パソコンとスマホの基本ワザ
署名やテキストも加えられる!

iPhoneだけで書類をスキャン&PDF化する方法

「パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方から、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。久しぶりの第76回は、iPhoneを使って書類をPDF化する方法を紹介します。動画でも解説しますので、こちらもチェックしてみください。

家にスキャナーがない! そんな時はiPhoneでスキャン

新型コロナウィルス感染拡大により、働く場所がオフィスから自宅になった人が多いだろう。そこで在宅勤務に役立つ便利ワザを紹介していきたい。今回はiPhoneで書類をスキャンする方法を紹介する。自宅に複合機やスキャナーがないという人は知っておいて損はない!

まずは「メモ」アプリを起動し、右下のアイコンをタップして「新規メモ」を立ち上げる。次にカメラマークをタップし、「書類をスキャン」をタップ。カメラのファインダーに書類を収めて、シャッターボタンを押せばスキャンできる。

新規メモを作成して、下のカメラマークをタップ

新規メモを作成して、下のカメラマークをタップ(画像は「メモ」アプリの下部)

3つのメニューが表示されるので、一番上の「書類をスキャン」をタップする

3つのメニューが表示されるので、一番上の「書類をスキャン」をタップする(画像は「メモ」アプリの下部)

書類をファインダーに収めると、スキャンエリアが薄いオレンジ色に変わる。上の右から2番目のアイコンをタップするとカラー/グレイスケール/白黒/写真と取り込み時のカラーを選択できる。上の一番右が「自動」になっていると、iPhoneが書類と認識すると自動でスキャンされる

スキャンすると調整画面が表示され、四隅の丸印をドラッグしてスキャン範囲を調整できる。調整が終わったら、「スキャンを保持」をタップして保存すれば完了。書類はPDF化されるので、そのままメールに添付して送ったり、自分のMacやPCに送ったりできる。

調整画面ではスキャンエリアの四隅をドラッグして、プロジェクターの台形補正のように調整できる。なるべく補正がいらないようにスキャンしておくといいだろう

気になるクオリティだが、明るい場所でしっかりとiPhoneを固定してスキャンすれば、家庭用の複合機のスキャナーで取り込んだものと遜色ないレベルだ。逆に暗い場所だとうまくいかないので注意しよう。

PDFに署名を追加する

また、iPhoneではPDF化した書類に署名やコメントを追加することも可能だ。「メモ」アプリでスキャンした書類を開き、右上のアイコンをタップ。「マークアップ」を選び、右の「+」をタップすれば、署名やコメント、図形などを追加できる。署名は手でもいいし、「iPad」の場合は「Apple Pencil」を使えば上手に書けるだろう。

PDF化して署名やテキストを追加することもできる

PDF化して署名やテキストを追加することもできる

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る