ニュース
5GとWi-Fi6に対応。Snapdragon 865 5G、12GBメモリー、8K対応クアッドカメラ搭載

国内初となる鬼スペックの5Gスマホ、シャープ「AQUOS R5G」登場

シャープは、2020年2月17日、ハイエンドスマートフォン「AQUOS R5G」を発表した。国内初となる5G対応機で、最新鋭のハイエンドSoC「Snapdragon 865 5G」や、8K撮影に対応するクアッドカメラを搭載する、非常にハイスペックな1台だ。

5G時代の幕開けにふさわしい超ハイスペックモデル

「AQUOS R5G」は、「AQUOS R」シリーズの最新モデル。前モデルは「R3」だったが、「R4」は欠番となり「R5G」として登場した。ボディサイズは、約75(幅)×162(高さ) ×8.9(厚さ)mmで、重量約189gのボディに、3,168×1,440のクアッドHD+表示に対応する約6.5インチのPro IGZO液晶を搭載する。このボディは、IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様をクリア。なお、FeliCa・NFCポートを備えるほか、生体認証として指紋認証と顔認証に対応している。

SoCは、国内初登場となる最新世代のハイエンド向け「Snapdragon 865 5G」を搭載。これに、12GBという大容量のLPDDR5メモリーと、256GBストレージ(UFS3.0+Write Booster)を組み合わせる。OSはAndroid 10。Snapdragon 865 5Gは従来型「Snapdragon 855」と比較して、処理性能とグラフィック性能のいずれもが約25%の向上を果たしている。

注目の5G通信機能だが、国内向けの周波数帯にはすべて対応しており、6GHz帯以下の「Sub-6」で、超高速のデータ通信が行える。また5Gに加えてWi-Fi 6にも対応している。(2020年2月19日訂正:ミリ波対応と記載しておりましたが、正しくは非対応です。以上、訂正しお詫びいたします。)

10億色の表現を実現したPro IGZO液晶を搭載する

10億色の表現を実現したPro IGZO液晶を搭載する

本機に搭載されるPro IGZO液晶ディスプレイは、映像エンジン「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、10億色の表現力を実現。肌の質感や青空のなど細かい階調表現を実現する。また、周囲の明るさや色温度に応じてホワイトバランスを自動で調整する「スマートカラーマッチング」機能に加えて、最大輝度1,000cd/m2の明るさにより、明るい場所の視認性も高められている。このほか、プロ用ディスプレイと同じ色域を実現する「Adobe RGB」や、HDR映像規格の「Dolby Vision」に対応しており、HDRコンテンツも再生可能だ。

メインカメラは、約1,220万画素の標準カメラ(F1.7、焦点距離26mm)、約4,800万画素 の超広角カメラ(F2.9、焦点距離19mm)、約1,220万画素の望遠カメラ(F2.7、焦点距離52mm)、被写界深度を計測するTOFカメラという4基のカメラを組み合わせたクアッドカメラ。約2.7倍の光学ズーム撮影が行えるほか、8K(7,680×4,320)の動画および静止画撮影に対応する。また、AIが動画に映った人やペット(犬、猫)を自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」機能を搭載する。

標準、超広角、望遠、TOFの4基のカメラを搭載するメインカメラ。8Kの静止画および動画の撮影に対応する

標準、超広角、望遠、TOFの4基のカメラを搭載するメインカメラ。8Kの静止画および動画の撮影に対応する

国内メーカーでは初となる5G対応スマートフォンとなる本機は、来月よりサービスが始まる5G時代の幕開けにふさわしいハイスペックな1台だ。発売時期は今春となっており、価格や取り扱い通信キャリアなどは未定だが、これまでの「AQUOS R」シリーズの傾向から、考えると国内の主要通信キャリアから発売が予想される。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る