ニュース
144Hz駆動ディスプレイを備えた5G対応ゲーミングスマホ

7万円前後のゲーミングスマホNubia「RedMagic 5」が国内発売開始

ZTEの関連会社である中国・深センのスマートフォンメーカー、Nubia Technology(ヌビアテクノロジー)は、2020年7月1日、国内初参入モデルとなる5G対応ゲーミングスマートフォン「RedMagic 5(レッドマジック・ファイブ)」を発売開始した。ゲームプレイに向いたSoC「Snapdragon 865 5G」に5G通信機能や水冷冷却システムを組み合わせながら、日本円で7万円前後の販売価格を実現した、価格性能比にすぐれた1台だ。

ゲームに適した各種機能に加え冷却システムを組み合わせた「Snapdragon 865」を搭載

「RedMagic 5」は、2,340×1,080のフルHD+表示に対応した6.65インチの有機ELディスプレイ(AMOLED Eスポーツディスプレイ)を搭載するゲーミングスマートフォン。ボディサイズは約78(幅)×168.56(高さ)×9.75(厚さ)mmで、重量は約218gという大型モデルだ。ディスプレイは144Hzのリフレッシュレートと、300Hzのタッチサンプリングレートに対応しており、残像感を抑えつつ、ダイレクト感のあるタッチ操作が行える。また、ボディ側面に備わる「内蔵ショルダートリガーボタン」には、ゲームの際にトリガーボタンとして操作を割り当てることができる。なお、指紋認証システムをディスプレイ上に搭載。サウンド面では、ステレオスピーカーやヘッドホン端子を搭載し、ゲームプレイをしっかりフォローする。

ボディ側面に、ゲームの際にトリガーボタンとして利用できる「内蔵ショルダートリガーボタン」を搭載している

基本スペックでは、クアルコムの最新世代のハイエンドSoCである「Snapdragon 865 5G」に、8GBまたは12GBのLPDDR5メモリーと、128GBのUFS3.0規格ストレージを組み合わせる(製品ページのスペック表記とECサイトによると製品バリエーションは「8GB+128GB」モデルと「12GB+128GB」モデルの2種類)。OSは、Android 10をベースにしたRedMagic OS 3.0だ。また、水冷クーリングパイプ「アクティブリキッドクーリング3.0」に冷却ファン「ターボファン」を組み合わせた水冷冷却システムを備えており、熱による処理性能の低下を抑えながら長時間のゲームが行える。バッテリー容量は4500mAhで、最大55Wの急速充電に対応。インターフェイスはUSB Type-Cとなる。

水冷クーリングパイプに冷却ファンを組み合わせた冷却システムを搭載する

水冷クーリングパイプに冷却ファンを組み合わせた冷却システムを搭載する

通信機能では、2基のnanoSIMカードスロットを備え、2G/3G/4G/5Gの各通信に対応。5G通信機能はNSAモードに加えてSAモードにも対応している。3G通信機能も一般的なWCDMAに加えてCDMA2000にも対応しているのがユニークだ。
4Gの対応バンドはB1/2/3/4/5/7/8/20/12/17/18/19/26/34/38/39/40/41で、国内の通信キャリア4社が提供している主要な周波数帯に適合している。5Gの対応バンドは国内では利用されていないn41と、NTTドコモとauで利用しているn78に対応している。Wi-FiはWi-Fi 6対応だ。

メインカメラは約6400万画素の標準カメラ(画角78.3°)、約800万画素の超広角カメラ(画角120°)、約200万画素のマクロカメラ(画角78°)という組み合わせのトリプルカメラで、高感度撮影を行う「スーパーナイトモード」や、4K(15fps)の動画撮影、480fps(720P)または240fps(1080P)のスーパースロー動画撮影が行える。フロントカメラは約800万画素のシングルカメラだ。

メインカメラは標準、超広角、マクロという組み合わせのトリプルカメラだ

メインカメラは標準、超広角、マクロという組み合わせのトリプルカメラだ

ゲーミングスマートフォンでは重要となるオプションの周辺機器だが、有線LANポート、ヘッドホン端子、USB Type-Cポートを備えたドックアダプター「Magic Adapter for RedMagic 5」(46.9米ドル)や、コントロールパッド「E-Sports Handle」(31.9米ドル)などが用意されている。

ドックアダプター「Magic Adapter for RedMagic 5」は、有線LANポートを備えている点がユニークだ

ドックアダプター「Magic Adapter for RedMagic 5」は、有線LANポートを備えている点がユニークだ

コントロールパッド「E-Sports Handle」は、単体販売のほか、保護ケースとのバンドルパッケージも用意される

現在のところ、国内における販路はWeb直販のみで、支払いは米ドルで行う。価格はメモリー8GBモデルが629ドル(1ドル108円換算で約68,000円)、メモリー12GBモデルは649ドル(1ドル108円換算で約70,000円)で、Snapdragon 865搭載機の5G対応スマホとしてはかなり安価な部類だ。なお、カラーバリエーションは8GBモデルが「Hot Rod Red」、12GBモデルが「Eclipse Black」となっている。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る