ニュース
最大500kbpsで「パケット放題」のオプション

mineoが混雑する昼休みに帯域をゆずり合う「ゆずるね。」を3月開始! ゆずると特典あり


携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」を提供するオプテージは2020年1月29日、ユーザーが昼休み時間帯の通信を控えることで特典を得られる新サービス「ゆずるね。」を3月23日から開始すると発表した。ユーザー間のゆずり合いで、昼休み時間帯の混雑緩和を実現するのが狙いだ。

mineoの「共創」から生まれた新サービス

mineoは「共創」をテーマに、「アンバサダー制度」や「フリータンク」「災害支援タンク」など独自のサービスを展開している。通信容量パケットをゆずり合うフリータンクはサービス開始から4年が経過し、利用者数が39万人、流通パケットは3.3PB(330万GB)にのぼるという。

今回の「ゆずるね。」もフリータンクと同様、ユーザー間のゆずり合い、助け合いで生まれたものだ。フリータンクは容量をゆずり合うのに対して、今回の「ゆずるね。」は帯域をゆずり合う。

「ゆずるね。」は、最も通信帯域が混み合う平日の昼休み時間帯(12時〜13時)に、ユーザーが自発的に通信を控えることで、ほかのユーザーが快適に通信できる環境を目指したもの。ゆずったユーザーは、ゆずった回数に応じて特典がもらえるのがポイント。

仕組みは、前日の13時から当日の11時30分までに、mineoアプリ内の「ゆずるね。」ボタンを押す。当日の昼休み時間帯の利用量が数MB以下の場合に1回とカウントされ、その回数に応じてさまざまな特典がもらえる。「数MB以下」については、具体的な数値は明らかにしていないが、1MB以下は確実にカウントされるという。

肝心の特典だが達成数が5回の場合は100MBのパケット、10回達成で1か月夜間使い放題、15回達成で200MBパケット、20回達成でプレミアム帯域(プレミアム1DAYパス)がもらえる。

「ゆずるね。」の利用イメージ

「ゆずるね。」の利用イメージ

「ゆずるね。」の特典

「ゆずるね。」の特典

昼休み時間帯の混雑は、mineoだけではなく、ほかの格安SIMにとっても大きな課題となっている。アクセスが集中して遅くなるのを、ユーザー間のゆずり合いで緩和しようとする「ゆずるね。」は、ユーザーとの関係性を大事にするmineoだからこそできるサービスと言えるかもしれない。

最大500kbpsで「パケット放題」を月額350円で提供

また、月額利用料金を350円多く支払うことで、最大500kbpsの通信速度でデータ容量を消費せずに利用できる「パケット放題」を3月3日から開始する。同社のコミュニティサイト「マイネ王」から生まれたサービスだ。ユーザーから要望があり、昨年6月にデータ容量を消費せずに利用できる「mineoスイッチ」の速度を最大200kbpsから最大500kbpsにするトライアウトを実施。アンケート調査で65%のユーザーが「満足」と回答し、今回正式サービスとして開始することとなった。

同社によると、500kbpsであれば360p程度の動画視聴も快適にこなせるという。サービス提供前にお試し期間として、最大500kbpsを体験できる「パケット放題祭り」を1月30日から3月2日まで行うほか、新規申し込みユーザーは350円のオプション料金が最大2か月無料となるキャンペーンも実施する。

500kbpsなら、YouTubeの標準画質(360p程度)の動画は視聴可能という

500kbpsなら、YouTubeの標準画質(360p程度)の動画は視聴可能という

このほか、春商戦向けに「月額基本料金6カ月間800円割引キャンペーン」と「データ容量1GB増量キャンペーン」を実施する。2つのキャンペーンにより、6か月間、データ容量4GBを月額基本料金710円から利用できる。対象は他者からMNPで転宗し、デュアルタイプかつ3GB以上のコースを新規申し込みした人またはmineo利用者でデュアルタイプかつ3GB以上のコースに契約変更の申し込みをした人。

春商戦向けにお得なキャンペーンを実施する

春商戦向けにお得なキャンペーンを実施する

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る