ニュース
デザイン刷新にカラバリ追加、Qi対応上位モデルにキッズモデルまで!

Amazon Fire HD 8 2020年モデル発表! CPU/メモリー/ストレージ/液晶のすべてがパワーアップ

Amazon Fire HD 8 2020年モデル! CPU/メモリー/ストレージ/液晶のすべてがパワーアップ

8インチのちょうどいい画面サイズと1万円前後で購入できる高コスパで人気の「Amazon Fire HD 8」が久々のアップデート! ベースモデルの「Fire HD 8」ほか、スペックを強化した上位モデル「Fire HD 8 Plus」、独自の子供向けサービスをセットにした「Fire HD 8 キッズモデル」の3モデルが一挙発表された。「Fire HD 8 キッズモデル」を除く2モデルは、ストレージ容量の異なる2モデル(32GB/64GB)が用意される。

Amazonでの予約は本日22時よりスタートしており、出荷開始は6月3日を予定。一部量販店(エディオン、コジマ、Joshin、Sofmap、PCデポ、ビックカメラ、ヤマダ電機)でも、6月中旬以降から順次発売予定となっている。各モデルの価格は以下の通りだ。

■Amazon Fire HD 8シリーズ
・Fire HD 8(32GB) 9,980円
・Fire HD 8(64GB) 11,980円
・Fire HD 8 Plus(32GB) 11,980円
・Fire HD 8 Plus(64GB) 13,980円
・Fire HD 8 キッズモデル(32GB) 14,980円

Amazon「Fire HD 8」。カラーバリエーションは、ブルー/ホワイト/ブラックの全3色

Amazon「Fire HD 8」。カラーバリエーションは、ブルー/ホワイト/ブラックの全3色

Amazon「Fire HD 8 Plus」。カラーはスレート1色のみ

Amazon「Fire HD 8 Plus」。カラーはスレート1色のみ

新しい「Fire HD 8」シリーズ専用の純正ケースもラインアップ。カラーバリエーションは、トワイライトブルー/サンドストーン ホワイト/プラム/チャコールブラックの全4色。価格は3,480円

「Fire HD 8 キッズモデル」。こでまでのキッズモデル同様、「Amazon FreeTime Unlimited」の1年間無料特典や、2年間の専用保障が付属。タブレット本体は「Fire HD 8」(32GB/ブラック)と同じで、専用カバーは、ピンク/ブルー/パープルの3色から選べる

専用カバーは、「Fire HD 10キッズモデル」や「Fire HD 7キッズモデル」と同じスタンド付きに変更された

専用カバーは、「Fire HD 10キッズモデル」や「Fire HD 7キッズモデル」と同じスタンド付きに変更された

デザイン刷新し、スペックを大幅アップ

2017年発売の「Fire HD 8」(第8世代)以来、3年ぶりの新モデルということで、とにかくアップデートが多い。なかでも一番大きく変わっているのが、本体デザイン。本体の高さが12mm縮み、横幅が9mm増え、よりスクエアなiPadライクなデザインへと生まれ変わった。これは、本体を横にしてAlexaを使った通話やメッセージ機能を利用する際にフロントカメラの位置が正しくなるように、フロントカメラを移動したのが理由だ。

高さが縮み、横幅が増えたことで、だいぶ四角いデザインに生まれ変わった

高さが縮み、横幅が増えたことで、だいぶ四角いデザインに生まれ変わった

本体を横にしてShowモードを起動した際に、フロントカメラが自然な位置になるように変更された

本体を横にしてShowモードを起動した際に、フロントカメラが自然な位置になるように変更された

もちろん、本体の外観だけでなく、内部スペックについても従来モデルから大きく引き上げられている。パフォーマンスに直結するCPUは、従来モデル1.3GHzクアッドコアから、2GHzのクアッドコアにクロックアップし、メモリー容量も従来モデルの1.5GBから、「Fire HD 8」と「Fire HD 8 キッズモデル」は2GBに、「Fire HD 8 Plus」は3GBへとアップ。ストレージ容量の最小サイズも、従来の16GBから32GBへと引き上げ、microSDメモリカードの対応も、従来の最大400GBまでから最大1TBに引き上げることで、より多くのコンテンツを保存できるようになった。

また、画面サイズや解像度こそ従来の「Fire HD 8」と同じだが、液晶パネル自体のスペックが向上し、コントラスト比(700:1→1000:1)と輝度(350nits→400nits)がアップしているのも見逃せないポイントだ。

ほかにも、USBコネクターがType-C形状(速度はUSB 2.0まで)になったり、IEEE802.11ac対応&アンテナ増量で無線LANがつながりやすくなったり、Bluetoothの対応が4.1 LEから5.0LEになるなど、ハードウェアのアップデートは多岐にわたる。しかもこれだけスペックアップしているのに、バッテリー駆動時間は最大12時間と、従来モデルから20%ほど伸びているというのだからうれしい。

従来モデルと新モデルの主な仕様

従来モデルと新モデルの主な仕様

なお、最上位モデルとなる「Fire HD 8 Plus」のみ、USB充電のほか、ワイヤレス充電規格のQiにも対応。付属の9W充電アダプター使用時だとフル充電まで約4時間かかるが、別売りの専用ワイヤレス充電スタンドを使えば、フル充電まで約3時間、80%までの充電なら約2時間で完了するという。また「Fire HD 8 Plus」には、専用ワイヤレス充電スタンドに立てかけるだけで「Showモード」に切り替える機能も搭載されており、「Fire HD 8 Plus」を「Echo show」シリーズのようにスマートディスプレイとして使用することも可能だ。

「Fire HD 8 Plus」の専用ワイヤレス充電スタンド。縦置き・横置き両対応で、同時発売の新しい「Fire HD 8」シリーズ専用の純正ケースを装着した際も充電可能だ

このほか、「Fire HD 8」「Fire HD 8 Plus」「Fire HD 8 キッズモデル」共通の機能として、「ゲームモード」が新たに追加された。ゲーム中の通知をOFFにするだけでなく、起動中のゲーム以外のタスクを積極的にOFFにし、ゲーム体験を最適化するという。

新しく搭載された「ゲームモード」。通知だけでなく、ゲーム以外のタスクもOFFにするという

新しく搭載された「ゲームモード」。通知だけでなく、ゲーム以外のタスクもOFFにするという

マンガも書籍も映画も音楽も、1台で自宅の中からさまざまなコンテンツに手軽にアクセスできる「Fire HD 8」シリーズ。従来モデルよりも大幅なスペックアップを果たしつつ、さらに価格を引き下げ、「Fire HD 8」の32GBモデルなら1万円以下で購入できる。手軽に持ち運べる高コスパタブレットとして注目を集めそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る