分と「wena wrist active」をセットにしたコンプリートセットも用意。こちらは40周年にちなんで、40セット限定となる。価格はいずれもオープンで、市場想定価格は、「黒ver.」「赤ver.」「青ver.」が79,000円前後、コンプリートセットが149,000円前後。発売は3月28日だ。

ソニー「wena wrist -kawamori Edition-」(写真は「赤ver.」)

ソニー「wena wrist -kawamori Edition-」(写真は「赤ver.」)

いずれも、ヘッド部分は、コックピットにある航空計器のひとつである水平儀をモチーフにデザインしたという機械式時計を採用。水平儀のようにベゼル部分を自分で回転できたり、時間が進むにつれて文字盤自体が動き、機械式の見える部分が変化するというギミックを備えている。

また、ヘッド部分の裏蓋には、『マクロス』シリーズに登場する可変戦闘機『バルキリー』を刻印しているのもポイント。描かれている『バルキリー』は、河森正治監督40周年を記念した「FK-40」(ファイター・河森・40周年の略)で、カラーごとに『バルキリー』の向きが微妙に異なっている点にも注目だ。

黒い文字盤にゴールドのアクセントカラーを配した「黒ver.(wena wrist pro Mechanical Premiun Black set kawamori Edition-)」

黒い文字盤にレッドのアクセントカラーを配した「赤ver.(wena wrist active Mechanical Black set kawamori Edition-)」

青い文字盤にブルーのアクセントカラーを配した「青ver.(wena wrist pro Mechanical Silver set kawamori Edition-)」

コンプリートセットを除く3モデルのバンドはカラーによって異なっており、「黒ver.」が「wena wrist pro」のPremium Black、「青ver.」が「wena wrist pro」のSilver、「赤ver.」が「wena wrist active」となる。なお、「wena wrist pro」を採用するモデルは、バンドに河森正治監督プロデビュー40周年記念展『河森正治EXPO』でも使われたオリジナルロゴと「FK-40」、シリアルナンバーを刻印。「wena wrist active」を同梱する「赤ver.」は、「FK-40」とシリアルナンバーを刻印する。

「wena wrist pro」を同梱するモデルは、バンドに「FK-40」やオリジナルロゴ、シリアルナンバーを刻印

「wena wrist pro」を同梱するモデルは、バンドに「FK-40」やオリジナルロゴ、シリアルナンバーを刻印

「wena wrist active」を同梱する「赤ver.」は、バンド部に「FK-40」とシリアルナンバーを刻印

「wena wrist active」を同梱する「赤ver.」は、バンド部に「FK-40」とシリアルナンバーを刻印

このほか、パッケージもオリジナルデザインを採用。コンプリートセットについては、河森正治監督の直筆サインも入るそうだ。

「青ver.」「黒ver.」「赤ver.」のパッケージデザイン

「青ver.」「黒ver.」「赤ver.」のパッケージデザイン

40セット限定のコンプリートセットのパッケージには、河森正治監督がひとつひとつ手書きでサインをするそうだ

「wena wrist」シリーズのコラボモデルは毎回非常に人気があり、発表後すぐに完売することもある。特に今回はコンプリートボックスの数がかなり少ないので、確実に手に入れたい方は早めに予約したほうがよさそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る