ニュース
移行期間は2年、インテル搭載Macもしっかりサポートされます

アップル、MacのCPUをインテルから「Appleシリコン」へ移行! 搭載モデルは年末に発売

米アップルは2020年6月22日(現地時間)、開発者会議「WWDC」の基調講演をオンラインで配信し、その中でMacのCPUを自社開発の「Appleシリコン」に移行することを明らかにした。搭載モデルは今年の年末に発売する予定だ。

同社のティム・クックCEOは、「今日はMacの歴史が変わる歴史的な日です」と語り、Appleシリコンへの移行の重要性を説明した。2006年にPowerPCからインテルにCPUを移行して以来、14年ぶりにアーキテクチャを刷新する。

ティム・クックCEO

ティム・クックCEO

アップルの製品はハードウェアとソフトウェアの統合を基本としている。そしてハードウェアの核はシリコンであり、先進的なシリコンが革新性にとって重要なのは言うまでもない。

CPUを自社開発に切り替えるきっかけは、「iPhone」だったという。iPhoneの初代モデルと最新モデルを比べるとCPUの性能は100倍アップしている。同じく、iPadのグラフィック性能は1000倍アップするなど、この2つの製品は性能面でもビジネス面でも自社開発のチップで大きな成功を収めてきた。Apple Watchのチップを含めると、この10年で20億のチップを出荷している。この経験とノウハウを生かしてMac用のAppleシリコンを開発。目指したのは電力消費が少なく高パフォーマンスなチップだという。

コア数や動作周波数などの細かな数値は示されなかったが、インテルCPUを搭載したMacとの互換性を確保するために、PowerPCからインテルCPUへの移行時に用意した「Rosetta」の新バージョン「Rosetta 2」を用意し、既存のアプリを自動的に新しいMacで動く形にするという。

新しいバージョンの「Xcode」には、アプリケーションを新しいチップへ最適化するのに開発者が必要なすべてが揃っているという。Xcodeを使うことで、開発者はシングルバイナリで、Appleシリコン搭載Macでも、インテルCPU搭載Macでも動作するアプリを用意できる。マイクロソフトやアドビなどのアプリはすでにネイティブアプリ化が進められているという。

Xcodeで再コンパイルするだけで、大半の開発者はAppleシリコンにアプリケーションを最適化できるという

Xcodeで再コンパイルするだけで、大半の開発者はAppleシリコンにアプリケーションを最適化できるという

また、iPhoneやiPadと共通したアーキテクチャを採用することで、iPhoneとiPadのアプリが、そのまま動作するようにもなる。Appleシリコンへの移行はMacにとって大きなインパクトをもたらしそうだ。

インテルCPUからAppleシリコンへの移行期間は2年を見込んでいる。インテルCPUを搭載するMacのサポートとOSのアップデートは継続する計画で、新しいインテルCPU搭載Macを発売する予定もあるという。

Appleシリコンはどれだけのパフォーマンスを発揮するのか、Macノートの駆動時間がどれだけ伸びるのか興味は尽きない。年末にどんなAppleシリコン搭載Macが発売されるのか注目だ。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る