ニュース
在宅ワークやテレワーク用の各種アダプターも発売

ベルキン、メッシュで広いエリアをカバーするゲーミングWi-Fiルーター「MR9000X」

ベルキンは2020年7月9日、オンラインで発表会を開催し、メッシュ対応のゲーミングWi-Fiルーター「MR9000X」を7月22日に発売すると発表した。オンラインゲーム用に低遅延と高速通信を実現したほか、同社のメッシュWi-Fiルーターと組み合わせてメッシュネットワークを構築することができる。市場想定価格は21,980円(税別)。

ベルキンが国内で販売するWi-Fiルーターとしては初となるゲーミングWi-FiルーターのMR9000X。メッシュネットワークとWi-Fi 5の4×4に対応する

メッシュ対応のゲーミングWi-Fiルーター

ベルキンは「LINKSYS」ブランドで、メッシュWi-Fiルーターを国内で販売しているが、今回のMR9000Xは初のゲーミングWi-Fiルーター。オンラインゲームをプレイするユーザー向けに、低いPing値(低遅延)と高速通信を実現しているのが特徴だ。

AC3000トライバンドを採用し、通信速度は最大3Gbps(2.4GHz:400Mbps、5GHz:867Mbps、5GHz:1733Mbps)。716MHzのクアッドコアCPUを搭載するほか、ゲームデバイスを優先的に接続する機能や混雑したWi-Fiチャンネルを回避するDFS帯域の使用もできる。

※編集部注:2020年7月15日にベルキンより、搭載CPUのスペックが誤っていたという発表がありました。2.2GHzのクアッドコアCPUではなく、正しくは716MHzのクアッドコアです。該当箇所は修正済みです。[2020年7月15日 15:20]

MU-MIMOやビームフォーミングなどゲームだけでなく、動画の視聴やデータのダウンロードなど日常的な作業を快適にする機能も盛り込まれている。なお、MR9000Xは最新のWi-Fi 6には対応せず、Wi-Fi 5に準拠する。

また、同社のメッシュWi-Fiルーター「Velop」と組み合わせてメッシュネットワークを構築することもできる。PCゲームではなく、スマートフォンやタブレットを使って家中いろいろな場所でゲームをしたいというユーザーにとって、メッシュに対応しているのは心強い。

Velopシリーズと組み合わせてメッシュネットワークを構築できる

Velopシリーズと組み合わせてメッシュネットワークを構築できる

Wi-Fiネットワークの管理や確認は「Linksys」アプリで行える

Wi-Fiネットワークの管理や確認は「Linksys」アプリで行える

有線はWANが最大1Gbps×1、LANが最大1Gbps×4。USB 3.0ポートを1つ備えており、外付けHDDなどを接続できる。本体サイズは約258(幅)×186(奥行)×190(高さ)mm、重量は約740g。ゲーミングWi-Fiルーターは大型のものが多いが、比較的コンパクトなサイズとなっている。

WANは最大1Gbps、LANは最大1Gbps×4。USB 3.0ポートにはHDDなどのストレージを接続してネットワーク経由でアクセスできる

WPSサポート。4本の外付けアンテナは角度を変えられる

WPSサポート。4本の外付けアンテナは角度を変えられる

同社のナショナルセールスマネージャーの石井靖人氏は年内にメッシュWi-FiルーターとWi-Fiルーターのラインアップを拡充することも発表。VeleopシリーズとゲーミングWi-Fiルーターを1機種ずつ、さらに、「Eシリーズ」というエントリーモデルも用意しているという。「LINKSYSのWi-Fiルーターは(価格が)高いというお声をいただいている。もっと手ごろな価格のモデルを用意して、より幅広いユーザーに届けたい」と説明した。

自宅で仕事をしている人向けの「つながる」アイテム

ベルキンブランドでは、イーサネットアダプターと映像変換アダプターを7月22日に発売する。

イーサネットアダプターは、「USB-C to LAN + USB-C 60W PD変換アダプタ」(市場想定価格は税別3,280円)と「ライトニング to LANポート + ライトニング変換アダプタ」(同10,980円)の2製品を発売する。

映像変換アダプターは、「USB-C to VGA + USB-C 60W PD変換アダプタ」(同2,480円)と「USB-C to HDMI + USB-C 60 W PD変換アダプタ」(同2,980円)を発売。8月以降の発売予定となるが、「USB-C to 映像変換アダプタ(HDMI、DisplayPort、VGA、DVI)」(価格未定)もラインアップする。

ハブやアダプターなど、機器をつなげるアイテムを数多く発売する。一部は8月以降発売予定

ハブやアダプターなど、機器をつなげるアイテムを数多く発売する。一部は8月以降発売予定

このほか、今年のCESで披露した「Thunderbolt 3 Dock Core」を8月以降に発売することも発表された。USB-C PDパワーパススルーと接続デバイスから給電する2つの駆動方式をサポートしており、家でも外出先でも使えるのが特徴だ。ポートも豊富で、DisplayPort(8K/30Hz出力対応)、HDMI、Gigabit Ethernet、USB 3.2 Gen 2、USB-C(最大60Wパワーパススルー)などを備える。

各種アダプターやドックは、在宅ワークやテレワークの広がりで今後も需要の伸びが予想される。ベルキンでは2,000円台、3,000円台のリーズナブルなUSB-Cアダプターの種類を増やして、ニーズに応えていくという。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ネットワーク機器のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る