選び方・特集
いよいよ5G時代へ突入!

今こそ「5G」について理解を深めておこう【5G徹底解説】

2020年3月25日にNTTドコモ、26日にKDDI(au)、27日にはソフトバンクが、5Gのサービスをスタートさせた。私たちの生活を大きく変革するという5Gとは何なのか、そして何が変わるのか、現状と未来について解説する。

高速・大容量の「5G」。飛躍的に高速化することで、従来にはない体験が待ち受けている(画像はドコモによるスピードテスト:NTTドコモ提供)

5Gとは?

移動通信システムは、おおよそ10年を周期として「1G」から「4G」へと世代を新しくしてきた。その5世代目にあたるのが「5G」(第5世代移動通信システム)だ。「G」は、世代を表す「Generation」の頭文字を取っている。

5Gの特徴は、以下の3つとなる。

・超高速
5Gの通信速度は理論値で最大10Gbps(将来的には20Gbps)とされ、現在主流である4G(LTE)の約10倍高速になると言われている。たとえば、2時間の映画をダウンロードするのに4G(LTE)が30秒かかるとするなら、5Gはたったの3秒で完了する。

・超低遅延
データが送信されてから受信するまでの遅延時間が1ミリ秒(1/1000秒)程度まで短縮される。これは、ほとんど遅延を体感できないほど短かい。ちなみに、4G(LTE)の遅延時間は10ミリ秒程度だ。

これにより、ストリーミング動画を快適に視聴できたり、クラウドゲームの遅延によるストレスが解消されたりする。また、遅延の許されない自動運転や、遠隔治療現場での活用が大いに期待されている。

・多数同時接続
1km四方で100万台の機器を同時に接続できるようになる。これは、4G(LTE)の30〜40倍になる計算だ。

これまで、主にパソコンやスマホ、一部の家電などがインターネットに接続されていたのに対し、あらゆる機器や各種センサーがインターネットにつながる。いわゆるIoT(=Internet of Things/モノのインターネット)時代の本格的な幕開けとなるわけだ。

第1世代のアナログ方式による音声通話時代から始まり、第2世代ではデジタル方式によるパケット通信を実現。第3世代になると静止画から動画の送受信までができるように進化した。第4世代ではさらに、高精細な動画も楽しめる。

こうしてみると、第4世代までは人と人をつなぐコミュニケーションツールとして進化してきたと言える。しかし5Gは、その発展型に止まらない。人とモノがつながるIoT時代の重要な基盤としてコミュニケーションのあり方が変わるだろうし、新たなビジネスの創造にもつながることが期待されているのである。

30年をかけて進化してきた移動通信システムは、5Gによる飛躍的な転換点を迎えている
引用元:総務省「第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望(PDF)」

5Gの利用に必要なモノは?

3キャリアが提供する5Gを利用するには、5Gプランへの契約変更と同時に、5G対応スマホが必要となる。また、5Gが使えるエリアでないと利用できない。5G向けに発表された新サービスと合わせ、確認しておこう。

なお、楽天モバイルも5Gサービスを提供するのだが、2020年6月開始予定であり、詳細はまだ不明だ。

(注:プランや料金などの情報は2020年3月末時点のものであり、変更になる可能性がある。)

●5Gの料金プラン

改正電気通信事業法により、毎月支払う通信料と端末代金を切り分ける「分離プラン」の導入が義務づけられた。そのため、以下の利用料とは別途、端末代金が必要になる。

※特記ない場合はすべて税別

・NTTドコモ

ドコモは、「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の2プランを用意している。

「5Gギガホ」は、データ量が100GBの大容量プランだ。「データ量無制限キャンペーン」を行っており、期間を設けていないため当分は容量無制限に利用できる。

「5Gギガホ割」が適用され、6か月間は6,650円がベースとなる。条件に該当すれば赤字部分の割引きが適用される。家族以外への通話を利用するなら、通話オプションサービスには入っておきたい。「5分通話無料オプション」なら1年間は無料で利用できる

「5Gギガライト」は、使用したデータ量に応じて段階的に料金が上がるプラン。月額料金を安く抑えることはできるが、上限が7GBと少ない。5Gのサービスを堪能するには「5Gギガホ」を選んでおくのがいいだろう。

使用量に応じて料金が変動する。条件に該当すれば赤字部分の割引きが適用される。通話オプションサービスは、「5Gギガホ」と共通だ

・au

auは、5G向けコンテンツサービスとセットにしたプランを用意してきた。

基本となるのが「データMAX 5G」で、コンテンツサービスとセットの「データMAX 5G Netflix パック」と、「データMAX 5G ALL STAR パック」(2020年6月以降提供予定)も選べる。また、使用したデータ量に応じて段階的に料金が上がる「ピタットプラン 5G」もある。

「データMAX 5G」はデータ容量使い放題だが、テザリング、データシェア、世界データ定額の利用データに関しては上限が30GBまでになる。

「5Gスタートキャンペーン」により25か月間は1,000円割引きとなるため、ベースの料金は2年契約N適用時で7,480円。条件に該当すれば赤字部分の割引きが適用される。電話利用が多いなら、通話オプションサービスには入っておきたい

「データMAX 5G Netflix パック」には、「Netflix(ベーシックプラン)」と、KDDIとテレビ朝日がタッグを組んだ動画配信サービス「TELASA」の利用料が含まれる。

なお、「TELASA」は2020年4月7日からサービス開始となるので、それまでは「ビデオパス」の利用になる。

「データMAX 5G」と比較すると、ベースとなる金額が1,000円アップ。また、テザリング、データシェア、世界データ定額の利用データに関しては上限が60GBまで増える。割引料金も、若干異なる。通話オプションサービスは共通だ

2020年6月以降に提供予定の「データMAX 5G ALL STAR パック」には、「Netflix(ベーシックプラン)」「Apple Music」「YoTube Premium」「TELASA」の利用料が含まれる。

「データMAX 5G Netflix パック」から料金が1,200円ほどアップするようだが、割引き料金等の詳細は未定だ。テザリング、データシェア、世界データ定額の利用データに関しては上限が80GBとなる。

「ピタットプラン 5G」は、使用データ量に応じて3段階で料金が変動する。ドコモ同様、上限が7GBなので、あまり5Gサービスには向かないプランだと言える。

段階的に料金が変わる。条件に該当すれば、赤字部分の割引き料金が適用される。通話オプションサービスは共通だ

・ソフトバンク

ソフトバンクは、既存の4G向けプランである「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」に「5G基本料」の1,000円を加算するプランとした。

いずれも、2年間の「5G無料キャンペーン」が適用されるため、4G向けプランと同額で5Gサービスを利用できる。

「メリハリプラン」は、利用可能データ量50GBに加え、対象サービスの使用データ量がカウントフリーになる「動画SNS放題」が適用される。

対象サービスには、YouTube、AbemaTV、Hulu、Amazon Prime Video、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどが含まれる。

2年間は「5G無料キャンペーン」により「5G基本料」が無料に。さらに、「半年おトク割」が適用される。条件に該当する場合は、赤字部分の割引き料金も適用される

「ミニフィットプラン」は、使用データ量に応じて段階的に料金が変動するプラン。

利用可能データ量が5GBまでと少ない。条件に該当すれば「おうち割光セット」の1,000円が割り引かれる。通話オプションサービスは共通だ

「スマホデビュープラン」は、はじめてスマホを使うユーザー向けに、利用可能データを1GBまでにしたプランだ。「ミニフィットプラン」も含め、この容量では5Gサービスの利用には向かない。

データ量が1GBまでなので月額980円と安いが、5G利用ならすぐに使い切ってしまう。なお、通話オプションサービスの「準定額オプション+」が必須となっている

●5G対応スマホ

5Gサービスの利用には、5G対応のスマホが必要になる。サービス開始にあたり、NTTドコモはスマホを7機種とWi-Fiルーター1台、auはスマホを7機種、ソフトバンクはスマホを4機種発表している。

ただし、サービス開始時に発売されたのはドコモとauが「Galaxy S20 5G」と「AQUOS R5G」の2機種。ソフトバンクは「AQUOS R5G」と「ZTE Axon 10 Pro 5G」の2機種と、3キャリアとも2機種ずつで選択肢が少ない。

4月以降随時、ミドルレンジのスマホも追加発売されるので、出揃ってから検討してもいいだろう。

なお、前述のように、現在は通信料金と端末代金が分離されているため、端末代金が別途必要になる。価格はおおよそだが、月額3,000〜3,500円の24回分割払いが目安だ。

・NTTドコモ


ドコモは、以下のスマホ7機種とWi-Fiルーターを発表した。各機種の詳細は、ドコモのホームページや価格.comにて確認しよう。

Galaxy S20 5G SC-51A 発売中
AQUOS R5G SH-51A 発売中
LG V60 ThinQ 5G L-51A 4月下旬以降発売予定
Xperia 1 II SO−51A 4月下旬以降発売予定
Galaxy S20+ 5G SC-52A 5月下旬以降発売予定
arrows 5G F-51A 6月下旬以降発売予定
Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A 6月以降発売予定
Wi-Fi STATION SH-52A 5月下旬以降発売予定

・au


auは、以下のスマホ7機種を発表した。各機種の詳細は、auのホームページや価格.comにて確認できる。

Xperia 1 II 5月以降発売予定
Galaxy S20 5G 発売中
Galaxy S20+ 5G 5月下旬以降発売予定
AQUOS R5G 発売中
OPPO Find X2 Pro 7月以降発売予定
ZTE a1 7月以降発売予定
Mi 10 Lite 5G 7月以降発売予定

・ソフトバンク


ソフトバンクは、以下のスマホ4機種を発表した。各機種の詳細は、ソフトバンクのホームページにて確認できる。

AQUOS R5G 発売中
ZTE Axon 10 Pro 5G 発売中
LG V60 ThinQ 5G 4月下旬以降発売予定
OPPO Reno3 5G 7月下旬以降発売予定

●5G向けサービス

5Gサービスの開始と同時に提供される、各種サービスにも注目しておきたい。5Gを利用することで、どのような楽しみ方ができるのか。5Gへ移行すべきか否か、その指針にもなる。

・NTTドコモ

アニメ見放題サービス「dアニメストア」(月額400円)において、複数の動画をスムーズに視聴できるという特性を生かし、スマホの向きを変えるだけで縦と横の映像が切り替わる「タテヨコ動画」を提供する。

第一弾は、アニメーション制作会社の神風動画によるアニメーションと、東京事変のミュージックビデオがコラボ。タテにするとアニメーション、ヨコにするとミュージックビデオが再生される。

「ひかりTV for docomo」に、複数のチャンネルを同時に視聴できる「マルチストリーミング機能」が追加される。現在提供されている18チャンネルの中から最大7番組を同時に視聴することが可能だ。提供開始は、2020年4月下旬。

もうひとつは、クラウドゲームサービスの「dゲーム プレイチケット」が提供される。こちらは、ゲーム専用機並みの大容量ゲームを、アプリのダウンロードなしに楽しめる。

利用は、ゲームごとに有効期限付きのチケットを購入して行う。まずは「信長の野望・創造 with パワーアップキット」ほか12タイトルからスタート。

今後、国内スマホ向けとしては「dゲーム プレイチケット」でのみプレイができる「真・三國無双8」のほか 、「FINAL FANTASY XV」といった人気タイトルも追加される予定だ。

・au

「au スマートパスプレミアム」(月額499円)において、いくつか新しい試みが予定されている。

まずは、5Gや先端テクノロジーを活用し、従来のライブ体験を拡張する「au 5G LIVE」を2020年7月から開始する。「au 5G LIVE」は、ライブ会場、サテライト会場、スマホやVR端末への映像配信という3つの場所をつなぎ、これまでにないライブ体験の実現を目指すものだ。

第一弾は、「SEKAI NO OWARI」の「Zepp Haneda(TOKYO)」(2020年7月開業予定)公演を予定している。

そのほか、渋谷「ヨシモト∞ホール」と「Laugh Out」の2拠点にau 5Gを導入(内容は未定)。

また、Netflixで独占配信がスタートする『攻殻機動隊 SAC_2045』とコラボし、渋谷の街中で同作品の世界観をXRで再現する。

そのほか、豊田スタジアムのメインスタジアムをau 5Gエリア化。スマートグラスを通して、選手スタッツを表示しながらの観戦体験を実現する。

さらには、VRやARなどを使い、エンターテインメントからスポーツ、教育/趣味にいたるまで、さまざまなコンテンツがアップデートされる。

・ソフトバンク

コンテンツ配信サービス「5G LAB」の提供を開始している。これは、「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」という4つのカテゴリーからなるサービスだ。

どのキャリアのユーザーでも利用でき、品質は低下するものの、4G環境にも対応する。

AR SQUARE
AR(拡張現実)技術を活用し、アイドルやキャラクターなどを拡大/縮小/回転して自由に鑑賞したり、スマホのカメラを通して好きなアイドルやキャラクターを出現させ、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影したりできる。

VR SQUARE
従来提供していたVR(仮想現実)サービスの「LiVR」から大幅にジャンルやコンテンツを拡張し、名称変更して提供する。音楽ライブやスポーツ観戦などを仮想体験したり、複数の視点を切り替えて視聴したりできる。

VRゴーグルを装着すると3Dで視聴でき、スマホだけでも視点切り替えなどが楽しめる。

FR SQUARE
映像を自由な多視点で楽しめる。たとえば音楽ライブなら、お気に入りのメンバーだけを選んで視聴したり、福岡PayPayドームで開催される福岡ソフトバンクホークス戦では映像を回転させ、好きな角度で視聴したりできる。

上記3サービスは、iPhone/iPadならApp Store、Androidスマホは「Google Play」から各アプリをインストールすれば、2020年7月(予定)までは無料体験ができる。

GAME SQUARE
NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本サービスである「GeForce NOW Powered by SoftBank」(月額1,800円、事前登録で半年間は900円)の提供を、6月以降から開始する。2020年7月31日までは、無料での利用が可能だ。

●5G対応エリア

5Gの料金プランを契約し、5Gスマホを手に入れても、5Gの電波が拾えなければ意味がない。そのため、各キャリアの5G対応エリアはとても重要だ。

結論から言えば、3キャリアとも対応エリアはビックリするくらい狭い。現状はごくごく限られたスポットでのみ利用可能で、手軽に5Gを楽しむ環境にはないということだ。

そのため、5Gへの移行を慌てる必要はまったくない。5Gスマホもまだ出揃っていないし、秋以降には5G対応のiPhoneも登場することだろう。少し時間をかけて、ゆっくりと吟味すればいい。

以下では、各キャリアの対応エリアと、今後の展開予定を紹介しておく。

・NTTドコモ

エリアマップはまだ用意されておらず、利用可能な施設とスポットを一覧で公開している。

スタジアムや駅などの交通施設、観光/商業施設、ドコモショップなどが一覧されている。対応スポットは、随時更新される

第5世代移動通信システム「5G」についての案内ページ(NTTドコモ)

<基地局の展開予定>
2020年3月末 150か所、500局
2020年6月末 47都道府県
2021年3月末 全政令指定都市を含む500都市
2021年6月末 1万局
2022年3月末 2万局

・au

auサービスエリアマップにて、2020年4月末予定と、同夏以降の予定を確認できる。また、au 5G対応エリアの住所リストも公開されている。

赤丸が2020年4月末予定、黄色が同夏以降の予定だが、やはり点でしかない。画面左、赤字部分は5Gエリアに関する注意事項だ。右上の「ご注意」をクリックしても、注意事項が表示される

auのサービスエリアマップ(au)

<基地局の展開予定>
2020年3月末 全国15都道府県の一部エリア
2020年夏以降 全都道府県主要都市
2021年3月末 1万局
2022年3月末 2万局超

・ソフトバンク

auと同様に、サービスエリアマップにて2020年4月末予定と、同夏以降の予定を確認できる。また、2020年3月31日時点の予定対応エリアの住所リストも公開されている。

ピンクが2020年4月末予定、黄色が同夏以降の予定だ。やはり、5Gが使える場所は少ない

ピンクが2020年4月末予定、黄色が同夏以降の予定だ。やはり、5Gが使える場所は少ない

ソフトバンクのサービスエリアマップ(ソフトバンク)

<基地局の展開予定>
2021年末 人口カバー率90%

対応エリアはなぜ狭い?

3キャリアとも、現状は5G対応エリアがとても狭い。もちろんそれには、ワケがある。5Gで使う周波数帯の特性から、簡単に基地局を増やすことができないのだ。

このあたりの話はスマホ選びでも重要になってくるので、周波数帯について理解を深めておこう。

スマホで通信をするには電波を利用するが、その電波を表す単位が周波数だ。電波を波形として表現すると下のイラストのようになるが、波の山と谷の1対を「1周期」とし、これが「1Hz(ヘルツ)」という単位になる。

この周期が、1秒間に何回繰り返されるかを表すのが周波数だ。イラストの場合は5回繰り返されているので、周波数は5Hzということになる。

山と谷の一対が1Hzで、それを1秒間に何回繰り返されるかを表したのが周波数だ

山と谷の一対が1Hzで、それを1秒間に何回繰り返されるかを表したのが周波数だ

周波数が数値によって表されるということは、低い(数値の小さい)周波数から高い周波数までの幅がある。この幅が周波数帯、いわば電波の通り道となる。

しかも電波は、周波数によって特性が異なる。基本的には周波数が高いほど、特定の方向により多くの情報を運ぶことができる反面、遠くまで電波が届きづらい。逆に周波数が低いと運べる情報量は少なくなるが、広範囲に電波が届く。

そのため、スマホ用、航空無線用、衛星放送用など、利用分野の特性に合わせた周波数帯を使うことになるのだが、その割り当て管理を行っているのが国(総務省)だ。

4G(LTE)の場合、700MHz帯から3.5GHz帯と、比較的低い周波数帯が割り当てられている。これは、より広範囲に電波を届ける必要があるためだ。また、低い周波数の電波は、屋内や建物などの裏側にまで回り込むという特性も持つ。

キャリアごとの割り当て周波数帯はこのようになっている。「バンド」は、周波数帯の呼び名だ。たとえば、SIMフリースマホでキャリアのSIMを利用する時、スマホがそのキャリアの周波数帯に対応していなければ通信ができないことになる

5Gでは、高速大容量の通信を行うために、4Gよりも高い周波数帯が割り当てられている。具体的には、Sub-6(6GHz帯以下の周波数帯)と呼ばれる3.7GHz/4.5GHz帯と、ミリ波(約30GHz以上の周波数帯)と呼ばれる28GHz帯の2ブロックだ。

しかも帯域幅が広く、Sub-6では200MHz幅、ミリ波では400MHz幅が割り当てられている。帯域幅が広いということは道幅が広いわけだから、それだけより多くの情報を運べることにつながる。

5G用として割り当てられた周波数帯には、「Sub-6」と「ミリ波」の2ブロックがある。「n77」「n79」「n257」は周波数帯の呼び名で、4G(LTE)の「バンド」から表記が変更になった

注目したいのは、今回発表された5G対応スマホの中には、Sub-6のみに対応する機種と、Sub-6、ミリ波の両方に対応する機種がある点だ。周波数の話が機種選びで重要になるというのは、このような対応の違いにある。

一例だが、「Galaxy S20 5G」はSub-6のみ対応で、「Galaxy S20+ 5G」はSub-6とミリ波の両方に対応している(auのWebサイトより)

ただし、現状はそれほど気にする必要はない。というのも、現段階ではSub-6をメインに基地局の展開が行われているためだ。

5Gで使う周波数帯は特性上、電波が遠くまで届きづらく、建物などの障害物によって遮断されてしまう。この特性はより高い周波数帯であるミリ波の方が顕著であり、4G(LTE)の周波数帯に近いSub-6のほうが展開をしやすいというわけ。

それでも、5Gの特性から広範囲に電波を届けるためには、より多くの基地局を設置する必要がある。5G対応エリアが限られたスポットでしかないのは、そのためだ。

加えて、3.7GHz/4.5GHz帯と28GHz帯は衛星通信とも共用となっているため、電波干渉による通信障害が発生しやすく、その調整も難しいようだ。

そこで、auとソフトバンクの場合は既存の4Gネットワークを積極的に活用しながら5Gの対応エリアを拡げようとしている。つまり、4G用の周波数を使って5Gの通信を行う。利点は、5G対応エリアを広げやすいところだが、5Gの特徴である高速、低遅延を犠牲にすることになる。

もちろん、現状では4Gの周波数帯をキャリアが勝手に5Gへ転用できない。そのため、2020年秋頃にはこれができるようになるよう、総務省が制度整備をするとしている。

また、2020年4月1日には、KDDIとソフトバンクが、地方における5Gネットワークの早期整備を共同で推進するための合弁会社「株式会社 5G JAPAN」を設立している。

いっぽう、ドコモは、あくまでも5G専用の基地局を使っての展開を考えている。

5Gの現状はこのような状況であり、5G本来の性能を享受するまでには、しばらく時間がかかりそうだ。

もちろん、各キャリアとも最大限の努力をしているのだから、より早い段階でより多くのユーザーが5Gを使えるようになることに期待したい。

5Gを体験してみよう

これまで解説してきたように、5Gはまだサービスインしたばかりで環境が整っておらず、早急に乗り換えを検討する段階にはない。

しかし、5Gがどのようなものか、体験はしておきたい。そこで、各キャリアが提供する5G体験スポット情報をまとめておく。興味のある方は、足を運んでみてはいかがだろうか。

・NTTドコモ

5Gを体験する
https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/5g/experiences/

常設展示と、イベント情報が掲載されている。

・au

5Gを体験できるコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」を2020年夏にオープン予定だ。5Gのサービスを体験でき、各種携帯電話の手続きも可能。最上級のおもてなしを目指す。

・ソフトバンク

5G LABを体験できるソフトバンクショップ一覧
https://5glab.mb.softbank.jp/?cid=5gmp_200312_mobile/special/softbank-5g/_005#info

全国主要都市のソフトバンクショップに「5G LAB」の体験コーナーを設置している。

5Gで変わる未来

はじめに述べたとおり、5Gはスマホの通信環境のためだけにあるのではない。あらゆる産業での活用が期待されていて、新たなビジネスの創造に向けての実証実験なども数多く行われている。

たとえば、救急医療の現場では、移動中でも高精細映像を用いた緊急手術が可能になるだろうし、高齢化が進む農業では情報収集する農業用センサーを活用し、給餌ロボットやドローンによる薬剤散布などが可能になるだろう。

建設業ではドローンで測量したり、遠隔地から建設現場の建機をコントロールできるようになるかもしれない。

街中に多数の高精細な映像センサーを設置すれば、万一の災害時の災害情報の把握、被災者への最適な避難経路の案内などが可能になる。
 
このほかにも、さまざまな活用シーンが想定されており、期待もされている。最後に、総務省が公開している第5世代移動体通信システムの普及を目指すWebメディア「GO! 5G」を紹介しておく。

GO! 5G
https://go5g.go.jp

まとめ

いよいよ、5G時代の幕開けだ。対応エリアの狭さに肩透かしを食らった感はあるものの、これからもたらされるであろう新感覚の体験への期待値は大きい。

また、スマホの通信ネットワークに止まらず、社会インフラを支える存在にもなる5Gは、産業界から人々の日々の生活までにも影響を及ぼすことになるはずだ。

これまでにも、テクノロジーの進化は夢物語を現実にしてきた。この先、どのような社会が構築されていくのか、楽しみである。

小野均

小野均

パソコンからモバイルまで、ハード&ソフトのわかりやすい操作解説を心がける。趣味は山登りにクルマという、アウトドア志向のIT系フリーライター。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る