ニュース
「Appleシリコン」ではなくインテルモデルもしっかりアップデート

アップルが「27インチiMac」をアップデート。全機種SSD採用、10コアCPUが選択可能に

アップルは2020年8月4日、「27インチiMac」のメジャーアップデートを発表した。全モデルのストレージにSSDを採用したほか、最大10コアの第10世代Coreプロセッサーをオプションで用意した。カメラやスピーカーなども強化している。アップルストアの価格は194,800円(税別)から。すでにオンラインストアで販売されている。

メジャーアップデートされた27インチiMac

メジャーアップデートされた27インチiMac

全モデルSSD化、10コアの第10世代Coreプロセッサーも用意

従来モデルではSSDとHDDを組み合わせた「Fusion Drive」を採用したモデルもライアップしてきたが、新しい27インチiMacのストレージはSSDが標準となる。最大3.4GB/sというスピードが魅力だが、最小構成のモデルの容量は256GBと少なめだ。オプションでは最大8TBが用意される。また、「Apple T2 Securityチップ」を搭載しており、同チップのストレージコントローラーにより、ファイルとデータを安全に守るという。

CPUは今年のWWDCで発表された「Appleシリコン」ではなく、インテルの第10世代Coreプロセッサーを採用する。標準モデルは6コアまたは8コアのCoreプロセッサーだが、オプションでは27インチiMacでは初の10コアのCore i9プロセッサーを用意。ベースクロックが3.6GHz、ターボブースト使用時最大5.0GHzの高性能なCPUだ。前世代の27インチiMac(8コア)と比べると、CPUパフォーマンスは最大65%もアップしているという。

グラフィックにはAMDの「Radeon Pro 5000シリーズ」を搭載。「Radeon Pro Vega 48グラフィックス」を搭載した前世代の27インチiMacと比べると最大55%高速になっているという。メモリーは最大128GBに変更できるなど、かなりハイスペックな構成を組めるようになっている。

「Magic Keyboard」と「Magic Mouse 2」が付属する。オプションでテンキー付きのMagic Keyboardや「Magic Trackpad 2」に変更できる

「Nano-textureガラス」をオプションで用意

ディスプレイは5120×2880のRetina 5Kディスプレイで、iPhoneやiPadでおなじみの「True Toneテクノロジー」を搭載する。オプションでは、同社の「Pro Display XDR」で初めて採用された「Nano-textureガラス」が選択できるようになった。これは鮮明な画質でありながら、映り込みを抑えるというもので、あらゆる環境で高品位な表示クオリティを実現するという。

このほか、FaceTime HDカメラに1080pの解像度が備わり、より高画質にビデオ通話やビデオ会議ができるようになった。「T2 Securityチップ」により、カメラの画質やスピーカーの音質も強化されているという。なお、Wi-FiはWi-Fi 6には対応せず、IEEE802.11acのWi-Fi 5をサポートする。

FaceTime HDカメラに1080pの解像度が備わり、オンライン会議の画質アップが期待できそうだ

FaceTime HDカメラに1080pの解像度が備わり、オンライン会議の画質アップが期待できそうだ

ベースモデルの主なスペックは以下の通り。

●3.1GHz 6コアモデル
CPU:3.1GHz 6コア第10世代Core i5(ターボブースト使用時最大4.5GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:256GB SSD
グラフィック:Radeon Pro 5300(4GB)
アップルストア価格:194,800円(税別)から

●3.3GHz 6コアモデル
CPU:3.3GHz 6コア第10世代Core i5(ターボブースト使用時最大4.8GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:512GB SSD
グラフィック:Radeon Pro 5300(4GB)
アップルストア価格:216,800(税別)から

●3.8GHz 8コアモデル
CPU:3.8GHz 8コア第10世代Core i7(ターボブースト使用時最大5.0GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:512GB SSD
グラフィック:Radeon Pro 5500XT(8GB)
アップルストア価格:249,800円(税別)から

新しい27インチiMacは今秋登場予定の「mac OS Big Sur」へ無料でアップデートできる。同社はAppleシリコン移行後もインテルCPUを搭載したMacを発売予定であり、しばらくはサポートし続けることを明言している。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る