ニュース
クアルコム製2.2GHzクアッドコアCPU搭載

トライバンド&メッシュ&Wi-Fi 6対応!ベルキン「Velop AX MX5300」は最新技術てんこ盛り

ベルキンは2020年2月20日、Wi-Fi 6対応のトライバンドメッシュWi-Fiルーター「Velop AX MX5300」を3月6日から順次発売すると発表した。市場想定価格は50,980円(税別)。発売日までに事前予約すると、15%オフの割引予約特典も用意するという。

白を基調としたシンプルなデザインのVelop AX MX5300

白を基調としたシンプルなデザインのVelop AX MX5300

全部入りの高性能メッシュWi-Fiルーター

Velop AX MX5300は、Wi-Fi 6ことIEEE802.11ax に対応するメッシュWi-Fiルーター。トライバンドのモデルで、最大通信速度は5GHz帯が2402Mbps、もうひとつの5GHz帯が1733Mbps、2.4GHz帯の1147Mbps。1台で最大190平方メートルをカバーし、最大250台の機器を接続できるという。

対応ルーターが徐々に増えてきたWi-Fi 6について同社のナショナルセールスマネージャーの石井靖人氏は、「効率化の集大成。2.4GHz帯と5GHz帯が使えて、電波干渉に強く、より高速な通信が可能。接続効率を向上させるOFDMA、MU-MIMOといった技術も盛り込まれている」と説明した。

また、同氏はWi-Fi 6対応ルーターをすすめたいユーザーとして、4K/8K動画を有線/無線で見たい人、VR/ARやオンラインゲームを無線で楽しみたい人、多くの端末(IoTなど)を使っている人、SOHOなどをあげた。メッシュWi-Fiルーターだが、1台で販売し、既存のWi-Fi 5対応の「Velop」との組み合わで、より快適なWi-Fi環境を構築できるという。セットアップは専用アプリを使ってスマートフォンから可能だ。

Velop AX MX5300の概要

Velop AX MX5300の概要

独自機能として、「4×4×4トライバンドダイナミックバックホール」を搭載。ほかのトライバンドのメッシュWi-Fiルーターは、ひとつの5GHz帯をほかのメッシュWi-Fiルーターとの通信に使うため、スマートフォンやパソコンなどとの通信には2バンドのみを使っているという。それに対して、Velop AX MX5300はネットワークの混み具合により、5GHz帯もデバイスの接続に使用することで、より最適な通信速度を維持することが可能になっているという。

4×4×4トライバンドダイナミックバックホールは、ほかのメッシュWi-Fiルーターでは専用バックホールとして利用するバンドを、デバイスとの接続にも利用するというもの

本体サイズは114(幅)×114(奥行)×244(高さ)mm、重量は1.59kg

本体サイズは114(幅)×114(奥行)×244(高さ)mm、重量は1.59kg

2.2GHzクアッドコアCPU搭載でもファンレス仕様

プロセッサーにはクアルコム製の2.2GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載。メモリーは1GBとWi-Fiルーターとしては高性能なスペック。外部アンテナなしのシンプルな本体の中には、大きなアルミ製のヒートシンクが3枚組み込まれており、高性能なCPUを搭載しつつ、ファンレスを実現している。

有線LANポートは、ギガビット対応のWAN×1、LAN×4を備える。有線接続したいというユーザーからの声を反映してLANポートを増やしたほか、USB 3.0ポートもひとつ搭載した。

Velop AX MX5300のカバーを取った内部。上部がアンテナ、側面には大型のヒートシンクが配置されている

Velop AX MX5300のカバーを取った内部。上部がアンテナ、側面には大型のヒートシンクが配置されている

クアルコム製の2.2GHzクアッドコアCPUを搭載

クアルコム製の2.2GHzクアッドコアCPUを搭載

ユーザーの声を反映して4つのLANポートを搭載

ユーザーの声を反映して4つのLANポートを搭載

同社のAPeAシニアプロダクトマネージメントマネージャーのDavid Shao氏が、千葉の自宅で行った比較テストの結果も披露された。テスト環境は千葉県内の木造一軒家で建物面積は230平方メートルの2LDK。競合他社の製品と通信設定を合わせて、iperf3を使ってテストを行ったという。結果は以下の通り。ルーターから離れた部屋では、競合他社の製品よりも、高速な通信を実現していた。

テストした場所はDavid Shao氏の千葉県にある自宅

テストした場所はDavid Shao氏の千葉県にある自宅

通信速度を測定した場所

通信速度を測定した場所

Wi-Fiルーターは棚の中に隠して設置されることが多く、内部アンテナのVelop AX MX5300はすっきりと設置できるほか、アンテナを調整する手間もないことをアピール

5GHzのダウンロード速度。競合他社の製品とほぼ同じ傾向だが、和室1、和室2の遠い部屋ではVelop AX MX5300のほうが速度が出ている

2.4GHz帯のアップロード速度

2.4GHz帯のダウンロード速度

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ネットワーク機器のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る