ニュース
「AQUOS R5G」で撮影した8K動画を編集するために誕生

DynabookがノートPC+GPU Boxの「8K映像編集PCシステム」発表

Dynabookは2020年8月19日、ノートパソコンと外付けのGPU Boxを組み合わせた「8K映像編集PCシステム」を発表した。同日から受注を開始する。シャープの最新スマートフォン「AQUOS R5G」で撮影した8K動画の編集をサポートするのが狙いで、シャープ傘下となったDynabookならではの製品と言える。

大画面ノートパソコンと外付けGPU Boxを組み合わせたDynabookの「8K映像編集PCシステム」

大画面ノートパソコンと外付けGPU Boxを組み合わせたDynabookの「8K映像編集PCシステム」

大画面4Kノートパソコン+GPU Boxで8K動画を編集

同社はシャープ製のIGZO液晶を積極に採用するなど、シャープ傘下となり、新しいdynabookを模索している。今回の「8K映像編集PCシステム」は、シャープ製の最新スマートフォン「AQUOS R5G」で撮影した8K動画の編集をサポートするというのが、グループ内の役割だ。

「8K映像編集PCシステム」の概要。動画編集アプリは別売

「8K映像編集PCシステム」の概要。動画編集アプリは別売

そんな「8K映像編集PCシステム」は、15.6型ディスプレイを搭載する大画面4Kノートパソコン「dynabook Z95」とThunderbolt 3接続のGPU Boxを組み合わせたもの。デスクトップPCではなく、ノートパソコンを採用したのは数多くのノートパソコンを手がけてきたdynabookの強みを生かすためだ。

高いモビリティと性能を両立するために、内蔵GPUではなく外付けのGPU BoxとノートPCを組み合わせることで、1台でノートパソコンとデスクトップPCの両方の使い方を可能としている。ノートパソコン単体でも高い処理性能を実現しており、外出先でもライトな動画編集ができ、GPU Boxのある自宅やオフィスではヘビーな編集ができるという。

法人では、スタジオや客先の打ち合わせや撮影・映像確認、納品物客先確認はノートパソコン単体で、オフィスや自宅では映像編集、動画の書き出し、Web/SNS公開などはGPU Boxに接続して作業する。これにより、映像制作の一連の作業をこなせるという。

高性能な4Kノート「dynabook Z95」

dynabook Z95は15.6型の4K(3840×2160)液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン。フルHDの4倍の高精細さで写真や動画を表示できるのが特徴だ。もちろん、シャープ製のIGZOを採用した、高輝度・高色純度・広視野角・高色域のディスプレイを採用する。

CPUには第10世代のCore i7-10710Uを搭載。6コア12スレッドの高性能なCPUだ。メモリーは「Adobe Premiere Pro」の推奨仕様を満たす32GB(16GB×2)。ストレージは1TB SSDで、4K動画12時間分(約650GB)を保存できるという。

外部インターフェイスにはThunderbolt 3×2、HDMI出力、USB 3.1×2、マイク入力/ヘッドホン出力などを備える。

dynabook Z95

dynabook Z95

外部インターフェイスにThunderbolt 3を備えており、GPU Boxとの接続に利用する

外部インターフェイスにThunderbolt 3を備えており、GPU Boxとの接続に利用する

8K出力もサポートするGPU Box

GPU BoxはNVIDIAのQuadro RTX 4000を搭載。デスクトップ用のグラフィックカードで、8K出力もサポートする。dynabook Z95とはThunderbolt 3ケーブル1本で接続可能。同時に充電もできるので、電源ケーブルは不要だ。

GPU Box。持ち運びやすいように取っ手がついている

GPU Box。持ち運びやすいように取っ手がついている

デスクトップ用のQuadro RTX 4000を搭載

デスクトップ用のQuadro RTX 4000を搭載

Premiere Pro 14.2のアップデートにより、NVIDIAハードウェアエンコーダーを利用したH.264およびH.265(HEVC)エンコーディングに対応する。これにより、CPUのみよりも高速に動画書き出しが可能になるという。

外部インターフェイスは最大85WのPower Delivery(PD)をサポートしたThunderbolt 3ポート、DisplayPort×3、USB Type-C×1を備える。8K映像はHDMI2.0×4で出力するため、変換アダプターを利用しなければならない。

同社によると、シャープの8Kテレビ「AQUOS 8T-C60AW1」での8K出力検証をしているという。

映像出力にはDisplayPort×3、USB Type-C×1を搭載。HDMI2.0に変換するアダプターを使えば、8K出力もできる

映像出力にはDisplayPort×3、USB Type-C×1を搭載。HDMI2.0に変換するアダプターを使えば、8K出力もできる

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る