今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2020年4月20日〜26日)

【今週発売の注目製品】アップルから、4年ぶりとなる新型「iPhone SE」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、アップルの第2世代「iPhone SE」や、ファーウェイの13型ノートPC「HUAWEI MateBook 13 NEW」、タカラトミーアーツの「ビッグストリーム そうめんスライダーカスタム」を紹介する。

アップル「iPhone SE 第2世代 」

2020年4月24日(金)発売


アップルから、4年ぶりの新型で、第2世代の「iPhone SE」が登場。ラインアップとして、64GBモデル、128GBモデル、256GBモデルを用意する。

画面にTrue Toneを備えた4.7型のRetina HDディスプレイ(1334×750ドット)を採用したモデル。プロセッサーは、「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro/Pro Max」にも採用した「A13 Bionic」を備える。

カメラ機能では、背面に、1200万画素広角カメラ(F1.8)のみの「シングルカメラシステム」を搭載。ポートレートモード、6種類すべてのポートレートライティングのエフェクト、深度コントロールなどに対応する。前面カメラは700万画素だ。

このほか、本体にホームボタンを内蔵し、Touch IDにも対応。IP67相当の防水・防塵性能を装備する。動画撮影は、背面カメラを使って、最大4K/60fpsの動画記録が可能。無線通信は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)、Bluetooth 5.0をサポート。OSは「iOS 13」をプリインストールした。

バッテリー駆動時間は「iPhone 8とほぼ同じ」として、ビデオ再生が最大13時間、ビデオ再生(ストリーミング)が最大8時間、オーディオ再生が最大40時間。30分で最大50%充電(別売りの18W以上のアダプタを使用)できる高速充電にも対応する。

本体サイズは67.3(幅)×138.4(高さ)×7.3(奥行)mm、重量は148g。ボディカラーは、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDを用意する。

ファーウェイ「HUAWEI MateBook 13 NEW」

2020年4月24日(金)発売

ファーウェイ・ジャパンから、13型ノートPC「HUAWEI MateBook 13 NEW」が登場。ラインアップとして、「Core i7」モデルと「Core i5」モデルを用意する。

「HUAWEI MateBook 13」の後継機種と位置づけるモデル。ディスプレイは13型で、解像度が2160×1440ドット。ベゼル幅を約4.4mmまでそぎ落し、画面占有率約88%を実現した点も特徴だ。

また、「Core i7」モデルはタッチパネルを搭載。10点マルチタッチ対応によって、3本の指でスワイプダウンすることで、簡単にスクリーンショットを撮れるという。

機能面では、ネット環境がない場合でも、ワンタップでファーウェイスマートフォンと「HUAWEI MateBook 13 NEW」を連携できる「Huawei Share」を搭載。NFCを経由して素早くビデオや写真を転送できる「Huawei Share OneHop」にも対応する(NFCとEMUI 9.0以降をサポートするHUAWEI端末に対応)。

「Core i7」モデルの主な仕様は、CPUが「Core i7-10510U」、GPUが「GeForce MX250」(Core i7モデルのみ)、メモリーが16GB LPDDR3、ストレージが512GB PCIe SSD。OSは「Windows 10 Home」をプリインストールする。バッテリー駆動時間は約13.1時間。

「Core i5」モデルの主な仕様は、CPUが「Core i5-10210U」、メモリーが8GB LPDDR3、ストレージが512GB PCIe SSD。OSは「Windows 10 Home」をプリインストールする。バッテリー駆動時間は約12.4時間。

このほか共通の仕様として、無線通信がBluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格をサポート。インターフェイスは、USB 2.0 Type-C×1(充電とデータ転送)、USB 3.0 Type-C×1(Display Portとデータ転送)、ヘッドホン端子×1を装備する。

本体サイズは共通で、286(幅)×211(高さ)×14.9(奥行)mm。重量は、「Core i7」モデルが約1.32kg、「Core i5」モデルが約1.3kg。ボディカラーはスペースグレー。いずれも「MateDock 2」が付属する。

タカラトミー「ビッグストリーム そうめんスライダー カスタム」

2020年4月23日(木)発売

タカラトミーアーツから、「ウォータースライダー型流しそうめんマシン」の新モデルとして、「ビッグストリーム そうめんスライダーカスタム」が発売される。

コースレイアウトをカスタマイズできる流しそうめん機。スライダーの組み方によって、コースの長さやサイズを変えられるのが特徴だ。

基本的なコースレイアウトは4パターンを採用。最もコンパクトな「シングルコース」のほか、1〜3人向けの「スタンダードコース」、3〜4人向けの「スーパーロングコース」、4〜5人向けの「エンジェルコース」を用意する。

また、スライダー部分は、従来モデルに引き続き「東京サマーランド」がデザインを監修した。上部には、「東京サマーランド」で実際に稼働している噴水のオブジェ「バッシャハウス」を再現した。

このほか、電源は単1形アルカリ乾電池×3本(別売り)を使用。本体サイズは1090(幅)×620(高さ)×270(奥行)mm(最大組立時)、重量は約2700g。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る