ニュース
「アップグレードプログラムNX」よりもユーザー負担を抑えた

auが残価設定型スマホ購入プログラム「かえトクプログラム」を2月21日より開始!

auは、2020年2月17日、残価設定型のスマホ購入プログラム「かえトクプログラム」を発表。2月21日よりサービスを開始する。従来の「アップグレードプログラムNX」と比較すると、スマートフォン全機種を対象とし、5G時代を目前に、ユーザーの端末負担をトータルで下げることを狙いとしている。その詳細を解説しよう。

国内初の残価設定型スマホ購入プログラムが登場

「かえトクプログラム」は、2019年11月にリニューアルしたスマホ購入プログラム「アップグレードプログラムNX」に代わるサービス。24回の分割払いを条件に、auの定めた、購入後2年時における買い取り価格を残価(最終支払い分)として設定し、本体価格から残価分を除いた額を1〜23回までの月々の支払いとする(初月は含まれない)。ユーザーは、の24回支払いの時点で(25か月目)、端末の買い換えを行い使用していた端末をauに返却して、最終支払い分の支払いを不要とするか、端末をそのまま使い続けて、残価を支払う(24回の再分割が可能)かを選ぶことになる。なお、現在の「アップグレードプログラムNX」は、2月20日に新規受付を終了する。

「かえトクプログラム」は、月々のプログラム料が不要なほか、auの回線契約も不要で契約できる。また、従来の「アップグレードプログラムNX」では、対応する端末は一部機種に限られていたが、「かえトクプログラム」では、スマートフォンであれば基本的に全モデルが対象に含まれる点が大きく異なる(ガラホなどケータイは対象外)。

気になる残価だが、一律の基準は設けておらず、購入する端末ごとに異なる。また、残価は随時変更されauのWebページに掲載される。購入時点の残価と、実際の残価に差額があった場合、その差額はユーザーが補てんする。

ちなみに、本プログラムは24回の支払いの時点で買い換えか継続利用かを選択するとしているが、これは当面の措置ということで、今後の状況によっては行使のタイミングが前後する可能性はあるという。また、中古端末市場が世界的に確立しているiPhoneシリーズのほうが残価は高めに設定され、国内のみで流通するカスタマイズされたAndroidスマートフォンは残価が低めに設定される傾向だという。

残価が常に変動するなど、わかりにくい部分はあるが、auの説明によれば、現状の「アップグレードプログラムNX」よりも端末購入のユーザーの負担を減らすことを目的に制度の設計がなされており、ユーザーの負担は現状よりも少なくなるはずという。また、3月より始まる5G時代に向けて、高騰する端末を少しでも安価に提供するためのプログラムであるという側面も強調していた。

2月28日に発売される予定の「Galaxy Z Flip」で「かえトクプログラム」を行使した場合、179,360円の税込価格のうち、59,760円の残価が設定される。残りの119,600円を23回払いにすると2年間は月々5,200円で利用できる(通信料は別)

「iPhone 11(64GB)」の場合、90,720円の税込価格で、残価は36,785円に設定される。差額の53,935円を23回払いにすると2年間は月々2,345円で利用できる(通信料は別)

分割払いの24回目の時点で端末をauに下取りに出せば、残価分の支払いが免除される。ただし、設定した残価と実際の下取り価格に差額が生じた場合、差額分はユーザーが負担する

端末を下取りに出さず、使い続けることも可能。その際は、残価をさらに24回の分割払いにできる

端末を下取りに出さず、使い続けることも可能。その際は、残価をさらに24回の分割払いにできる

「Galaxy Z Flip」は2月28日より発売。価格は179,360円(税込)

先日、2020年2月12日に発表された、縦折りの折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」(サムスン製)の発売日と価格も公表された。発売日は2月28日(金)で、価格は179,360円(税込)となった。なお、前モデル「Galaxy Fold」とは異なり、基本的に全国のauショップで取り扱うが、実機を展示する店舗は全国150店舗程度に限られるようだ。

「Galaxy Z Flip」の詳細は折りたたみスマホの第2弾、サムスン「Galaxy Z Flip」をauが独占販売。2月下旬発売予定を参照してほしい。

明るく反射するカラーバリエーション「ミラーパープル」のボディは、前モデル「Galaxy Fold」にはなかった華やかさだ

フリップ部分の剛性感はかなり高い。好きな角度で固定できるため自撮り派には歓迎されるだろう

フリップ部分の剛性感はかなり高い。好きな角度で固定できるため自撮り派には歓迎されるだろう

ディスプレイの保護カバーが特殊なガラスになったことで、折り目は多少目立ちにくくなった

ディスプレイの保護カバーが特殊なガラスになったことで、折り目は多少目立ちにくくなった

サブディスプレイもカラー表示対応で、カメラのフレーミングに利用できる

サブディスプレイもカラー表示対応で、カメラのフレーミングに利用できる

ボディ下面にUSB Type-Cポートを搭載。ヘッドホン端子は非搭載

ボディ下面にUSB Type-Cポートを搭載。ヘッドホン端子は非搭載

USB Type-C接続のイヤホンやカバー、OTG変換アダプターやケーブルなどが同梱される。「USB Type-C→ヘッドホン端子」への変換アダプターは含まれていなかった

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る