隔週スマホニュース
スマホ業界のニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

PASMOが2020年中に「Apple Pay」に対応

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、PASMOのApple Pay対応や、通信キャリアの決算発表で見えてきた5Gスマホの販売状況など3本の話題をお届けする。

※本記事中に記載の価格は税別で統一している。

PASMOが2020 年中に「Apple Pay」に対応

PASMO協議会は、2020年6月6日、2020年中に交通系ICカードサービス「PASMO」を「Apple Pay」に対応させると発表した。これにより、FeliCaポートを搭載する「iPhone」や「Apple Watch」でPASMOが使えるようになる。なお、具体的なサービスの内容については、後日発表するとしている。

Android版PASMOである「モバイルPASMO」に続いて、Apple PayでもPASMOが使えるようになる

Android版PASMOである「モバイルPASMO」に続いて、Apple PayでもPASMOが使えるようになる

コロナの影響などで通信キャリアの端末販売が大幅減少。5Gスマホは秋に仕切り直しを図る

2020年7月末から8月初頭にかけて、通信キャリア各社の発表した2020年度第一四半期の決算発表で、端末の売り上げが大きく落ち込んでいることが明らかになった。前年同時期の数値と比較して、NTTドコモでは3割強の減少(台数で約130万台の減少)、au(KDDI)は2割強の減少(台数で約45万台の減少)、ソフトバンクは1割弱の減少(具体的な台数は非公表)で、いずれもかなり大幅な落ち込みである。その理由だが、前年の同時期に端末購入補助の駆け込み需要があったという背景に加えて、新型コロナウイルスの感染防止に関する店舗の休業、電気通信事業法の改正で端末の値下げが規制されたことなど、悪条件がいくつか重なったことがある。特に、この販売減の直撃を食らったのが、3月末に始まったばかりの各社の5Gサービスだ。なかでもKDDIの橋社長は「(5Gの当初の計画を大幅に下回ったことに、)焦りを感じている」と繰り返し発言し、危機感をあらわにした。

こうした状況もあり、この秋には低価格の5Gスマートフォンの投入を通信キャリア各社が表明している。また、5G対応が噂される次期iPhoneの発売も控えており、プロモーションも強化されるだろう。何らかの、5G端末の販売促進策が実施されることも考えられる。5Gスマートフォンの購入を検討しているなら、この秋の状況には注目しておきたい。

KDDIの橋社長は、出鼻をくじかれた形の5Gに対する危機感を繰り返した。この秋からの新製品で巻き返しを図る

NTTドコモがケータイからの移行ユーザー向け「ずっとはじめてスマホ割」「おしゃべり割」を開始

NTTドコモは、2020年8月5日から、新しい通話料金割引「ずっとはじめてスマホ割」と「おしゃべり割」を開始した。

いずれの割引もケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ移行する人を対象にしたものだ。具体的には、契約変更(FOMA→5G、FOMA→Xi)または、「キッズケータイプラン」、「ケータイプラン」、「カケホーダイプラン(ケータイ)」、「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」、「シンプルプラン(ケータイ)」のいずれかの携帯電話の料金プランから、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」のいずれかにプラン変更した人が対象となる。

「ずっとはじめてスマホ割」では、月額1,000円の割引を永続して受けることができる。「おしゃべり割」は、「ずっとはじめてスマホ割」の手続きと同時に「かけ放題オプション」(月額1,700円)または「5分通話無料オプション」(月額700円)を契約した場合、月額700円の割引を12か月間受けることができるものだ。

「ずっとはじめてスマホ割」と「おしゃべり割」に、既存の「はじめてスマホ割」(月額1,000円の割引を12か月適用)を組み合わせることで、「ギガライト」(月額2,980円〜)+「5分通話無料オプション」なら、1回あたり5分までの無料国内通話付きで、契約当初の12か月は月額980円で利用できる。なお、13か月目以降は月額2,680円となる。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2020年7月23日から8月6日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

NTTドコモ

Android 10へのバージョンアップ
・Galaxy A20 SC-02M(サムスン)
・arrows Be F-04K(富士通)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy Note10+ SC-01M(サムスン)
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M(サムスン)
・Galaxy S10 SC-03L(サムスン)
・Galaxy S10+ SC-04L(サムスン)
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L(サムスン)
・Galaxy Note9 SC-01L(サムスン)
・Xperia 1 II SO-51A(ソニーモバイル)
・LG V60 ThinQ 5G L-51A(LG)
・arrows Be4 F-41A(富士通)
・AQUOS zero2 SH-01M(シャープ)

au

Android 10へのバージョンアップ
・URBANO V04(京セラ)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 SHV45(シャープ)
・Galaxy S20 Ultra 5G SCG03(サムスン)
・Galaxy S20+ 5G SCG02(サムスン)
・Galaxy S20 5G SCG01(サムスン)
・Galaxy S10 SCV41(サムスン)
・Galaxy S10+ SCV42(サムスン)
・Galaxy Note10+ SCV45(サムスン)
・OPPO Find X2 Pro OPG01(オッポ)
・Galaxy Note9 SCV40(サムスン)
・HUAWEI P30 lite Premium HWV33(ファーウェイ)
・Xperia 1 II SOG01(ソニーモバイル)
・BASIO4(京セラ)
・URBANO V04(京セラ)

ソフトバンク・ワイモバイル

Android 10へのバージョンアップ
・AQUOS sense3 plus(シャープ)
・AQUOS sense3 basic(シャープ)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・LG V60 ThinQ 5G(LG)
・ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE)
・AQUOS R3(シャープ)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 lite(シャープ)
・AQUOS R compact SH-M06(シャープ)
・AQUOS sense plus SH-M07(シャープ)
・AQUOS sense2 SH-M08(シャープ)

UQモバイル

Android 10へのバージョンアップ
・AQUOS sense2 SH-M08(シャープ)
・Galaxy A20(サムスン)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3(シャープ)
・OPPO Reno3 A(オッポ)
・BASIO4(京セラ)

SIMフリー

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・R17 Pro(オッポ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る