ニュース
「iPadOS」「macOS」の新バージョンはどこが変わる?

「iOS 14」でiPhoneのホーム画面が変わる! 「watchOS 7」には手洗い管理機能追加

米アップルは2020年6月22日(現地時間)、開発者会議「WWDC」で「iOS」「iPadOS」「watchOS」「macOS」の次期バージョンを発表した。各OSのポイントは以下の通り。

「iOS 14」 ウィジェットやPinPでiPhoneのホーム画面が変わる!

iPhone用の「iOS 14」では、iPhoneの顔であるホーム画面ががらりと変わる。iPhoneでできることが増えているため今年はホーム画面を見直したという。

アプリを自動で整理してくれる「Appライブラリ」

アプリを自動で整理してくれる「Appライブラリ」

まず、アプリケーションを自動で整理してくれる「Appライブラリ」を搭載。ホーム画面の3ページ目、4ページ目にどんなアプリがあるのかわからないという場合に、最近追加したアプリやゲームなどカテゴリーごとにアプリを分類してくれる便利そうな機能だ。デバイスが選択したおすすめのアプリというカテゴリーも用意される。

「iOS 13」でも使えるウィジェットは、情報量が増えて好きなサイズを選ぶことができるようになる。さらに、ウィジェットはこれまでホーム画面の一番左側の画面にしか表示できなかったが、ほかのホーム画面に移動することが可能となった。これにより、ウィジェットを使う機会は一気に増えそうだ。「スマートスタック」というウィジェットでは、朝はニュース、日中はミーティングの時間、夜はアクティビティの振り返りという具合に、時間ごとに表示するウィジェットを切り替えられる。

ウィジェットをホーム画面の好きな場所に配置できるようになる

ウィジェットをホーム画面の好きな場所に配置できるようになる

iOS 14では、「iPadOS」には搭載されていたピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)機能が、iPhoneでも利用できるようになる。動画を見ながら、FaceTime通話をしながらアプリを使えるので、ながら視聴が捗ることになりそうだ。ドラッグして動画の配置場所を変えたり、ピンチして拡大したりといったことも可能。

iOS 14はピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)機能をサポート

iOS 14はピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)機能をサポート

Siriはユーザーインターフェイスが一新される。これまではSiriを呼び出すと全画面に切り変わっていたが、iOS 14ではコンパクトなデザインに変更される。Safariを開きながら、お買い物リストの作成をSiriにお願いするといった、“ながら”でのSiriが使いやすくなりそうだ。また、翻訳機能も強化され、日本語を含む11言語に対応。オフラインでも利用できる。画面を横向きにすると会話モードとなり、翻訳結果を見ながら使える。

Siriを起動しても全画面になることはなく、コンパクトな表示に変わった

Siriを起動しても全画面になることはなく、コンパクトな表示に変わった

翻訳機能はオフラインでも利用可能。対応言語は日本語を含む11言語

翻訳機能はオフラインでも利用可能。対応言語は日本語を含む11言語

「メッセージ」では、「ミー文字」に20種類以上の髪型やかぶり物が追加される。昨今の状況に合わせてフェイススカバー(マスク)も用意。グループ会話がしやすいように、インライン返信に対応したほか、メンションを活用して、メンションされた時だけ通知されるオプションも用意する。よくやりとりする人を上部に固定したり、グループメッセージの写真を選んだり絵文字を使ったりすることもできる。

「マップ」は、ニューヨークやロサンゼルスで自転車ルートを追加。今後ほかの都市も追加されるという。環境を意識したドライバー向けには充電スポットの場所を考慮したEV用ルートが追加される。

自転車ルートが追加されたマップ

自転車ルートが追加されたマップ

米国では新車のほとんどで使えるという「CarPlay」には、NFCでクルマの鍵を開けるデジタルキー機能が追加され、デジタルキーを友達や家族に譲渡(権限制限)するといったことができるようになる。iPhone紛失時は、iCloud経由でデジタルキーを無効にすることができ、安全面にも配慮した。デジタルキーはBMWの2021年モデルから対応するという。

アプリをインストールしなければならないサービスを素早く利用できる「App Clip」という機能も搭載する。たとえば、電動スクーターを借りる時に専用アプリが必要になったとする。これまではアプリをインストールして、クレジットカードを登録してという作業が必要だが、App Clipは、ファイル容量が10MB以下に抑えられており、すぐに使えて、決済は「Apple Pay」を利用できるので、すぐに使い始められるのだ。

なお、iOS 14の対応機種は、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代/第2世代)、iPod touch(第7世代)。提供開始時期は今秋を予定している。

「iPadOS 14」 「サイドバー」で使い勝手がどう変わる? Apple Pencilを使った手書き文字のコピペやテキスト化もサポート

iPad用の「iPadOS 14」は、iOS 14と同じくウィジェットを一新したほか、「サイドバー」で主要機能を一覧表示し、写真をドラッグ&ドロップで素早く移動するといったことが可能となった。「メモ」や「ファイル」アプリは、ナビゲーションがサイドバーに統合され、作業スペースを確保したまま、多くのファイルにアクセスできる。

Macのようにサイドバーでファイルの移動などができるようになる

Macのようにサイドバーでファイルの移動などができるようになる

SiriはiOS 14と同じように、コンパクトなデザインになったほか、電話着信画面もこれまでは全画面だったが、iPadOS 14では通知のように小さな表示となる。

着信の通知もコンパクトになった

着信の通知もコンパクトになった

また、「Apple Pencil」を使った手書き文字や絵を自動でテキスト化したり、図形化したりできる「スクリブル」を搭載。自動でテキスト化してくれるので、Apple Pencilを使って検索ボックスに文字を入力するといったこともできる。スクリブルは英語と中国語に対応するという。

スクリブルで検索ボックスに手書きで文字を入力できる

スクリブルで検索ボックスに手書きで文字を入力できる

検索機能も強化され、検索候補なども表示されるようになった

検索機能も強化され、検索候補なども表示されるようになった

「watchOS 7」 手洗い管理機能を搭載

「Apple Watch」向けの「watchOS 7」には、手洗い管理機能が追加される。機械学習で手を洗う動作を識別し、オーディオで水や手の音を検知。手洗い時間を計測して、カウントダウンが終わる前に手洗いを終えると、も少し洗うように促してくれる。

手洗い管理機能

手洗い管理機能

文字盤を共有する機能も追加された。サードパーティ製の文字盤を探したり、Webサイトで新作を探すこともできる。足りないアプリはインストールを促してくれるという。マップはiOS 14と同じく自転車が追加された。

ワークアウトには、ヒップホップ、ラテンなどダンスが追加されている。「センサーフュージョン」を活用し、動かしているのが腕なのか、下半身だけなのかを検知して、運動量を算出するという。健康面では「就寝準備」という機能を用意。有効にすると、iPhone も就寝準備の画面に変わり、寝る前の準備として瞑想などが行えるという。

新しい文字盤も追加される

新しい文字盤も追加される

「macOS BIG Sur」 デザインを一新! コントロールセンターが追加

Mac向けの「macOS BIG Sur」は、「macOS X」登場以来という大きな変更が加えられている。アイコンやメニューのデザインは、Macらしい遊び心とともにデザインを一新。メニューバーは透明デザインで、ツールもコンパクトになっている。

また、iPhoneやiPadでおなじみの「コントロールセンター」がMacにも追加されている。コントロールセンター内からアイコンをドラッグ&ドロップしてメニューバーに追加するといったこともできる。通知やウィジェットもiOS 14と同じように新しいデザインに変わっている。

アイコンやメニューバーのデザインを一新したmacOS Big Sur

アイコンやメニューバーのデザインを一新したmacOS Big Sur

コントロールセンターを搭載

コントロールセンターを搭載

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る