特別企画
「第4のキャリア」 月額2,980円(税別)はインパクト大でも実際どうなの?

楽天モバイル自社回線の料金プランを大手3社&サブブランドと比較


「第4のキャリア」として注目されてきた楽天モバイルの自社回線による通信サービスが、いよいよ2020年4月8日から本格的にスタートします。

料金プランは「Rakuten UN-LIMIT」のひとつだけ。楽天モバイルの自社回線につながっていればデータ利用量は使い放題で、音声通話も「Rakuten Link」アプリを使えば国内宛通話が話し放題。それでいて月額料金は2,980円(税別、以下同)という安さが大きな特徴です。なお、自社回線サービスのスタートに合わせて、楽天モバイルがMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供しているNTTドコモ回線とau回線を使った通信サービスは、4月7日で新規申し込み受付が終了となります。

今回は、いよいよ正式に始まる楽天モバイルの自社回線サービスと大手キャリアやサブブランドのサービス内容を、料金プランを中心に比較してみたいと思います。

データ利用量が使い放題になるのは自社回線経由の場合のみ

最初に楽天モバイル自社回線の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の内容を確かめておきましょう。データ利用量や月額料金などは次の通りです。

楽天モバイル自社回線の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」

楽天モバイル自社回線の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」

前述のように、「Rakuten UN-LIMIT」の月額料金は2,980円。楽天モバイル自社回線のエリア内(以下「楽天回線エリア」)であれば、データ利用量は使い放題です。最低利用期間や解約金も設けられていません。

いっぽう、楽天回線エリアの外だったり、エリア内でもつながらなかったりする場合には、ローミング先となるau回線につながります。au回線のエリアではデータ利用量に毎月2GBまでの上限があり、データ利用量を使い切ったあとの通信速度は上り・下りともに最大128kbpsまで制限されます。データ利用量が足りないときは、1GBあたり500円で追加することが可能です。

また、音声通話の発信時に「Rakuten Link」を使用することで、国内宛通話が無料になります。「Rakuten Link」を使わずに発信することも可能ですが、その場合は30秒あたり20円の通話料が生じます。

なお、すでに楽天モバイルのMVNO回線を利用しているユーザーのうち、2019年10月以降に契約を申し込んだユーザーは、4月8日以降順次「Rakuten Link」に移行することになります。2019年9月以前に申し込んだユーザーは、契約中の料金プラン(「スーパーホーダイ」または「組み合わせプラン」)を引き続き利用できると案内されています。

楽天モバイルの自社回線につながれば大手キャリアのプランよりも安い

まずは「Rakuten UN-LIMIT」と大手キャリアの料金プランを比べてみましょう。楽天モバイル自社回線、NTTドコモ、au、ソフトバンク(4G向け)のスマートフォン向け料金プランの内容を以下の表にまとめました。

月額料金は通話定額オプションの有無を考慮して、「通話定額なし(従量制の通話料金)」「準通話定額(各通話最初の数分間が無料になるタイプ)」「通話定額あり(国内宛通話無料)」の3パターンにまとめています。「Rakuten UN-LIMIT」は「Rakuten Link」を使用することで国内宛通話が無料になるため、「通話定額あり」としました。

なお、NTTドコモとauについては2年契約ありの価格で比較しています。また、いずれもキャンペーンや期間限定の割引などは考慮していません。

楽天モバイル自社回線と大手キャリアの料金プラン

楽天モバイル自社回線と大手キャリアの料金プラン

「Rakuten UN-LIMIT」の月額料金2,980円は、NTTドコモの「ギガライト」やauの「新auピタットプランN」といったライトユーザー向け段階制プランにおける、「通話定額なし」の最低料金と同額です。「通話定額あり」で比べれば、1,700円安いことになります。楽天回線のエリア内に限り、「Rakuten UN-LIMIT」は比較対象の料金プランで最安タイの月額料金なのに、データ利用量が使い放題で通話料金も話し放題という魅力的な料金プランとなっています。

いっぽう、前述のように楽天回線のエリア外や、エリア内でも楽天回線につながらない場所はau回線につながります。au回線エリアではデータ利用量が毎月2GBまでの上限付きになりますが、1GBあたり500円でデータ利用量を追加できるため、ライトユーザー向けのプランに対しては「Rakuten UN-LIMIT」のほうがお得です。

たとえば、「Rakuten UN-LIMIT」を契約する楽天回線エリア外のユーザーが毎月7GB使いたい場合、2,500円で合計5GBを追加することになります。この場合の月額料金は5,480円で、auの「auフラットプラン7プラスN」の「通話定額なし」における月額料金と同額です。NTTドコモとauの段階制プラン「ギガライト」や「新auピタットプランN」の上限となる7GBまで通信した場合の月額料金は「通話定額あり」で7,680円、「通話定額なし」でも5,980円かかるため、「Rakuten UN-LIMIT」のほうが500円〜2,200円安く利用できるのです。

整理すると、「Rakuten UN-LIMIT」は楽天回線につながれば大手キャリアのどのプランよりもお得。楽天回線につながらず、データ利用量を追加することになっても、各キャリアのライトユーザー向けプランよりもお得ということになります。

自社回線経由ならサブブランドやMVNOの格安SIMよりお得な場合も

次に、「Rakuten UN-LIMIT」を格安SIMと比べてみましょう。楽天モバイルの自社回線およびMVNO回線、ワイモバイル、UQ mobileのスマートフォン向け料金プランの内容を以下の表にまとめました。月額料金の条件については大手キャリアの場合と同じです。

楽天モバイル自社回線と同社のMVNO回線およびサブブランドの料金プラン

楽天モバイル自社回線と同社のMVNO回線およびサブブランドの料金プラン

「Rakuten UN-LIMIT」の月額料金2,980円をサブブランドの料金プランと比べてみると、ワイモバイルの「スマホベーシックプランS」やUQ mobileの「スマホプランS」における「通話定額あり」の月額料金3,680円よりも700円安いことがわかります。「準通話定額」の2,680円や「通話定額なし(UQ mobileのみ)」の1,980円に比べれば高いものの、楽天回線エリア内であり、通話料金の条件が揃っていれば、「Rakuten UN-LIMIT」はサブブランドよりもお得なプランです。

いっぽう、au回線エリアの「Rakuten UN-LIMIT」は毎月2GBまでしか通信できません。「スマホベーシックプランS」および「スマホプランS」と同じデータ利用量(毎月3GBまで)が使えるようにすると月額料金は3,480円となるため、「通話定額あり」における差額も200円に縮まります。

また、「Rakuten UN-LIMIT」で「スマホベーシックプランM」や「スマホプランM」(「通話定額あり」の月額料金4,680円)と同じ毎月9GBまで通信するには7GBを追加しなければならず、月額料金はサブブランドよりも1,800円高い6,480円になってしまいます。毎月3GB以下で済むライトユーザーでない限り、au回線エリアではサブブランドのほうがお得ということになります。

次に、楽天モバイルのMVNO回線における料金プラン(4月7日で申し込み終了予定)と比べてみると、「Rakuten UN-LIMIT」の月額料金は「スーパーホーダイ」の「プランS」(毎月2GBまで)と同額です。楽天回線エリア内でスーパーホーダイを契約している人や、地方でも「プランS」を契約している人は、「Rakuten UN-LIMIT」に移行するのがお得と言えます。

ただし、通話定額オプションの有無を選べる「組み合わせプラン」の場合、「10GBプラン」(毎月10GBまで)よりもデータ利用量が少ないプランの「通話定額なし」における月額料金は「Rakuten UN-LIMIT」よりも安価です。差額は「10GBプラン」が20円、「3.1GBプラン」(毎月3.1GBまで)が1,380円となります。

「組み合わせプラン」は格安SIMとして一般的なスタイルの料金プランであるため、楽天モバイル以外の事業者が提供する格安SIMについても同じことが言えます。たとえば「mineo」と比べた場合、データ利用量が毎月6GB以下の音声通話SIM向け料金プランは、いずれも「Rakuten UN-LIMIT」より割安です。

キャリアによって月額料金は異なりますが、「Rakuten UN-LIMIT」と格安SIMを比較する上でのおおまかな目安は「毎月10GB」です。これ以上通信したければ「Rakuten UN-LIMIT」を、これ以下で済むなら格安SIMを検討するのがいいでしょう。

ライトユーザーなら特に注目、楽天回線エリアと対応スマートフォンに注意

「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線エリア内なら月額料金2,980円でデータ通信が使い放題、国内宛通話も話し放題という魅力的な料金プランです。

既存の大手キャリア3社と比べた場合、楽天回線のエリア内であれば、スマートフォン向け料金プランのなかでも最安の価格で利用できます。データ利用量が毎月2GBまでのau回線エリアでも1GBあたり500円で追加することができるため、ライトユーザー向けの段階制プランより安く利用できるメリットがあります。

サブブランドやMVNOの格安SIMに対しても、通話定額を必要とする人や、一定以上のデータ利用量を使いたいという人の場合、「Rakuten UN-LIMIT」のほうがお得になる場合があります。楽天モバイルMVNO回線のユーザーだけでなく、他社の格安SIMを利用している人や、これから契約を検討している人も注目です。

ただし、現状の楽天回線エリアは首都圏、大阪、神戸、名古屋などの大都市圏に限られています。楽天モバイルでは2021年3月には全都道府県にサービスエリアを拡大するとしており、地方でデータ通信無制限の恩恵を受けられるのはしばらく先。2019年10月以降に楽天モバイルを契約した人は正式サービス開始後に移行しなければなりませんが、そうでない場合は急いで検討せずに、サービスエリアの整備状況を確認してからでいいでしょう。

また、楽天モバイル自社回線に対応するスマートフォンは3月16日時点で「Rakuten Mini」「Galaxy Note10+」「Xperia Ace」「AQUOS sense3 plus」など11機種のみ。すべてAndroidとなっており、iPhoneは非対応です。楽天モバイル自社回線を契約するには対応機種をあらかじめ自分で準備するか、申し込みと同時に購入することになります。

現在使っているスマートフォンを楽天モバイル自社回線でも使い続けようと思っている人は、SIMカードが届いてから困ることがないように、対応機種に含まれているかどうかを必ず確認しておきましょう。

楽天モバイル自社回線の対応機種は11機種のAndroidスマートフォンに限られています(楽天モバイル楽天市場店より引用)

松村武宏

松村武宏

信州佐久からモバイル情報を発信するフリーライターであり2児の父。気になった格安SIMは自分で契約せずにはいられません。上京した日のお昼ごはんは8割くらいカレーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る