ニュース
300万名対象の1年間無料キャンペーンも実施

楽天モバイルが4月8日よりMNO正式サービスを開始。月額2,980円で自社回線使い放題!

楽天モバイルは、2020年3月3日、新たに開始するMNOサービスの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT(ラクテン アンリミット)」を発表。4月8日より開始する。月額2,980円で自社エリアならデータ通信使い放題という低額の料金プランだ。その概要を解説しよう。

※本記事中の料金は税別で統一している。

料金プランは月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」のみ。しかも先着300万名は1年間無料

楽天モバイルは2020年4月8日よりMNOの本格サービスを開始すると発表した。料金プランは月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」のみ。首都圏、中部、近畿の一部から順次エリア構築を進めている楽天自社回線であればデータ通信容量は無制限、自社アプリ「Rakuten Link」を使った場合なら国内の音声通話はかけ放題、SMSも使い放題、海外(66か国)から国内への音声通話もかけ放題となる。なお、自社回線以外を受け持つau回線を使った「パートナーエリア」と海外データローミングは、データ通信容量は月間2GBまでとなる(それ以降は128Kbpsに制限。500円/1GBで追加可能)。また、国内または海外から海外への音声通話については、月額980円の有料オプション「国際通話かけ放題」が用意される。

なお、先着300万名については、契約当初1年間について月額料金が無料となるキャンペーンを実施する(端末料金、事務手数料、オプション料金、通話料は発生する)。契約受付のスケジュールは新規とMNPで異なり、新規契約は、本日3月3日16時よりWebサイトで、翌4日からは各店舗でも受付が行われる。MNP契約や楽天MVNOサービスの既存ユーザーについては、4月8日から契約受付が行われる。なお、楽天MVNOの新規契約受付は4月7日で終了する。

「Rakuten Link」を使ってMNOサービスへのアクティベーションを行った場合は、事務手数料の3,300円相当分を楽天ポイントとして還元する。2020年6月30日までにMNOサービスへオンラインで申し込みを行った場合なら、楽天ポイント3,000ポイントが付与されるキャンペーンも実施される。

料金に付随するポリシーも一部明らかになった。契約に際して最低利用期間は設けられておらず、契約解除料も発生しない。また、端末のSIMロックがかかっていないことも改めて表明された。

楽天モバイルの扱う端末は、いずれもSIMロックがかかっていない。最低利用期間や契約解除料もなく、契約の敷居はかなり低いと言える

唯一の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の概要。月額2,980円で楽天自社回線であればデータ通信使い放題、国内音声通話とSMS使い放題となる。特典として、楽天スーパーポイントアッププログラムがプラス1倍される

事務手数料3,300円相当の全額を楽天ポイントで還元。こちらも先着300万名が対象だ

事務手数料3,300円相当の全額を楽天ポイントで還元。こちらは先着300万名かつ「Rakuten Link」でアクティベーションを行った人が対象だ

2020年6月30日までにオンラインで申し込みを行ったユーザーに対して、楽天ポイント3,000ポイントが付与される

自社回線エリアであれば使い放題という「Rakuten UN-LIMIT」では、改めて楽天モバイル自社回線のエリア構築のスピードが焦点となる。この点、楽天モバイルの山田善久社長は、2021年3月には全都道府県にエリアを構築することを改めて表明した。そのうえで、現状のエリア構築は、総務省に提出した計画よりもかなり前倒しで進んでいると強調していた。また、直近の話ではないものの、人工衛星を基地局として利用する米国のベンチャー企業、AST & Science社に出資したことも発表された。同社の技術が実現すれば、山間部を含む日本全土が効率的に楽天回線のエリアとなるという。

衛星通信を手がける米AST & Science社との業務提携も発表された。人工衛星を携帯電話の基地局に活用することで、山間部を含む日本全土のエリア化を一気に行えるという

楽天回線とWi-Fi両方に対応するフェムトセル(超小型基地局)「Rakuten Casa」も発表された。自宅内など、楽天モバイルがサービスを行う1.7GHz帯が苦手とする屋内のエリア化に向けた重要なデバイスだ

FeliCa搭載の超小型スマートフォン「Rakuten Mini」に新色・クリムゾンレッドが追加された。また、ファーウェイの「nova 5T」が製品ラインアップに加えられている

楽天モバイルの新料金「Rakuten UN-LIMIT」は、自社回線使用時のみという制約はあるが、他の通信キャリアの通信容量無制限プランの半額以下というかなり破格の料金を示した。また、固定回線との抱き合わせや家族割引などがなく、料金体系も非常にシンプルでわかりやすい。5Gの商用サービス直前というタイミングもあり、他社の料金プランにも影響を与えそうだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る